App Store

オンラインのグループイベントのApp内課金

App Store Reviewガイドライン3.11では、Appがオンラインで有料グループサービスを提供する場合、App内課金を通じてそれを提供することが求められています。新型コロナ感染症の最近の再拡大による対面型サービスへの継続的な影響を考慮し、この要件の適用開始日を2022年6月30日に延長しました。

さらに詳しく

App Store

App内のアカウント削除機能の提供

App Store Reviewガイドライン5.1.1において、アカウント作成に対応しているすべてのAppを対象に、App内でアカウントを削除できるようにしなければならないという要件が追加されました。これは、ユーザー自身による個人データの管理をさらに強化するものです。この要件の遵守が複雑なことから、適用開始日を2022年6月30日に延長しました。

さらに詳しく

App Store

Xcode 13

App Storeに提出するiOSおよびiPadOS Appは、Xcode 13およびiOS 15 SDKでビルドする必要があります。また、App Storeに提出するwatchOS Appは、Xcode 13およびwatchOS 8 SDKでビルドする必要があります。

さらに詳しく

App Store

App Store Connectの銀行口座名義人の住所に関する要件

App Store Connectで銀行口座情報を登録している場合、口座名義人の住所の提供が必須となります。Account Holder(アカウントホルダー)、Admin(管理者)、およびFinance(財務責任者)の役割を持つユーザーは、「契約/税金/口座情報」セクションで有効な住所を入力できます。

さらに詳しく

App Store

TLS 1.0および1.1のサポート停止のお知らせ

TLS 1.0および1.1はiOS 15、iPadOS 15、macOS 12、watchOS 8、tvOS 15の各Appleプラットフォームで非推奨となっており、今後のリリースではサポートが停止します。すべての接続に関してApp Transport Security (ATS) をAppで有効にしている場合、変更は不要です。Appが非推奨となるTLS 1.0または1.1を引き続き使用している場合は、TLS 1.2以降のバージョンに移行する準備を進めてください。なお、さらに迅速でセキュアなTLS 1.3に対応することをお勧めします。

さらに詳しく

App Store

Game Center認証のための証明書

サーバベースのGame Center認証のための新しい証明書がpublicKeyUrlから利用可能になります。この日以降、以前の証明書は利用できなくなります。以前にお知らせした通り、Appが自動的に新しい証明書を使用するよう、常に最新のpublicKeyUrl値を取得して使用するようにしてください。

さらに詳しく

App Store

AppTrackingTransparency

iOS 14.5、iPadOS 14.5、tvOS 14.5以降、すべてのAppにおいてユーザーをトラッキングしたり、ユーザーのデバイスの広告識別子にアクセスする際には、AppTrackingTransparencyのフレームワークを通じてユーザーの許可を得る必要があります。トラッキングを有効にする許可をユーザーから得ない限り、デバイスの広告識別子の値はすべてゼロになります。その場合は、ユーザーをトラッキングすることはできません。

さらに詳しく

App Store

APNs Provider API

プッシュ通知では、HTTP/2ベースのApple Push Notification Service (APNs) Provider APIを使用する必要があります。このAPIでは、JSON Web Tokenによる認証、改善されたエラーメッセージ、通知ごとのフィードバックといった優れた機能を活用できます。APNsでのレガシーバイナリプロトコルのサポートは、2021年3月31日に終了しました。

さらに詳しく

App Store

Appのプライバシー方針に関する質問の要件

App StoreにAppを提出する際は、App Store ConnectでAppのプライバシー方針に関する情報(サードパーティパートナーのコードをAppに組み込む場合は、そのパートナーの方針も含む)を提供する必要があります。

さらに詳しく