サインインを簡単に。

AppやWebサイトを使用し始めるユーザーに、迅速かつ安全で、プライバシーにも配慮したアカウントの設定方法を提供しましょう。

プランニング

Appleでサインインでは、デベロッパのシステム内にユーザーアカウントを設定し、名前、認証済みのEメールアドレス、一意の安定したIDを使用して、ユーザーがApple IDでAppにサインインできるようにすることができます。Appleでサインインは、iOS、macOS、tvOS、watchOSで機能するだけでなく、Webサイトや、他のプラットフォームで実行されるバージョンのAppに追加することもできます。アカウントを設定したユーザーは、そのAppが提供されているところであればどこからでもサインインできます。

活用例

Appleでサインインを利用すると、以下のことが簡単になります。

  • アカウントなしでは機能が制限されるAppの場合、ユーザーがAppの使用開始後早い段階でアカウントを作成できるようにする。
  • ユーザーがAppの機能を体験した後でアカウントを作成できるようにする(例:進捗状況を保存したり、プロファイルを設定したりするためにアカウントを作成)。
  • ユーザーがゲストとして購入を実行した後にアカウントを作成できるようにする。
  • アカウントをすでに持っているユーザーがサインインしたり、どのバージョンのAppやWebサイトでも再認証したりすることができるようにする。

ガイドライン

Appleでサインインに対応するAppやWebサイトのプランニングやデザインを行う際には、以下のガイドラインに準拠するようにしてください。

実装

設定

Appleでサインインを実装するには、事前にApple Developerアカウントの「Certificates, Identifiers & Profiles(証明書、ID、プロファイル)」でIDと鍵を設定する必要があります。

設定の手順を確認する(英語)

アウトバウンドEメールドメインの登録についてさらに詳しく(英語)

App

ユーザーがアカウントを設定してiOS、macOS、tvOS、watchOS用のネイティブAppにサインインできるようにするには、AuthenticationServicesフレームワークを使用します。

AuthenticationServicesについてさらに詳しく(英語)

Unityツール

新しいUnity Asset Storeパッケージを使って、Unityで構築されたゲームやAppに簡単にAppleでサインインを導入できます。

Unityで更に詳しく(英語)

Webおよび他のプラットフォーム

ユーザーがアカウントを設定してWebサイトや他のプラットフォームのAppにサインインできるようにするには、AppleでサインインJSを使用します。

AppleでサインインJSについてさらに詳しく(英語)

サービスAPI

Appに提示される認証コードを検証し、ユーザーのステータスをAppleのサーバで直接チェックするには、AppleでサインインAPIを使用します。

AppleでサインインAPIについてさらに詳しく(英語)

プライベートEメールリレーサービス

プライバシーを重視するユーザーは、個人用Eメールアドレスのプライバシーを保つために、アカウントの設定時にプライベートEメールリレーサービスを利用する場合があります。ユーザーの個人用受信ボックスにリレーサービス経由でEメールを送信するには、デベロッパはアウトバウンドEメールドメインを登録する必要があります。

プライベートEメールリレーサービスについてさらに詳しく(英語)

テストと確認

Xcode 11

Appをテストするには、Xcode 11を使用し、デバイスのiOS 13、iPadOS、macOS Catalina、tvOS 13をにアップデートしてください。Webサイトをテストするには、App Storeから入手可能な、Appleでサインインに対応済みのAppとWebサイトを関連付ける必要があります。

最新のソフトウェアをダウンロードする(英語)

リソース

Appleでサインインの実装に必要なツール、ドキュメント、リソースをご確認ください。

さらに詳しく