サインインを簡単に。

AppやWebサイトを使い始めるユーザーに、迅速かつ安全で、プライバシーにも配慮したアカウントの設定方法を提供しましょう。

プランニング

Appleでサインインでは、デベロッパのシステムに、名前、認証済みのメールアドレス、一意で永続的なIDを使用してユーザーアカウントを設定し、ユーザーがApple IDでAppにサインインできるようにすることができます。Appleでサインインは、iOS、macOS、tvOS、watchOSに加えてWebサイトや他のプラットフォームで実行されるバージョンのAppに実装することができます。アカウントを設定したユーザーは、そのAppが提供されているところであればどこからでもサインインできます。

活用例

Appleでサインインを利用すると、次のことを簡単に行えます。

  • アカウントなしでは機能が制限されるAppの場合、ユーザーがAppを使用し始めてからすぐのタイミングでアカウントを作成できるようにする。
  • ユーザーがAppの機能を体験した後にアカウントを作成できるようにする(進捗状況の保存やプロファイルの設定のためにアカウントを作成するなど)。
  • ユーザーがゲストとして購入を実行した後にアカウントを作成できるようにする。
  • アカウントをすでにお持ちのユーザーがサインインできるようにし、またどのバージョンのAppやWebサイトでも再認証できるようにする。

ガイドライン

ユーザーのプライマリアカウントをAppで設定したり認証したりする際、他社のログインサービスやソーシャルログインサービスを使用するAppでは、同様な形でのオプションの一つとしてAppleでサインインを組み込む必要があります。Appleでサインインに対応するAppやWebサイトのプランニングやデザインを行う際は、下述のガイドラインに準拠してください。Human Interface Guidelinesでは、左揃えのボタン、右揃えのボタン、ロゴのみのボタンをダウンロードできます。このガイドラインには、Appのアップデートは2020年6月30日以降に、準拠が求められます。

実装

サービスIDと鍵の設定

Appleでサインインを実装するには、事前にApple Developerアカウントの「Certificates, Identifiers & Profiles(証明書、ID、プロファイル)」でIDと鍵を設定する必要があります。組織の場合は、Appleでサインインが有効になっている各サービスIDに対して、最大100個のWebサイトのURLを登録できます。個人の場合は最大10個です。

設定の手順を確認する

メールリレーサービス

Appleのプライベートメールリレーサービスは、プライバシーを重視するユーザーがアカウントを設定する際、個人用メールアドレスのプライバシーを保つために利用します。こうしたユーザーにリレーサービス経由でメールメッセージを送信するには、デベロッパはアウトバウンドメールドメイン、サブドメイン、またはメールアドレスを登録する必要があります。登録プロセスでは、デベロッパへの参考情報としてSender Policy Frameworkレコードの検証が行われます。なお、Webサイトサーバのファイル検証を行う必要はありません。組織の場合は、最大100個のメールドメインを登録できます。個人の場合は、最大32個のメールドメインを登録できます。

お使いのアカウントで、Appleのプライベートメールリレーサービスを使用したメールの送信エラーが検出された場合、Account Holder(アカウントホルダー)および管理者に継続的に通知メールが配信されます。Account Holder(アカウントホルダー)および管理者は、「Certificates, Identifiers & Profiles(証明書、ID、プロファイル)」の「More(その他)」セクションで通知メールの配信を停止することができます。

アウトバウンドメールドメインの登録についてさらに詳しく

プライベートメールリレーサービスについてさらに詳しく(英語)

App

ユーザーがアカウントを設定してiOS、macOS、tvOS、watchOS用のネイティブAppにサインインできるようにするには、AuthenticationServicesフレームワークを使用します。

AuthenticationServicesについてさらに詳しく(英語)

Unityツール

新しいUnity Asset Storeパッケージを使えば、Unityで構築されたゲームやAppに簡単にAppleでサインインを組み込むことができます。

Unityでさらに詳しく(英語)

Webおよび他のプラットフォーム

ユーザーがアカウントを設定してWebサイトや他のプラットフォームのAppにサインインできるようにするには、AppleでサインインJSを使用します。

AppleでサインインJSについてさらに詳しく(英語)

サービスAPI

Appに提示される認証コードを検証し、ユーザーのステータスをAppleのサーバで直接チェックするには、AppleでサインインAPIを使用します。

AppleでサインインAPIについてさらに詳しく(英語)

テストと確認

Xcode 11

Appをテストするには、最新のXcode 11を使用し、デバイスをiOS 13、iPadOS、macOS Catalina、tvOS 13の最新バージョンにアップデートしてください。Webサイトをテストするには、そのWebサイトを、App Storeで入手可能かつAppleでサインインに対応済みのAppと関連付ける必要があります。

最新のソフトウェアをダウンロードする(英語)

リソース

Appleでサインインの実装に必要なツール、ドキュメント、リソースをご確認ください。

さらに詳しく