驚くようなiPad用Appを届けよう

iPadOSには、iOS SDKを使用してiPad独自の機能を活用するための新たなテクノロジーが搭載されています。iPadOSを使用すれば、iPad用Appでマルチウインドウ体験を実現したり、Apple Pencilでのフル機能の描画体験を追加したり、システム全体で利用できるフォントを提供したりすることができます。

マルチタスキング

Slide Over、Split View、ピクチャ・イン・ピクチャなどのマルチタスキング機能により、直感的なジェスチャでAppをすばやく切り替えられることができます。

さらに詳しく(英語)

マルチウインドウ

iPadOSでは、ドラッグ&ドロップに対応するAppでもマルチウインドウを利用できます。たとえば、文書作成Appのユーザーは複数の文書を同時に作業し、そのAppをSplit Viewまたは複数の領域で使用できます。さらに、Slide Overで複数のAppと連係させることもできます。

さらに詳しく(英語)

ドラッグ&ドロップ

Multi-Touch APIを使用すると、テキスト、画像、ファイルを1つのAppから別のAppへとすみやかに移動することができます。ドラッグ&ドロップに対応して、ユーザーがコンテンツを自由に移動できるようにしましょう。

さらに詳しく

PencilKit

ピクセルパーフェクトの精密さと業界最高水準の低レイテンシを実現したApple Pencilでは、絵を描いたり、スケッチしたり、色を塗ったり、メモを取ったり、メールに注釈を付けたりと、様々なことを非常に快適にこなすことができます。また、ダブルタップのジェスチャで直感的にタッチ操作できるApple Pencilの機能を、Appで活用することができます。さらに、新しい多機能の描画および注釈フレームワークであるPencilKitを使用して、キャンバスへのアクセス、応答性インク、豊富なツールパレット、iPadOSでの描画モデルなど、フル機能の描画体験をAppに簡単に追加できるようになりました。

ファイルとフォルダ

ファイルAppで、USBドライブ、SDカード、ファイルサーバを利用できるようになりました。また、カラム表示、クイックアクション、ローカルストレージといった一連の新機能により、ファイルAppがますますパワフルになっています。

フォント

iPadOSでは、システム全体で使用するフォントをAppで提供したり、新しいフォントピッカーインターフェイスを介して他の提供されたフォントを使用したりできます。また、新しいシステムUIフォントをAppで利用できるようにもなりました。

機械学習

オンデバイスのモデルトレーニングが実現し、厳選されたモデルのギャラリーを利用できる今こそ、機械学習を活用し始める絶好のタイミングです。Core MLは、CPU、GPU、ニューラルエンジンをシームレスに活用して、素晴らしいパフォーマンスと効率性を実現します。その結果、デベロッパは最先端のモデルをAppに組み込むことができるようになります。Create ML Appでは、機械学習の専門知識がなくても、機械学習モデルを構築、トレーニング、導入することができます。

さらに詳しく

拡張現実

ARKitでは、人の動きをAppに組み込むことができるため、非常に高いレベルで人を認識できます。「ピープルオクルージョン」機能を使用すると、ARコンテンツがまるで実世界に実在するかのように、人の前や背後を通り過ぎるといったことも実現できます。RealityKit(Appleのレンダリング、アニメーション、物理演算、オーディオ用エンジン)はReality ComposerとAR Appの動作の基盤となっており、バーチャルオブジェクトと実世界とのシームレスな統合を可能にします。

さらに詳しく

デスクトップレベルのブラウジングをSafariで

iPad版Safariは最新のWeb標準に対応しており、WebサイトやWeb Appを自動的にタッチ操作に対応させます。これにより、超高速のパフォーマンス、業界トップクラスのセキュリティ、最新のデスクトップ機能に対応したリッチなブラウジング体験を実現しています。サイトや埋め込み型のWebViewでパワフルな新機能とコーディングのベストプラクティスを活用すれば、iPad向けに最高水準のユーザー体験を実現することができます。

iPad Pro向けの開発

iPad Proを使用すれば、かつてないほど高速で応答性の高い体験を実現できます。オールスクリーンデザインはエッジからエッジまで広がり、Face IDは縦向きでも横向きでも、シームレスに機能します。ほとんどのノートパソコンをしのぐパフォーマンスを発揮するA12X Bionicチップは、プロフェッショナル向けのAppを実行し、迫力ある拡張現実体験を生み出すことができます。さらに、第2世代のApple PencilやSmart Keyboard Folioといったアクセサリをサポートするなど、iPad ProはiPadの歴史をぬりかえるほどの変化を遂げました。

Face ID

Face IDは、ロックの解除、認証、支払いを安全に行うことができるテクノロジーです。ユーザーが一目見るだけで、Appに簡単にアクセスすることを可能にします。TrueDepthカメラが30,000以上の目に見えないドットを投射し、解析することで生成された顔のマップは、デバイスのSecure Enclaveによって暗号化され、セキュリティが保たれます。

ユーザー認証について詳しくは、「Human Interface Guidelines(英語)」を参照してください。

A12X Bionic

Neural Engineを搭載したA12X Bionicチップは、Apple史上最も賢く、最もパワフルなチップで、iPad Proのために特別にデザインされました。A12X Bionicは、ほとんどのノートパソコンよりも高速なCPU性能を発揮します。Appleが設計した7コアのGPUにアーキテクチャの強化とメモリ圧縮を組み合わせることで、GPUのパフォーマンスが最大で2倍高速化されています。さらに、毎秒5兆の演算処理を実行できる8コアのNeural Engineが、非常に効率的でパワフルな機械学習向けに用意されており、まったく新しい体験を実現することができます。

UIの最適化

iOS 12.1以降のSDKでAppをビルドして、11インチiPad Proと12.9インチiPad Pro(第3世代)のオールスクリーンデザインを活用しましょう。ディスプレイの丸みを帯びたコーナーとホームインジケータに合わせてAppが正しく表示されることも確認してください。

シミュレータで実行してテストする。エッジからエッジまで広がるLiquid RetinaディスプレイをAppで最大限に活かせるよう、セーフエリアを考慮し、アダプティブレイアウトに対応させてください。アップデートされたHuman Interface Guidelinesを参照し、最新のXcodeをダウンロードして、Appをシミュレータでテストしましょう。

ネイティブの解像度でフルスクリーン表示できるようにする。プロジェクトのベースSDKがiOS 12.1以降に設定されており、Launch Storyboardを使用している場合、AppはiPad Pro上で全画面表示モードで実行されます。

Appのあらゆる箇所を確認する。UIが正しく表示され、各要素に配置の不具合や、重なり、拡大縮小の誤り、表示の欠けなどがないことを確認してください。問題が見つかった場合は、セーフエリアガイドとレイアウトマージンを使ってUI要素の配置を修正してください。

iPad用AppをMacへ

既存のiPad用Appをベースにして、ネイティブのMac用Appの開発を数段有利に進めましょう。Mac用AppとiPad用Appでプロジェクトとソースコードが共有されるため、変更を加えると両方のプラットフォームに反映されます。iPad用Appから新たに作成されたMac用Appはネイティブに実行されるため、Mac専用に開発されたAppと同じフレームワーク、リソース、ランタイム環境を利用できます。

さらに詳しく

macOS CatalinaのSidecar

macOS Catalinaを実行しているユーザーは、iPadをMacの2台目のディスプレイとして使用し、iPadにApple Pencilで描画することができます。この機能は、Mac用Appに手を加えなくても、そのまま使用できます。

macOS Catalinaについてさらに詳しく