サポートセンター

証明書

署名証明書をリクエストするには、メンバーである必要がありますか?

はい。Apple 発行の署名証明書をリクエストし、ダウンロードして使用するには、Apple Developer Program のメンバーである必要があります。アプリケーションを App Store または Mac App Store に提出するために使用する配布用証明書をリクエストするには、開発チームのチームエージェントまたは管理者であることも必要です。署名証明書の使用方法の詳細は、『App Distribution Guide』をご覧ください。

証明書をリクエストしてインストールするには、どうすればよいですか?

ほとんどの場合、iOS および OS X のためのデジタル証明書をリクエストしてインストールする方法としては Xcode が推奨されます。ただし、Apple Push Notification Service、Passbook、モバイルデバイス管理 (MDM)、Safari Extensions のための証明書をリクエストするには、Member Center でデベロッパアカウントを使用してリクエストし、ダウンロードする必要があります。

証明書が期限切れまたは無効になった場合は、どうなりますか?

  • Apple Push Notification Service 証明書

    開発したアプリケーションにプッシュ通知を送信できなくなります。
  • Pass Type ID 証明書 (Passbook)

    証明書の期限が切れた後も、ユーザのデバイスにすでにインストールされているパスは引き続き正常に機能します。ただし、デベロッパが新しいパスに署名することや、既存のパスに更新情報を送信することはできなくなります。証明書が無効化された場合は、パスは正常には機能しなくなります。
  • iOS 配布用証明書 (App Store)

    iOS Developer Program のメンバーシップが有効な場合は、App Store で公開されている既存のアプリケーションに影響が及ぶことはありません。ただし、新しいアプリケーションやアップデート版を App Store に提出することはできなくなります。
  • iOS 配布用証明書 (社内用アプリケーション)

    この証明書を使用して署名されたアプリケーションを、ユーザが実行できなくなります。新しいバージョンのアプリケーションは、新しい証明書で署名して配布する必要があります。
  • Mac App 配布用証明書と Mac インストーラ配布用証明書 (Mac App Store)

    Mac Developer Program のメンバーシップが有効な場合は、Mac App Store で公開されている既存のアプリケーションに影響が及ぶことはありません。ただし、新しいアプリケーションやアップデート版を Mac App Store に提出することはできなくなります。
  • Developer ID アプリケーション証明書と Developer ID インストーラ証明書 (Mac アプリケーション)

    証明書の期限が切れた後も、その証明書で署名されたバージョンの Mac アプリケーションを、ユーザがダウンロード、インストール、実行することはできます。ただし、アップデート版や新しいアプリケーションに署名するには、新しい証明書が必要です。証明書が無効化された場合は、この証明書を使用して署名されたアプリケーションをユーザがインストールできなくなります。

注意:Apple は、独自の判断でデジタル証明書を任意に無効化できるものとします。詳細については、Member Center に掲載されている Apple Developer Program のライセンス契約をご覧ください。

「Xcode could not find a valid private-key/certificate pair for this profile in your keychain (このプロファイルに対応する有効な秘密鍵と証明書のペアがキーチェーン内で見つかりませんでした)」というエラーメッセージが表示されます。どうすればよいですか?

このエラーメッセージは、アプリケーションの署名に使用している証明書の公開鍵または秘密鍵が、お使いの Mac のキーチェーン内で見つからないことを示しています。

多くの場合これは、コード署名証明書を要求するために使用したものとは異なる Mac を使用して、アプリケーションに署名してビルドしようとしていることが原因です。また、証明書の有効期限が切れた場合や無効化された場合も発生することがあります。このような場合は、アプリケーションのプロビジョニングプロファイルに有効なコード署名証明書が含まれていることを確認すると同時に、お使いの Mac のキーチェーンに、その証明書、その証明書の生成に使用された秘密鍵、WWDR 中間証明書が含まれていることを確認してください。

このエラーを解決する手順については、コード署名に関するサポートのページをご覧ください。

自分の Developer ID で署名したアプリケーションは、Mac Developer Program メンバーシップが失効するとどうなりますか?

メンバーシップが失効した場合も、Developer ID で署名されたアプリケーションをユーザがダウンロード、インストール、実行することはできます。ただし、Developer ID 証明書が失効した後で、更新プログラムや新しいアプリケーションに署名するための新しい Developer ID 証明書を取得するには、Mac Developer Program メンバーであることが必要です。

Pass Type ID 証明書が不正操作された場合は、どうすればよいですか?

Pass Type ID 証明書と秘密鍵の不正操作が疑われるため証明書の無効化をリクエストする場合は、メールで product-security@apple.com 宛てに証明書の詳細情報をお知らせください。この場合でも、Member Center で、ご自身のアカウントから追加の Pass Type ID 証明書をリクエストすることにより、パスの開発と配布を継続することができます。

自分の Developer ID 証明書が不正操作された場合はどうすればよいですか?

自分の Developer ID 証明書と秘密鍵の不正操作が疑われるため証明書の失効をリクエストする場合は、メールで product-security@apple.com 宛てに証明書の詳細情報をお知らせください。この場合でも、Member Center で、ご自身のアカウントから追加の Developer ID 証明書をリクエストすることにより、アプリケーションの開発と配布を継続することができます。

サポートが必要な場合は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ