macOSでのアクセシビリティ

macOSには、画面やカーソルの拡大表示、フル機能を備えた画面読み上げ機能、点滅通知、クローズドキャプションサポートなど、幅広い機能や支援技術が搭載されています。特別な支援を必要とするユーザーがあなたのAppを利用できるよう、こうした機能をご活用ください。

誰もが利用できるApp

支援アプリケーションのサポートは、標準のコントロールやサブクラスに組み込まれています。アクセシビリティAPIは、macOS Appがどのようにユーザーインターフェイスを外部の支援アプリケーションやサービスで利用できるようにするかを定義します。

VoiceOverなどのmacOSに内蔵された機能や他社製品にAppを対応させるため、アクセシビリティAPIをすべてのAppに実装することを強くお勧めします。Xcode IDEやCocoaフレームワークでは、説明などのアクセシビリティタグを簡単に追加することができます。たとえば、インスペクタパネルでは、ユーザーインターフェイスのすべてのコントロールに対し説明を入力することができます。VoiceOverが有効にされていると、入力した説明が合成音声で読み上げられます。

仕組み

macOSで動作する支援アプリケーションは、App内のアクセシビリティオブジェクトを通じて、障がいのあるユーザーがまったく新しい方法でインターフェイスを使用することを可能にします。たとえば、VoiceOverのユーザーの場合、主にキーボードやトラックパッドを使ってMacを操作し、操作の結果を合成音声やブライユ点字で受け取ります。弱視のユーザーは、macOSに内蔵されたズーム機能、グレイスケール、黒地に白の表示モードなどのオプションを使って、個々のニーズに合わせて画面上の表示を設定することができます。聴覚に障がいのあるユーザーは、音声アラートの代わりに、画面が自動的に点滅するよう設定することができます。さらに、身体機能に障がいのあるユーザーであれば、AppleScriptやAutomatorによるワークフローを利用して、複雑なタスクでも簡単に実行することができます。また、キーボードやマウスの環境設定を調節して、より簡単に操作できるようにすることもできます。ユーザーがmacOSのこうした支援機能を利用する場合でも、Appが意図した通りに動作するようにしておくことが重要です。

アクセシビリティAPIにより、VoiceOver、スイッチコントロール、ズーム機能、クローズドキャプション、オーディオ解説などのテクノロジーに対応できるようになります。macOSは特別な支援を必要とする方も含め、すべてのお客様に最高のユーザー体験を届ける特別な機会を提供します。