開発者向けの iOS 8

iOS 8 には 4,000 以上の新しい API が搭載されているため、アプリケーションにすばらしい新機能を追加することができます。iOS とのより緊密な統合により、アプリケーションのコンテンツや機能の連携範囲を拡張できます。さらにゲーム開発向けの優れた新テクノロジーにより、これまでよりもさらに驚くほどレスポンスの高い、夢中になれるゲームを開発することができます。

ダウンロードとインストール

iOS 8 SDK および Xcode 6

iOS 8 SDK および Xcode 6.0.1. をダウンロードしてアプリケーションを構築し、iOS 8 に対応する準備をしましょう。Xcode 6 および iOS 8 では Swift が完成し、Swift を使用したiOS アプリケーションを App Store に提出できるようになりました。

新機能の追加

iOS 8 には膨大な数の API およびサービスが導入されているため、新しいタイプのアプリケーションや機能を作成できます。利用可能になったすばらしい新機能の一部を、以下に紹介します。

App Extensions

App Extensions

iOS 8 では、App Extensionsにより、アプリケーションの機能およびコンテンツをシステム全体に拡張できます。App Extensionsは、ユーザタスクに応じてカスタム機能を利用可能にするためのコードです。App Extensionsを使用して、ユーザが必要とするところまでアプリケーションの力を広げましょう。
さらに詳しく

Touch ID

Touch ID

アプリケーションで Touch ID を使用すると、ユーザがアプリケーションの一部またはすべてのコンテンツにアクセスするための認証を実行できます。指紋データは安全に保護されるため、iOS またはその他のアプリケーションがこれにアクセスすることはありません。また、米国にて近日公開される Apple Pay と合わせて使用することで、物理的な商品やサービスをタッチ 1 つで簡単かつ安全に購入することができます。

Apple Pay (米国にて近日公開)

ユーザは Touch ID または passcode を使用して、食料品、衣服、チケット、予約などの物理的な商品やサービスをアプリケーション内で簡単かつ安全に購入することができます。アプリケーションはタッチ 1 つで支払い情報、請求先および配送先住所、連絡先情報を確認し、取引を処理します。
Apple Pay について詳しく

PhotoKit

PhotoKit

PhotoKit では、「写真」アプリケーションで管理されている写真およびビデオアセットと連動する新しい API を利用できます。アプリケーションに事前に写真をインポートすることなく、カメラロール内の写真をアプリケーションから直接編集できます。PhotoKit は、サムネイルとフルサイズのアセットのフェッチやキャッシュ、アセットの変更リクエスト、その他のアプリケーションによって適用された変更内容の監視、再開可能なアセットコンテンツ編集に対応した、スレッドセーフなアーキテクチャを主な特徴としています。

カメラ

手動カメラコントロール

AV Foundation のフレームワークにより、すばらしい写真撮影がこれまで以上に簡単になりました。アプリケーションでカメラのフォーカス、ホワイトバランス、露出の設定を直接コントロールできるだけでなく、アプリケーションで露出ブラケット撮影機能を利用することによって異なる露出設定で自動的に複数の写真を撮影することなども可能です。

HealthKit

HealthKit

HealthKit を利用すると、健康およびフィットネス関連のサービスを提供するアプリケーションが、共通の健康情報を共有してアクセスできるようになります。ユーザの健康情報は安全な場所に一元的に保存され、どの情報をアプリケーションで共有するかはユーザ自身が決定します。

アプリケーションでは、共有されているすべての健康情報にアクセスし、ユーザに関する情報を通知するように指定できます。健康情報を追跡する特定デバイスへの対応機能を実装する必要はありません。情報は、iOS デバイスに接続したデバイスから取得するか、ユーザが手動で入力します。
詳細はこちら

HomeKit

HomeKit

ユーザが接続した自宅内のデバイスと通信および操作するための新しいフレームワークです。ユーザはアプリケーションを使用して自宅内のデバイスを検出して設定でき、デベロッパはデバイスを操作するためのアクションを作成できます。またユーザは、アクションをグループ化し、Siri を使用して実行することもできます。
詳細はこちら

CloudKit

CloudKit

新しい CloudKit フレームワークでは、iCloud の機能を最大限に活かしたアプリケーションを開発できます。データベース内の構造化データまたはアセットなどのアプリケーションのデータを簡単かつ安全に保存し、iCloud からデータを直接効率的に取得できるようになりました。CloudKit を利用すると、ユーザは個人情報を共有することなく、iCloud の Apple ID を使用してアプリケーションに匿名でサインインすることもできます。

CloudKit では、iCloud を利用することによってサーバ側のアプリケーションロジックを記述する必要がなくなるため、デベロッパはクライアント側のアプリケーション開発に専念できます。CloudKit では、認証、プライベートとパブリックのデータベース、構造化とアセットストレージのサービスをすべて無料で利用でき、容量の上限も非常に高く設定されています。
詳細はこちら

Handoff

Handoff

Foundation でシンプルな API を使用することでアプリケーションを Handoff に登録することができ、これによってユーザは、1 つのデバイスで開始したアクティビティを別のデバイスでシームレスに再開することが可能になります。
さらに詳しく

ゲーム

テクノロジーが進化した iOS 8 では、ゲームへのグラフィック機能やオーディオ機能の追加がこれまで以上に簡単になりました。開発に役立つハイレベルのフレームワークを活用、またはローレベルの新機能を利用して、GPU のパワーを活かすことができます。

SceneKit

SceneKit

SceneKit は、デベロッパがアプリケーションで 3D アニメーションのシーンや効果を作成する際に役立つ、ハイレベルの 3D グラフィックス用フレームワークです。SceneKit には、物理エンジン、パーティクルジェネレータ、3D オブジェクトのアクションを簡単に記述するための機能が用意されています。デベロッパは、ジオメトリ、マテリアル、光源、カメラなどのコンテンツをベースにシーンを作成し、その後にこれらのオブジェクトへの変更を記述して動作させることができます。SceneKit の 3D 物理エンジンでは、重力、力、剛体衝突、関節をシミュレートすることで、躍動感あふれるアプリケーションやゲームを作成できます。また SpriteKit とも完全に統合されているため、3D ゲームで SpriteKit のアセットを利用することも可能です。

SpriteKit

SpriteKit

SpriteKit のフレームワークに、ハイパフォーマンスでバッテリー効率のよい 2D ゲームを簡単に作成できる新機能が追加されました。OpenGL ES のカスタムシェーダおよびカスタムライティングへの対応、SceneKit との統合、進化した新しい物理効果とアニメーションにより、ゲームに対してフォースフィールドの追加、衝突の検知、新しい照明効果の生成を実行できます。Xcode 6 は新しいシェーダとシーンエディタも搭載しているため、ゲーム開発時間を短縮できます。シーンのコンテンツは、どのノードがシーンに出現するか、またそのノードの物理効果などの特性を指定して作成します。その後シーンは 1 つのファイルにシリアル化され、ゲームで簡単にロードできるようになります。

Metal

Metal

A7 および A8 GPU に対するオーバーヘッドが非常に小さいアクセスにより、Metal では洗練されたグラフィックスレンダリングおよび演算タスクを最高のパフォーマンスで実行できます。Metal では、従来のグラフィック API に見られるパフォーマンスのボトルネックの多くが解消されているだけでなく、マルチプロセッシングや共有メモリなど、モダンな構造的条件を活用できるよう特別設計されており、簡単に GPU コマンドを並行して作成できます。また Metal には、効率的な API、グラフィックとシェーディング演算のための統一言語、Xcode ベースのツールも用意されています。
詳細はこちら

iOS 8 アプリケーションのテストと提出

何億人ものユーザが iOS 8 を使用しています。iOS 8 用アプリケーションを今すぐ構築してテストし、提出しましょう。

互換性テスト

iOS 8 は iPhone 4s 以降の iPhone、iPod touch (第 5 世代)、iPad 2 以降の iPad に対応しています。App Store に提出される新しいアプリケーションおよびアプリケーションのアップデートは、iOS 8 に対応していると同時に、Retina ディスプレイモデルの iOS デバイス用に最適化されている必要があります。

ガイドラインの確認と準拠

App Store に提出されるアプリケーションはすべて、技術面、内容、デザインの各基準に基づいて審査されます。審査用にアプリケーションを提出する前に、以下のガイドラインおよびリソースを確認してください。

App Store への提出

Xcode 6 および iOS 8 SDK を使用して iOS 8 アプリケーションをコンパイル、検証し、リリースバージョンのアプリケーションを iTunes Connect に提出します。App Store で配布するアプリケーションの準備、提出、宣伝方法について詳しくは、「App Store での配布」を参照してください。