ClassKit

App Storeでは、多くの優れた学習用Appを入手することができます。こうしたAppは、学校での指導や学習体験に欠かせません。ClassKitを導入すれば、あなたのAppをスクールワークと連携させることができます。スクールワークは、宿題や生徒の進捗を管理できる、教師および生徒向けのパワフルなiPad Appです。Appをスクールワークと連携させることにより、教師が割り当て可能なアクティビティをそのApp内で見つけたり、タップ1回で生徒を適切なアクティビティに直接導いたり、生徒の進捗データを教師間で安全に共有し、生徒ごとに教え方を調整したりできるようになります。

ClassKitをAppに統合する

ClassKitは、Apple School Managerおよび管理対象Apple IDを利用している教育機関が使用できる機能をiPad向けに開発した教育用Appで使えるようにします。教師がスクールワーク上でアクティビティを割り当てると、あなたのAppがそのアクティビティにおける生徒の進捗についてレポートを作成できます。

割り当て可能なコンテンツを定義して表示する

教師がスクールワーク上でコンテンツを見つけ、割り当てを行えるよう、Appのコンテンツ構造にラベルを付ける必要があります。コンテンツは、異なる難易度の数学の課題やクイズ、コーディングの概念や練習問題、または本の章などといった構成が考えられます。生徒は、割り当てられたアクティビティをスクールワーク上でタップするだけで、あなたのAppの対応するコンテンツに直接移動することができます。

生徒の進捗を報告する

生徒が割り当てられたアクティビティを行うと、Appはその進捗を記録してClassKitに報告する必要があります。これにより、教師と生徒が進捗状況をスクールワーク上で確認できるようになります。Appで報告できる進捗情報には、所要時間、開始/終了時間、完了した割合、獲得ポイント、クイズのスコア、バイナリ値(はい/いいえ、真/偽、完了/未完了など)などがあります。

こうした有益な情報がすべてのAppから得られるおかげで、教師は生徒のニーズに合わせて指導内容を調整でき、生徒は学習過程を自分のものにできます。

生徒のプライバシー

ClassKitとスクールワークは、生徒のプライバシーを念頭に置いて設計されています。スクールワークが生徒の進捗状況を受信および表示するのは、教師が明示的に割り当てたアクティビティについてのみであり、かつ生徒が自分のデバイス上で学校により作成された管理対象Apple IDを使用している場合に限られます。あなたのAppがすでに生徒のアカウントを使って特定の機能を有効にしている場合でも、ClassKitはそのアカウントを生徒が使用している管理対象Apple IDと関連付けることはありません。

ClassKitを使用するAppのプライバシー要件

ClassKitフレームワークは、学校が管理する環境内で割り当てられたアクティビティにおける生徒の進捗状況を、安全かつ非公開に教師間で共有するために使用するものであり、その用途は教育目的にのみ限定する必要があります。ClassKitを使用するAppは、Apple Developer Program使用許諾契約App Store Reviewガイドライン、およびその他の適用されるすべての法律に従って個人情報を扱う必要があります。以下は、デベロッパが特に注意を払うべき点です。

プライバシーポリシーを作成し、プロダクトページに含める

ClassKitを使用するAppには、プライバシーポリシーを含める必要があります。App Store ConnectにURLを入力し、プライバシーポリシーへのリンクをプロダクトページに掲載してください。学校は、あなたのAppが地域のプライバシー要件に準拠していることを確かめるため、プライバシーポリシーを確認できるようにしておく必要があります。

Appに行動ターゲティング広告を組み込まない

ClassKitを使用するAppには、行動ターゲティング広告(ユーザーのアクティビティに基づいて表示される広告など)を組み込んではならず、すべてのコンテンツ連動型広告は子どもに適したものである必要があります。一部の国では、行動ターゲティング広告に限らず、特定の年齢未満の子どもを広告の対象とすることが禁止されています。

詳しくは、App Store Reviewガイドラインの「プライバシー」および「子ども向けカテゴリ」のセクションをご確認ください。

子ども向けAppでの個人情報の収集を制限するすべての法律に準拠する

ClassKitを使用するAppは、児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)、家族教育権とプライバシー法(FERPA)、および類似する国際的な法律に準拠している必要があります。承認された教育サービス以外の目的で、個人を特定できる情報を使用または共有してはなりません。特に、行動ターゲティング広告のための個人プロファイルを作成することを目的として、収集された情報を使用または販売してはなりません。データを安全に送信および保存することで、こうした情報を不正アクセスや不正利用から保護するようにしてください。また、こうしたデータを共有するベンダーも同じセキュリティ基準に準拠していることを確認してください。

Xcodeの概要

Xcode 9.4およびiOS 11.4以降をダウンロードし、以下のリソースを活用してiOS AppでClassKitをサポートしましょう。

ツールとSDK

Xcode 9.4以降でAppを開発しましょう。最新のiOS SDKにはClassKitフレームワークが含まれています。

リソース

ドキュメント、サンプルコード、ディスカッションフォーラムで、ClassKitを実装するための詳しい情報をご確認ください。

スクールワーク

宿題や生徒の進捗状況を管理できる、教師と生徒向けのパワフルな新しいiPad Appです。

App Storeで見る