iPadOS 14による優れたApp体験の実現

iPadOS 14の機能を活用することで、素晴らしいユーザー体験を作り出すことができます。SwiftUI向けの新しいWidgetKitフレームワークを使えば、さらに簡単にウィジェットの構築ができます。Apple Pencilでは、あらゆるテキストフィールドで手書きの文字をテキストに変換できるスクリブルなど、メモ機能の汎用性が高まりました。ARKit 4では、よりリアルなAR体験を実現するための機能が追加されました。SiriのショートカットAPIとイベント提案機能を使えば、ユーザーにより多くのコンテンツを見せることできます。

UIの強化

iPadOSのユーザーインターフェイスが強化されたことにより、ユーザーにとってさらに使いやすく、一貫性のあるスムーズなApp体験を提供できるようになりました。

サイドバー:ナビゲーションが整備され、ドラッグ&ドロップの新しい操作が可能になりました。

メニュー:新しいプルダウンメニューにより、ユーザーはさまざまな機能にアクセスし、設定の変更や、実行したアクションの確認を簡単に行うことができます。

日付と時刻のピッカー:ピッカーのデザインが刷新され、日付や時刻を簡単に選択できるようになりました。

カラーピッカー:新しいカラーピッカーにより、写真やその他のコンテンツから色のサンプルを得たり、既定のカラーパレットから選択したり、色を保存して他のAppで利用できるようになりました。

「Human Interface Guidelines」を見る(英語)

Apple Pencil

新しい選択ジャスチャーを使うと、手書きで入力した文字を容易に選択し、キーボードで入力した文字として別のドキュメントにペーストすることができます。また、スクリブル機能により、あらゆるテキストフィールドで手書きの文字をテキストに変換することができます。こうした新機能は、PencilKitを実装したAppでは自動的に有効になります。また、UIKit APIを使うと、App上の指定した位置でテキスト変換機能を有効化し、カスタマイズすることができます。

PencilKitについてさらに詳しく(英語)

ウィジェット

SwiftUI向けの新しいWidgetKitフレームワークにより、手軽にウィジェットを開発することができます。ウィジェットのサイズは複数から選べます。ユーザーは新しいウィジェットギャラリーで検索やサイズのプレビューができ、ホームスクリーンの好きな場所にウィジェットを配置して、ひと目で必要な情報にアクセスできます。

WidgetKitについてさらに詳しく

拡張現実

ARKit 4に導入された新しいDepth APIを使うと、LiDARスキャナでキャプチャしたより精密な深度情報にアクセスできるようになります。また、Appleマップの高解像度データを活用するロケーションアンカー機能により、iPad向けのAppで世界中のどこにでもAR体験を配置することができるようになりました。

拡張現実についてさらに詳しく

Siri

コンパクトになったSiriの新しいUIで、必要な情報にさらにアクセスしやすくなりました。ショートカットAPIにビジュアルリストが追加されたため、情報を提示する際、さらに詳しい内容を表示できます。たとえば、ユーザーが食料品をカートに追加した場合に、Siriで各商品の写真、価格、説明を表示することが可能です。また、イベント提案機能では、EメールやWebサイトからコンテンツを抽出して表示できるようになりました。

Siriについてさらに詳しく

ユーザーのプライバシー

iPadOS 14では、他社が所有するAppやWebサイトでの行動をAppを使ってトラッキングする場合、ユーザーに許可を求める必要があります。App Storeでは、ユーザーがAppのプライバシー方針を確認できるようになっています。そのためデベロッパには、プロダクトページに掲載するプライバシー方針の詳細情報をApp Store Connectに入力することが求められます。

さらに詳しく

ツールとリソース

Xcode 12および以下のリソースを使って、iPadOS 14向けのAppをビルドしましょう。

Xcode 12をダウンロードする(英語)