App Clip

App ClipはAppの一部をコンパクトにしたもので、必要なときに簡単に見つけることができ、完全版のAppをインストールしていなくても、ユーザーはAppのタスクをすばやく実行できます。レストランのテイクアウト注文、自転車のレンタル、スマート家電の初期設定など、ユーザーはApp Clipを起動して、すばやくタスクを実行し、完了することができます。タスクの完了後に、完全版のAppをApp Storeからダウンロードするようユーザーに促すことも可能です。

Appの一部機能をすばやく提供

App ClipはAppの機能の一部をコンパクトに提供するもので、完全版のAppと同じXcodeプロジェクト内でiOS SDKを使用して作成します。App Clipは軽量のため、デバイスにすでにダウンロード済みでない場合でもすばやく起動できます。審査に提出する準備ができたApp Clipは、App Store Connectで、完全版のAppの一部として管理することになります。

完全版のAppのダウンロード

App Clipを提供すれば、Appの価値を手軽に知ってもらうことができます。ユーザーが完全版のAppを簡単にダウロードできるよう、App Clip内で適切なタイミングでダウンロードのオプションを表示することをおすすめします。ユーザーが入力した情報を保存しておき、完全版のAppにその情報をシームレスに移行することも可能です。

効率的なユーザー体験

App Clipは1つのタスクをすばやく実行することに特化しています。そのため、ユーザーが数秒間のうちにタスクを開始して完了できることが理想的です。以下の方法を使用すると、ユーザー体験をさらに効率化できます。

Apple Payに対応

クレジットカード情報の入力を求める代わりに、Apple Payでの決済を受け付けることができます。

「Appleでサインイン」に対応

ユーザーに合わせた体験を提供しやすくするため、App Clipでは「Appleでサインイン」を使用することができます。これにより、ユーザーはフォームへの入力やアカウントの新規作成を行わずに、Appのサービスにサインインできます。

必要なときにすぐに見つかる

App Clipの体験では、ユーザーがどのように見つけ、起動できるかが重要になります。

App Clipコード

ユーザーにApp Clipを見つけてもらう最良の方法は、App Clipコードを使用することです。App Clipコードは視覚的に美しく、特徴的であるため、App Clipが利用できることが一目でわかります。それぞれのApp ClipコードにはNFCタグを組み込むことができるため、タップしたり、コントロールセンターのカメラAppやコードスキャナーでスキャンすることができます。

App Clipコードについてさらに詳しく

NFCタグ

特定の場所にNFCタグを配置し、ユーザーがそれにiPhoneをかざしてタップすると、ロック画面からでもApp Clipを起動できます。

QRコード

特定の場所にQRコードを配置し、ユーザーがコントロールセンターのカメラAppやコードスキャナーでコードをスキャンすると、App Clipを起動できます。

メッセージAppでリンクを送信

ユーザーがApp Clipを共有できるようデベロッパ側で設定すれば、リンクを受け取った人はメッセージAppから直接App Clipを起動できます。

Safari

WebサイトにSmart App Bannerを追加すれば、閲覧ユーザーはそれをタップするだけでApp Clipを起動できます。iOS 15iPadOS 15以降では、WebページにApp Clipカードをフルに表示させることもできます。SafariViewControllerを使用してWebコンテンツをレンダリングしているAppでは、AppのUIの一部としてカードを表示させることができ、App内から直接App Clipを起動できます。

最近使用したApp Clip

App Clipはホーム画面に表示されませんが、最近使用したApp ClipAppライブラリの「最近追加した項目」カテゴリに表示され、そこから起動できます。

マップにカードを配置

App Clipが特定の場所に関連付けられる場合、マップ上の情報カードに表示されるようApp Clipを登録すると、ユーザーはマップからApp Clipを起動できます。必要に応じて、Siriからの提案として表示させたり、Spotlight検索に表示させたりすることもできます。

通知

App Clipでは、起動後最長8時間まで、Appの機能に関する重要な情報を知らせる通知を送信できます。8時間が経過した後もApp Clipで通知を送信する必要がある場合は、App Clipがデバイス上に存在している間は通知を送信できるようにするための許可をリクエストできます。

位置情報の確認

App Clip専用の位置情報確認用APIを使用すると、スキャンしたApp Clipコード、NFCタグ、QRコードが所定の場所で使用されているかどうかをワンタイムで確認することができるため、別の場所に関連付けられたコードを使用している誤った支払いや購入を防ぐことができます。

ローカルテスト

デバイス上でローカルの起動環境を構成し、App Clipコード、QRコード、NFCタグ、Safari Smart App Banner、またはメッセージAppのリンクを使ってエンドツーエンドテストを実施できます。これにより、App ClipをWebサイトに関連付けたり、TestFlightにビルドをアップロードしたりすることなく、テストを実施できます。

複数のApp Clip体験

複数のApp Clip体験を作成して、Appの異なるタスクを実行できるようにすることができます。各体験にはApp Clipカード、呼び出しURL、呼び出しメソッドのメタデータが含まれます。

完全版のAppとの整合性

ユーザーのデバイスに完全版のAppがインストールされている場合、App ClipコードおよびApp Clipへのリンクを使用すると、App Clipではなく完全版のAppが開きます。その際、Appがリンクを適切に処理し、App Clipと同じ機能性を提供できるようにしてください。

ツールとリソース

App ClipおよびApp Clipコードの実装に必要なツール、ドキュメント、リソース確認しましょう。

リソースを見る