デベロッパに便利なツール群

Xcode デベロッパツールセットには、Mac、iPhone、iPad、iPod touch を対象としたアプリケーションの作成に必要な機能がすべて用意されています。Cocoa や Cocoa Touch フレームワークと緊密に統合されているため、生産性が高く使いやすい開発環境が実現しています。これは Apple が OS X や iOS の開発に使っている環境と同じものです。

Xcode IDE インターフェイス

Xcode IDE

Xcode は Apple の最新テクノロジーを活用できるようにゼロから設計されており、必要なツールはすべて組み込まれています。統一されたインターフェイスにより、ソースコードの構築からデバッグ作業、インターフェイスデザインまで、すべて同じウインドウ内で円滑に進めていくことができます。

Xcode では、常に作業に集中できる環境が維持されます。コードミスはタイプした時点で Live Issue として指摘され、コードの脇に吹き出しメッセージで詳細が表示されます。「Run (実行)」ボタンを押せば、制作した Mac アプリケーションの起動、デバイスへのインストール、デバッグの即時開始も可能です。マウスポインタを変数に重ねるだけで実行時の値が表示されるため、エディタで今どこを見ていたか忘れることもありません。

iCloud や Game Center などの機能を有効にすると、Xcode が自動的にプロビジョニングプロファイルを生成します。アプリケーションが完成した後は、Xcode 上でセキュリティ署名を済ませ、そのまま App Store へ提出することもできます。Xcode の新機能についてさらに詳しく

Apple LLVM コンパイラ

Apple の次世代のコンパイラテクノロジーである Apple LLVM コンパイラの機能は、コードのコンパイルだけにとどまりません。Apple LLVM テクノロジーは、開発環境全体に組み込まれています。C/C++ や Objective-C コードのビルドに使うものと同じパーサーで動く Xcode のインデックス化エンジンでは、コード補完だけでなくドキュメント補完機能さえ実現しています。作業中、Apple LLVM は常に入力内容を診断しているため、コードミスを検出すると Live Issues がその場で指摘し、Fix-it が修正案を提示します。ミスの検出機能は他のコンパイラにもありますが、その修正までできるのは Apple LLVM だけです。

Instruments UI

Instruments でパフォーマンスや動作を分析

世界中で利用されている OS X や iOS は優れたユーザーエクスペリエンスを提供しています。それは美しいグラフィックや直感的なデザインだけではありません。体感的に動作が高速で、反応が機敏、滑らかなアニメーションで感動を与えてこそ優れたアプリケーションといえます。優れたアプリケーション開発のために、Xcode ツールキットには Instruments という非常に個性的なアプリケーションが用意されています。これは OS X および iOS アプリケーションにおけるパフォーマンスのボトルネックを突きとめるために役立ちます。

Instruments は、Mac 上または接続された iPhone から、ディスク、メモリ、電力、CPU などの使用率をリアルタイムで収集します。収集したデータは、時系列でトラックごとにグラフ表示されるため、問題の範囲を絞り込みながら原因となっているコード部分を特定できます。Instruments を活用することにより、美しいインターフェイスにふさわしい優れた応答性を実現することができます。

テストと継続的な統合Continuous Integration

経験を積んだデベロッパなら、包括的なテストが品質に直結することを知っています。Xcode の Test Navigator を使うと、テストの追加や編集、逐次実行や一括実行が簡単にできます。XCTest フレームワークでは、Mac、iPhone、iPad、iOS Simulator 上で実行するテストを、Xcode またはコマンドラインから記述することが可能です。

テストハーネスを作成した後、Xcode では、継続的な統合 "Continuous Integration"を行う「Bot」を、OS X Server を実行するネットワーク内の任意の Mac 上に構成することができます。この Xcode Bot はリモート Mac 上で統合 (アプリのビルド、分析、テスト、アーカイブ) を行い、そのタイミングは、開発チームの誰かがソースコントロールにコミットした時、またはあらかじめ定義したインターバルに指定できます。

iOS Simulator

iOS Simulator では、実際の iOS デバイスとほぼ同じ方法でアプリケーションを動作させることができます。起動やデバッグが迅速なため、iOS Simulator はユーザーインターフェイスが意図した通りに動作するか、ネットワーク呼び出しが正しいか、端末の向きを変えたときインターフェイスが正しく回転するか、などを確認する際に最適なテスト環境となっています。また、マウスを使用してタッチジェスチャをシミュレートすることもできます。iOS Simulator は開発時間の短縮に大いに役立ちます。