デベロッパインサイト

Appleデベロッパが、App Storeで成功するためのアプローチや、その過程で学んだことについて説明します。

 サブスクリプションを使う

Elevate、Dropbox、Calm、Bumbleが、サブスクリプションのライフサイクルに亘って価値を提供することで、彼らがどのようにして素晴らしいカスタマーエクスペリエンスを創造しているかについて説明します。

 レビューへの対応

Tinybop、Zynga、Hopscotch、Tone It Up、1 Second Everyday、Pocketが、App Storeでユーザーと直接対話することがいかにユーザーの獲得と維持に役立つかについて説明します。

 App Storeのプロダクトページ

Concepts、Grokker、TypeShift、War Dragons、codeSpark Academyの制作者が、App Storeのプロダクトページのメタデータ要素を使ってユーザーによるAppのダウンロードを促進する方法について説明します。

Super Evil Megacorpコミュニティを管理する

Super Evil Megacorp社が、コミュニティと本物の関係を築くことがVaingloryの成功に不可欠である理由について説明します。

Originator「子ども向け」カテゴリにおけるビジネス展開

Originator社が、EndlessシリーズのAppによって「子ども向け」カテゴリで持続可能なビジネスを構築した方法について説明します。

WRKSHP公開時におけるゲームのマーケティング

インディーズのデベロッパであるWRKSHP社は、最も熱心なユーザーを味方につけることで、限られたマーケティングリソースで数十万人のユーザーを引き付けることができました。

Houzzすばらしいコマースエクスペリエンスを生み出す

Houzz社のユニークな収益化アプローチでは、テクノロジーによって住宅のオーナーとプロフェッショナルにとってベストな体験を生み出すことを重視しています。

3 Minute Games 有料のビジネスモデルを使用する

3 Minute Games社が、Lifelineのゲームシリーズで有料のビジネスモデルを採用したことが効果的だった理由について説明します。

Seriouslyソーシャルメディアを通してブランドを構築する

Seriously社は、自社のゲームブランド「Best Fiends」を立ち上げ、ソーシャルメディアマーケティングでクリエイティブなアプローチを取っています。

GrailrCARROT WeatherApple Watchに

Apple Watch用のCARROT Weatherを開発するにあたり、Grailr社はAppとビジネスモデルの両方を一から設計し、進化させました。

Evernote日本向けにEvernoteをローカライズする

Evernote社では、日本向けにAppをローカライズする際、日本人の好みや文化を知るために、日本のユーザーに対して調査を行いました。

Smule Appのアップデートとリリース

Smule社は、Appの定期的なアップデートや機能のイノベーションを通して、熱心なユーザーのコミュニティを拡大してきました。