Xcode 14

Xcode 14には、すべてのAppleプラットフォームでAppを開発、テスト、配信するために必要なものがすべて含まれています。SwiftとSwiftUIのシンプルさとパワーを活用し、新しいマルチプラットフォームApp体験の実現、強化されたエディタ機能を利用した、より高速なコーディング、Xcode CloudからTestFlightやApp Storeに移行してテスト、デプロイを始めたりすることができます。

より軽く、より速く。

Xcode 14では、以前に比べ30%軽量化されたバイナリで、すばやくコード作成を開始できます。watchOSおよびtvOS向けのシミュレータランタイムがダウンロード可能になり、必要なときにXcodeで最新のプラットフォームを使用できます。

すべてのビルドおよびリンクフェーズでの並列処理が改良され、プロジェクトのビルドが最大25%高速化しました。

また、新しいBuild Timelineにより、 予想以上に時間がかかっているビルドタスクやビルドのボトルネックを特定しやすくなります。

マルチプラットフォーム対応

新しいマルチプラットフォームターゲットが、iOS、iPadOS、macOS、tvOSで使用できる1つののSwiftUIインターフェイスを作成します。コードの保守作業がさらに容易になり、各プラットフォーム固有の機能を活かせるようにカスタマイズできます。

また、アセットカタログでのAppアイコンの設定方法が一新され、すべてのプラットフォーム向けに1つのアイコンサイズを指定すれば、後はすべてXcodeが生成してくれます。

効率的なコーディング

言語と編集機能に多くの改良が加えられ、コーディングの効率性がさらに高まります。よりスマートになったコード補完と追加の動的スニペットにより、目的のコードが一段とすばやく見つかります。スクロール中も、コード構造(関数宣言など)は固定表示されるため、どこで作業しているかすぐにわかります。また、Swiftの正規表現が、シンタックスハイライト、リファクタリング操作などに統合されました。

Swift、SwiftUI、Swiftパッケージ

Swift、SwiftUI、Xcode 14がまるで1つのもののように連係します。SwiftUIプレビューはすぐにインタラクティブになり、ライト/ダークモードなどのUIバリエーションもクリック1つで適用できます。Instrumentsの新しいテンプレートにより、デバッグが容易になり、分散アクターやSwiftの他の並行処理機能の使用を簡単に最適化できます。また、ビルドおよびコマンドのパッケージプラグインにより、新しい方法でXcodeとビルドプロセスをカスタマイズできるようになります。

Swiftについてさらに詳しく

SwiftUIについてさらに詳しく

Xcode Cloud

すべてのApple Developer ProgramメンバーがXcode Cloudを利用できます。Xcode Cloudは、Xcodeに組み込まれた継続的インテグレーションおよびデリバリーサービスで、Appleデベロッパのために設計されたものです。わずか数分でAppの開発を始め、ビルドステータスやレポートをモニタリングして、自動的にテスターやユーザーに配布できます。Feedback Organizerでは、メトリクス、クラッシュ、ユーザーフィードバックを確認でき、スクリーンショットが含まれるようになりました。

さらに詳しく

今すぐ始める

Xcodeをダウンロードし、以下のリソースを活用してすべてのAppleプラットフォーム向けにAppを構築しましょう。

Xcodeをダウンロードする