iPhone X用アプリケーションの作成

iPhone Xには、アプリケーションを従来よりもさらに迫力ある画面で楽しめるオールスクリーンSuper Retinaディスプレイや、ロック解除、認証、支払いを安全に行うことができる新しいFace IDテクノロジーが備わっています。さらに、ARKitと連係できるTrueDepthカメラや、Core MLMetal 2向けのA11 Bionicチップが搭載されています。

Super Retinaディスプレイ

iPhone Xでは、デバイスそのものがディスプレイです。まったく新しい5.8インチのSuper Retinaディスプレイが、丸みを帯びたコーナーなどの曲線にフィットする新しいテクノロジーにより、アプリケーションを美しく表示します。また、コントラスト比が1,000,000:1のハイダイナミックレンジ(HDR)、高色域、業界最高水準の色精度をサポートしていることで、驚くような色彩を実現します。

Face ID

Face IDは、はロックの解除、認証、支払いを安全に行うことができる新しいテクノロジーです。ユーザーが一目見るだけで、アプリケーションに簡単にアクセスすることができます。Face IDは簡単に設定でき、TrueDepthカメラが30,000以上の目に見えないドットを投射し解析することで生成された顔のマップは、デバイスのSecure Enclaveによって暗号化され、セキュリティが保護されます。

ARKit

iPhone XとARKitによって、拡張現実アプリケーションは革新的かつ堅牢なフェイストラッキングを実現できます。TrueDepthカメラを使うと、アプリケーションでユーザーの顔の位置、トポロジー、表情を非常に正確かつリアルタイムに検出することができます。これによって、リアルタイムで自撮りにエフェクトを加えたり、ユーザーの表情に基づいて3Dキャラクターを動かしたりすることが簡単に実現できるようになります。
ARKitについてさらに詳しく

Metal 2とCore ML

Metal 2A11 Bionicチップがシームレスに統合されたことで、アプリケーションやゲームでこれまでにないレベルのパフォーマンスや機能が実現します。画像ブロック、タイルシェーディング、スレッドグループ共有など、APIのパワフルで新しい機能をご活用ください。また、Appleが設計したA11 GPUのアーキテクチャによって、レンダリング、コンピューティング、機械学習の技術でさらに可能性が広がります。
Metal 2についてさらに詳しく