Reporter で登録レポートをダウンロードする際はバージョンパラメータが必要になります。

2018年8月15日以降、Reporter を使って登録レポートをダウンロードする際は、バージョンパラメータの指定が必要になります。最新バージョンは 1_1 です。このバージョンには、自動更新登録の請求状況やお試し価格の詳細など、登録データの分析が新たに追加されています。

関連するツールやスクリプトを使用している場合は、上記の新しいフィールドに対応できるよう必要な変更を行ってください。バージョン 1_0 は2018年8月15日をもって使用できなくなります。

バージョンパラメータの指定方法について詳しくは、「Reporter ユーザガイド」を参照してください。登録レポートに追加された新しいデータフィールドについては、こちらのニュース記事でも詳しく解説しています。