Xcode

Xcodeは、Mac、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV向けアプリケーション開発用のデベロッパツールセットです。Xcodeには、ユーザーインターフェイスのデザイン、コーディング、テスト、デバッグ、App Storeへの提出など、全てのワークフローが統合されています。

XcodeとSDKのダウンロードと更新

現行バージョンのXcodeは、Mac App Storeから無料でダウンロードできます。アップデートが利用可能になると、Mac App Storeから通知が届きます。または、アップデートが利用可能になったときに自動的にアップデートするよう、macOSで設定することもできます。

最新のベータ版Xcodeはダウンロードページからダウンロードできます。以前のバージョンのXcodeもこちらでダウンロードできます。ベータ版または以前のバージョンのXcodeをダウンロードするには、Apple IDでサインインしてください。プログラムのメンバーである必要はありません。

フィードバックの提供とバグの報告

フィードバックは、Xcodeの改善に非常に役立ちます。Apple Bug Reporterでは、問題を報告したり、APIやツールの改善リクエストを提出したりすることができます。問題に関する詳細情報(システムやデベロッパツールのバージョン情報、関連するクラッシュログやコンソールメッセージ)を含めてください。フィードバックや質問は、Apple Developer Forumsに投稿してください。

Xcodeを使用してApp Storeにアプリケーションを提出する

Apple Developer Programのメンバーは、アプリケーションの準備からApp Storeへの提出まで、Xcodeに用意されている統合されたワークフローを活用することができます。アプリケーションを提出する際は、Mac App Store上で入手可能なXcodeの最新バージョンを使用してください。または、ダウンロードページで入手できる最新のGM seedを使用してください(可能な場合)。詳細については、『アプリケーションの配布に関するガイド』をご覧ください。

ベータ版ソフトウェアでビルドされたアプリケーションは提出しないでください。ベータ版のXcode、オペレーティングシステム、SDKは、開発およびテストに用途が限定されています。

無効な秘密鍵と証明書のペアリング

「Xcode could not find a valid private-key/certificate pair for this profile in your keychain(このプロファイルに対応する有効な秘密鍵と証明書のペアがキーチェーン内で見つかりませんでした)」というエラーメッセージが表示された場合、このエラーメッセージは、アプリケーションの署名に使用している証明書の公開鍵または秘密鍵が、お使いのMacのKeychain Accessアプリケーション内で見つからないことを意味します。

多くの場合、コード署名証明書を要求するために使用したものとは異なるMac上で、アプリケーションに署名してビルドしようとしていることが原因でエラーが生じます。また、証明書の有効期限が切れた場合や無効にされた場合も発生します。このような場合は、アプリケーションのプロビジョニングプロファイルに有効なコード署名証明書が含まれていることを確認すると同時に、お使いのMacのKeychain Accessアプリケーションに、その証明書自体、その証明書の生成に使用された秘密鍵、WWDR中間証明書が含まれていることを確認してください。

こうしたコード署名エラーを解決する方法については、コード署名に関するサポートのページをご確認ください。

その他の情報

Apple Developerウェブサイトには、XcodeとAppleのテクノロジーを用いた開発に役立つ、ドキュメント、ビデオ、コミュニティベースの豊富な情報が用意されています。

Appleのセキュリティアップデート

Xcodeのアップデートに関するセキュリティ情報については、Appleセキュリティアップデートのページをご覧ください。