税金カテゴリの設定がApp Store Connectで利用可能に

税金カテゴリの設定がApp Store Connectで利用可能に

App Storeでは、175地域で簡単にトランザクションを行うことができます。そのうち64地域では、Appleがデベロッパに代わり納税の管理を行っています。これに加え、App Store ConnectでAppおよびApp内課金に対して税金カテゴリを指定できるようになりました。これらのカテゴリはAppのコンテンツ(ビデオ、ブック、ニュース関連出版物など)に基づくもので、各地域の税法や規制に従って定義されます。これにより、Appleではデベロッパに代わり、Appに関わる納税を所定の税率で管理することができます。

カテゴリを指定するには、まずApp Store ConnectでAppの 「価格および配信状況」セクションに移動します。Appに該当する税金カテゴリをAppレベルで選択し、Appおよびそれに関連するApp内課金に適用します。また、App内課金ごとにカテゴリを管理することも可能です。この指定は以降のトランザクションに適用され、設定後満1か月以降に新しい取引税レポートで確認することができます。もし何も変更を加えなかった場合は、AppおよびApp内課金にApp Storeソフトウェアカテゴリが指定され、現在と同じ税率が適用されます。税金カテゴリの設定は、AppやApp内課金の発展や税制度の変更に合わせ、いつでも変更することができます。

税金カテゴリの設定についてさらに詳しく