Appを次のレベルへ。

iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XRの3機種すべてに、A12 Bionicと次世代のNeural Engineが組み合わされたオールスクリーンディスプレイが搭載されています。A12 Bionicはスマートフォン史上最も高性能かつパワフルなチップで、Core ML、ARKit、Metalなどにおけるパフォーマンスを念頭にデザインされています。また、安全かつプライベートな方法でロック解除、認証、支払いができるFace IDの動作が、これまで以上に高速になりました。

オールスクリーンディスプレイ

iPhone XSiPhone XS Maxに搭載されているSuper Retinaディスプレイは、コントラスト比が1,000,000:1のハイダイナミックレンジ(HDR)、高色域、業界最高水準の色精度をサポートしています。iPhone XRは、業界トップの色精度を誇り、スマートフォンで最も先進的なLCDである、Liquid Retinaディスプレイを搭載しています。オールスクリーンのディスプレイは、曲線のデザインに精密に沿い、丸みを帯びた優雅なコーナーまで鮮明なのでAppを美しく表示することができます。また、幅広いステレオ再生で臨場感あふれるサウンドをAppと組み合わせることができるようになりました。

UIを最適化する。

AppをすでにiPhone X向けにアップデートしている場合は、iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XRで美しく表示されるよう、iOS 12 SDKでビルドして Xcode 10内蔵のシミュレータでテストするだけです。次の手順で、新しいiPhone向けAppをアップデートすることができます。


シミュレータで実行してテストする。セーフエリアを考慮し、アダプティブレイアウトに対応させるなどしてAppでオールスクリーンディスプレイを最大限に活かせるようにしてください。アップデートされたHuman Interface Guidelinesを参照し、最新のXcode 10をダウンロードして、Appをシミュレータでテストしましょう。

ネイティブの解像度でフルスクリーン表示ができるようにする。プロジェクトのベースSDKがiOS 11以降に設定されており、Launch Storyboardを使用している、またはiPhone X用の起動画像を設定している場合、AppはiPhone XiPhone XSiPhone XS MaxiPhone XR上で全画面表示モードで実行されます。

Appを総合的に検証する。UIが正しく表示され、各要素に配置の不具合や、重なり、拡大縮小の誤り、表示の欠けなどがないことを確認しましょう。とりわけiPhoneが横向きの際に、こうした問題が生じないかを確認してください。問題が見つかった場合は、セーフエリアガイドとレイアウトマージンを使ってUI要素の配置を修正してください。

シミュレータで部分的にしかAppを確認できない場合(たとえば、大部分ではUIKitが使われるものの、カメラがインテグレートされている場合など)は、シミュレータが対応していないビューをコメントアウトするなどして、できる限り多くのUIをテストするようにしましょう。

iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XR向けAppをビルドする(英語)

Xcode 10

iOS 12用の最新のSDKとiPhone Xシミュレータが含まれている、最新版のXcode 10をダウンロードしましょう。

A12 Bionic

今年のチップはより高速、より効率的で、次世代のNeural Engineを搭載しています。テッセレーションやマルチレイヤーレンダリングなど、アーキテクチャに関わる機能とともに、AppleがデザインしたGPUに4番目のコアが加わりました。GPUの追加コア、アーキテクチャの強化、メモリ圧縮を組み合わせることで、GPUのパフォーマンスが最大で50%高速化されています。また8コアのNeural Engineは、非常に効率的でパワフルな機械学習向けのものであり、まったく新しいユーザー体験を実現できます。

機械学習

新しいA12 Bionicでは、Core ML 2Metal 2のシームレスな統合を体験できます。機械学習がデバイス上で驚異的な速さで実行されるようになったことで、ユーザーデータのプライバシーを保ちながら従来よりもインテリジェントで高性能なAppを実現できるようになりました。スマートコンピューティングセレクションによって、A12 Bionicに搭載された次世代Neural Engineの処理能力が、Appの動作に自動的に活かされます。画像ブロック、タイルシェーディング、スレッドグループシェアリングといったAPIの新しい機能を、バッチ予測、量子化処理、画像サイズの柔軟な変更機能などの最適化と共に活用してください。

Core ML 2についてさらに詳しく

拡張現実

次世代のNeural Engineによって、ARKitはこれまでよりも過酷な環境下で、これまでよりもすばやく平面を検出できるようになりました。トラッキングはさらに頑強になり、エネルギー効率も向上しています。ARKit 2では、マルチプレイヤー対応Appにおける体験の共有や、現実世界のオブジェクトからAR体験を創り出すための3Dオブジェクトの検出機能といった、パワフルな新機能も利用することができます。TrueDepthカメラを使用すると、Appでユーザーの顔の位置、トポロジー、表情を精密かつリアルタイムに検出できます。その結果、リアルタイムで自撮りにエフェクトを加えたり、ユーザーの表情に基づいて3Dキャラクターを動かしたりすることが簡単にできるようになっています。

ARKit 2についてさらに詳しく

AppをApp Storeに提出する。

まもなく世界中の何億人ものユーザーがiOS 12、iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XRを手にします。Appとそのプロダクトページをアップデートして、今すぐ提出しましょう。

さらに詳しく