SiriKit

SiriKitを使用すると、iOS AppやwatchOS AppとSiriを連係させることができるため、ユーザーは音声だけでタスクを実行できます。そのため、デベロッパが提供するコンテンツとサービスを、ロック画面からのアクセスやハンズフリー操作といった新しい方法で利用することができます。

iOS 12の新機能

Siriショートカット

Siriは、ユーザーの日課とAppを賢く組み合わせて、必要な時に便利なショートカットを提案できるようになりました。Shortcuts APIを使用すると、ロック画面、検索、Siriの文字盤から直接、Appに関連したタスクをすばやく実行することができます。ユーザーは、自分の声でショートカットを実行したり、新しいショートカットAppを使って自分だけのショートカットを作成することができます。

Siriの提案。Siriの提案は、場所、時刻、動作の種類(歩いている、走っている、運転しているなど)などの様々なシグナルを使用し、関連するショートカットをいつ提案すべきかを常に学習します。

通知。ショートカットはロック画面に通知として表示されるため、ユーザーは通知をタップしてタスクを実行することができます。

デバイス上で。すべての学習はデバイス上でローカルに行われるため、Siriはプライバシーを犠牲にすることなく、インテリジェントでパーソナライズされた体験を生み出します。

ショートカットについてさらに詳しく(英語)

ショートカットApp

ショートカットは、今秋よりApp Storeで公開される新しいショートカットAppからも利用できます。ショートカットAppには、サンプルのギャラリーや、使いやすいドラッグ&ドロップエディタが用意されています。ユーザーは、複数の手順を組み合わせたカスタムのショートカットを作成することができ、そこにAppに組み込まれているショートカットを組み合わせることもできます。1回タップしたりSiriに話しかけたりするだけでそのショートカットを実行することができます。

SiriKitのドメインとインテント

SiriKitを使ってExtensionを組み込めば、Appが起動していない状態でもSiriとコミュニケーションを行うことができます。Extensionには、特定のドメインと、そのドメインが処理できるインテントを登録します。たとえば、メッセージAppなら、「メッセージ」ドメインと「メッセージを送信する」というインテントに対応するよう登録します。Siriは音声や自然言語認識といったユーザーとのやり取りを処理し、デベロッパのExtensionと連係して情報を入手し、ユーザーのリクエストを処理します。

「MyListAppの買い物リストに卵と牛乳を追加して」

リスト。リマインダーの作成、To-Doリストの更新、買い物リストのチェックを行うことができます。

HomePodと連係

「MyFriendsAppで私の連絡先QRコードを表示して」

ビジュアルコード。友人にスキャンしてもらうために、QRコードを表示できます。

「MyRidesAppでSFOまでの配車を予約して」

配車予約。ライドシェアなど、タクシー関連のサービスを利用できるAppで、配車をリクエストできます。

「MyTextAppでキャリーにメッセージを送信して」

メッセージの送信。メッセージの送受信サービスに対応したAppで、テキストメッセージを送信できます。

HomePodと連係

「去年の夏に撮ったビーチの写真をMyPhotosAppで探して」

写真の検索。特定のコンテンツタイプの写真やビデオを検索し、指定したAppで、スライドショーで再生できます。

「昨日のディナー代の$100をMyPayAppでジョンに送金して」

支払い。個人間の送金に対応したAppで、他の人に送金したり請求したりすることができます。

「MyVoIPAppでマイクに電話して」

VoIP通話。Voice Over IPに対応したAppで、ビデオ通話や音声通話を行うことができます。

「MyWorkoutAppで日課のランニングを開始して」

ワークアウト。お気に入りのワークアウトAppで、ワークアウトを始めたり、一時停止したり、終了したりすることができます。

「MyCarAppでヒーターを22℃に設定して」

温度とラジオ。CarPlay自動車メーカーApp向けに用意されているもので、車内の温度やラジオを調節できます。

HomePodでのSiriKit

Siriのインテリジェンスを活用すれば、音声による自然なやり取りでHomePodを操作し、SiriKitのメッセージ、リスト、メモをサポートするiOS Appに簡単にアクセスすることができます。Siriは、HomePodで行われたSiriKitのリクエストを認識し、そのリクエストをユーザーのiOSデバイスに送信します。AppをHomePodに対応させるため、SiriKitのインテグレーションが最新の状態であり、すべての適切なインテントを採用していることを確認してください。

Siriを使用して音声のみの体験をテストする場合は、iOS 11.2以降を搭載するiOSデバイスに接続したヘッドフォンを通じて行ってください。