iOS 14を最大限に活用

iOSは、世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムです。iOS 14では、ユーザーが必要な時に必要なAppの一部の機能をすぐに利用できる、便利なApp Clipを提供できます。また、ウィジェットを使えば、ユーザーの利便性をさらに高めることができます。ウィジェットギャラリーでは、必要なウィジェットが簡単に見つかります。ARKit 4は、A12 Bionic以降のチップを搭載するすべてのデバイスにエキサイティングな新機能を提供します。RealityKitでは、これまで以上にリアルなAR体験を生み出すことが可能です。

App Clip

App Clipを使えば、Appの機能をユーザーが必要とするときにすばやく見つけられるようになります。軽量で高速なApp Clipは、タスクを素早くこなすことに特化しています。スクーターレンタル、テイクアウトの注文、新しい機器のセットアップなど、さまざまな場面で活用できます。Safari、マップ、メッセージなどに加え、物理的な場所に配置されたNFCタグ、QRコード、そしてAppleが作成したApp Clipコードなど、さまざまな場所で見つけて、開くことができます。

App Clipについてさらに詳しく

ウィジェット

WidgetKitフレームワークとSwiftUI用の新しいウィジェットAPIを使えば、ウィジェットを容易に構築できます。ウィジェットのサイズは複数から選べます。ユーザーは新しいウィジェットギャラリーで検索やサイズのプレビューができ、ホームスクリーンの好みの場所に配置して、ひと目で必要な詳細情報にアクセスできます。

WidgetKitについてさらに詳しく

拡張現実

ARKit 4は、A12 Bionic以降のチップを搭載するすべてのデバイスに新機能を提供します。RealityKitは、ハイレベルのアニメションとリアル感あふれるAR体験を実現します。

ARについてさらに詳しく

機械学習

モデル展開のための新しいCore MLツール、Create MLの新しいモデルとトレーニング能力、VisionとNatural Language追加された新APIを使うことで、今まで以上に手軽に、幅広く開発できるようになります。

機械学習についてさらに詳しく

Siri

コンパクトになった新しいUI、画像や詳しい情報を表示できる視覚的なリスト、メールとWebサイトのコンテンツを抽出してイベント提案を表示する機能を備えたSiriを使えば、コンテンツへのアクセスがより簡単になります。

Siriについてさらに詳しく

ユーザーのプライバシー

iOS 14では、他社が所有するAppやWebサイトでユーザーの行動をトラッキングするAppは、ユーザーに許可を求める必要があります。App Storeでは、ユーザーがAppのプライバシー方針を確認できるようになっています。そのためデベロッパには、プロダクトページに掲載するプライバシー方針の詳細情報をApp Store Connectに入力することが求められます。

さらに詳しく

iPadOS 14

UIの改善やPencilKitなどの強化により、さらに素晴らしいユーザー体験を作り出すことができます。

iPadOSの新機能を見る

ツールとリソース

Xcode 12および以下のリソースを使って、iOS 14向けのAppをビルドしましょう。

Xcode 12をダウンロードする(英語)