パフォーマンスとナビゲーション

新しいwatchOSでは、お気に入りのアプリケーションをメモリに常駐させ、バックグラウンドで情報を更新できるようになりました。新しいDockや文字盤上のコンプリケーションからアプリケーションをすぐに起動させることができ、最新の情報に即座にアクセスすることができます。

フィットネスとモーション

ワークアウト用アプリケーションは、ワークアウトの間中アプリケーションをバックグラウンドで走らせ続けられるようになりました。ユーザーがワークアウト中に腕を上げると、最新の測定値やライブアニメーションが表示されます。また、フィットネス用アプリケーションでも、リアルタイムの心拍数データ、ジャイロスコープ、終日計測可能な加速度センサーにアクセスできるようになったため、魅力あふれる新しいフィットネス体験を作り出すことができます。

グラフィックスとメディア

グラフィックスやメディア用の新しいツールを使って、より高品位でアニメーションを多用したアプリケーションをwatchOS 3向けに作成しましょう。watchOS 3では、Digital Crownやタッチイベントをサポートしたのに加え、スピーカーオーディオ、ビデオのインライン再生、SpriteKit、SceneKit、ターンバイターンでのゲームプレイを可能にするGame Center、複数デバイスへのデータ保存を可能にするCloudKitを利用できます。

アクセサリのコントロール

新しいAPIにより、HomeKit対応アクセサリのカメラデータをアプリケーションで利用できるようになりました。

アプリケーション内での支払い

Apple Watch上でApple Payを利用可能にして、ユーザーがwatchOSアプリケーションの中で安全に支払いを実行できるようにしましょう。

文字盤ギャラリー

iPhoneのApple Watchアプリケーションの文字盤ギャラリーに、アプリケーションで利用できるコンプリケーションが表示されるようになりました。

watchOS 3の新しいAPIやフレームワークを活用したアプリケーションの開発については、詳細情報をご覧ください。

watchOSの新機能を見る