Appを新しいマーケットに展開する

App Storeは175の国や地域で40言語で提供されており、世界中のユーザーがAppを簡単に見つけてダウンロードできるようになっています。Appをローカライズすれば、さまざまな文化や言語にAppを対応させることができ、ビジネスを拡大するチャンスも生まれます。全世界のユーザーに向けてAppを準備する方法と、新しいマーケットへの展開にあたって考慮すべき事柄をご紹介します。

    ローカリゼーションを念頭に置いてAppを構築する

    インターナショナリゼーション(ローカリゼーションを念頭に置いてAppのコードやUIを構築するプロセス)は、世界中のユーザーに向けたAppを構築する際のファーストステップとして不可欠です。Xcode 11、AppleのAPI、Auto Layout、Unicodeサポートなど、Appleのパワフルなツールやテクノロジーを活用すれば、追加する言語を決める前の時点でも、Appを複数の言語や地域に対応させる準備を簡単に行うことができます。

    Xcodeで、ユーザーに表示されるテキストと画像を、実行可能コードとは別に作成してください。テキストや画像を別の言語に翻訳したら、それらのコンテンツを再びAppに統合します。ローカライズしたリソースは、独立したファイルとしてAppのバンドルに格納します。画像(画像セット、Apple Watchコンプリケーション、Apple TVの画像スタック、Sprite Atlases、記号セットなど)は、アセットカタログ内で直接ローカライズできます。また、ローカライズ済みのSF System Symbols(英語)を使用して、カスタムシンボルの方向を定めることもできます。たとえば、アラビア語やヘブライ語のように右から左に書く言語に対してこれを行います。

    AppleのAPIを使用すれば、ユーザーに表示される値や動的に生成される値(日付、長さ、重さ、価格、通貨記号など)を、さまざまなロケールに合わせて適切に表現することができます。ユーザーインターフェイスがどの言語であるかにかかわらず、任意の言語でのテキスト入力や、複数の言語での入力にもAppが対応できるようにしてください。これにより、Appのコンテンツをユーザーの希望する言語や形式で表示することができます。またAuto Layout(英語)を通じて、表示の寸法やレイアウトの自動調整、幅広いUnicodeサポートを活用したあらゆる言語テキストの取り扱い、CocoaとCocoa Touchのパワフルなテキスト処理テクノロジーによる複数言語での表示、レイアウト、テキスト編集など、さまざまな機能を活用することができます。

    iOS 13およびiPadOS 13では、デバイスの言語とは独立して、Appの表示言語をユーザーが選択することができます。これにより、複数の言語を使用するユーザーがAppの言語を簡単に切り替えられるようになっています。macOS Catalinaの場合、ユーザーはシステム環境設定の「言語と地域」セクションでAppの言語を設定することができます。

    世界中のユーザーに向けて準備する

    マーケットのさまざまな要素を調べる

    人口、言語、購買力といったマーケットごとの統計情報を調べることで、Appに対する親和性やニーズがあると思われる地域をよりよく把握することができます。どの地域にも、その地域のお客様特有の好みがあり、特に歓迎されるAppやカテゴリの種類が異なっています。たとえば、ゲームは世界中どこでも人気がありますが、特定の地域では、戦略系のゲームの人気が特に高いかもしれません。ビジネスの拡大を容易にするため、Appのダウンロード数、販売数、使用状況、リテンション率などの指標ですでに高い成果が生まれているマーケットと似た特性を持つマーケットを選ぶとよいでしょう。マーケットを選ぶ際は、App自体、そしてその価値や機能が、マーケットのニーズにどの程度合っているかを見極めてください。そのマーケットでまだ満たされていないニーズを特定し、Appを通してユーザーに固有の価値を提供できる場合もあります。

    Appアナリティクスを使用して潜在的なマーケットを特定する

    Appを世界中で配信しているものの、特定の地域に向けたローカリゼーションを行っていない場合は、プロダクトページ閲覧数、Appユニット数、売上、アクティブなデバイス数などの重要なパフォーマンス評価指標について、地域でフィルタして調べるとよいでしょう。これを行うことで、Appが特定の地域のユーザーの関心を引いており、ローカライズするメリットがあるかどうかを判断することができます。たとえば、主に英語で提供しているAppについて、ドイツのアクティブデバイスにおけるリテンション率やセッション数が平均より低いことがわかった場合は、ドイツ語への対応を加えると効果的です。Appのプライマリ言語に対する習熟度が比較的高いマーケットもあれば、ローカリゼーションにより多くの労力を必要とするマーケットもあるということを考慮しましょう。アクティブなデバイス数、セッション数、リテンション率といった使用状況のデータには、診断や使用状況の情報をデベロッパに共有することに同意したユーザーのデータのみが含まれています。

    Appアナリティクスの使用方法の詳細については、「アナリティクスでインサイトを得る」をご確認ください。

    現地の文化や慣習を考慮する

    Appやプロダクトページでは、すべてのマーケットで一貫した体験を提供するべきですが、文化上の通念に合わせて特定の要素を調整することが有益な場合もあります。たとえば、そのマーケットに特有のコンテンツや文化的イベント(祝祭日用の特別なコンテンツや地域のアートスタイルなど)をAppに組み込むことができます。さらに、現地のポリシー、マーケットにおける規制事項、政治的または宗教的な配慮などを考慮に入れて、Appがユーザーに受け入れられる可能性を高めるとよいでしょう。

    Appをローカライズする

    ユーザーに表示されるコンテンツを翻訳する

    Xcodeの「Export For Localization」(英語)機能を使えば、コードが参照する文字列、stringsdictファイル、Interface Builderのファイル、ローカライズするアセットなど、ローカライズ可能なコンテンツをすべて自動抽出することができます。ソースコードを修正する必要がないため、翻訳作業を社内で行うか外部のローカリゼーションサービスを利用するかにかかわらず、翻訳作業が容易になります。Appの体験を一貫したものにするため、必ず目的文字列もローカライズしてください。また、データの取り扱いをすべてのユーザーが明確に理解できるよう、プライバシーポリシーも翻訳するようにしてください。

    Appleのサービス。AppleのAPIを使用すると、Apple PayApple Wallet(英語)Appleでサインイン(英語)用のローカライズされたボタン、支払いシート、エラーメッセージなどを自動的に表示することができます。

    オーディオビジュアルメディア。AVKitおよびAVFoundationを使用して、App内のオーディオビジュアルメディアを別言語に対応させることもできます。これらのフレームワーク(英語)を使用すると、字幕やクローズドキャプションの表示機能や、オーディオやビデオの代替トラックを選択できる機能を簡単に組み込むことができます。

    ローカリゼーションサービス。外部のローカリゼーションサービスを利用してコンテンツを翻訳する場合は、その会社が特定の言語、文化、カテゴリを専門的に扱っているかどうかを調べ、翻訳の質の高さを確認するようにしてください。その会社にAppやコンテンツに関する背景情報を提供することで、翻訳の効率を高め、翻訳エラーを最小限に抑えることができます。重要な情報を記したガイドを作成するとよいでしょう。たとえば、キャラクターの名前や性格を紹介した説明書、ジョークやユーモアの説明、よく使用される用語の解説、訳文が使用される場所のスクリーンショットなどを提供すると効果的です。なお、機械翻訳だけに頼ることは避けましょう。機械翻訳では、文脈、文化的に配慮が必要な事柄、言葉のニュアンスを考慮することができず、不正確で低品質な翻訳になってしまうことがあるからです。たとえば、ホテルのAppにある「Book」というボタンが、「予約」ではなく「本」と間違って翻訳されてしまうといった事態が起きる可能性があります。

    ローカリゼーションをテストする

    Xcodeでテストプランを設定して、さまざまな環境でテストを簡単に実行し、テストするバリエーションを一か所で定義できるようにしましょう。これにより、サポートするデバイスや言語で、表示の欠落やレイアウトの重複、右から左に書く言語に関連した問題が発生していないかどうかを確認することができます。Localization Screenshots機能を使用すると、テストで問題がなかった場合にローカライズ済みのスクリーンショットを生成して書き出し、チュートリアル、マーケティング資料、App Storeのプロダクトページで使用することができます。Appのローカリゼーションが終わったら、TestFlightを使用して、目的のマーケット内の複数のユーザーにAppを共有し、フィードバックを集めてAppの改善を図りましょう。

    公開に向けて準備する

    プロダクトページをローカライズする

    App Store Connectで、Appの説明、キーワード、Appプレビューやスクリーンショットなど、Appが対応している各国や地域に対するApp Storeのメタデータをローカライズしましょう。また、Appの名前を翻訳したり、各マーケットの指向に合わせてキーワードをカスタマイズしたりして、現地のユーザーにとってAppがより魅力的に映るようにすることもできます。App Store Connect APIを使えば、メタデータのアップロードや複数のローカリゼーションの管理を自動化することができます。

    各国における支払い方法と価格

    支払いの処理はApp Storeが担当するため、コンテンツを簡単に世界中のユーザーに届けることができます。ユーザーは、クレジットカード、デビットカード、キャリア決済、デジタルウォレット、App StoreおよびiTunesのギフトカードで、AppやApp内課金の支払いをすることができます(地域によって利用できる方法が異なります)。

    AppやApp内課金の価格を決定する際は、App Store Connectで価格帯を選択します。価格帯には、それぞれの国や地域のマーケットに合わせて適切に調整された価格がすでに設定されています。自動更新サブスクリプションの場合は、利用可能なすべての通貨で、200の価格帯から各地域に合った適切な価格を選択することができます。

    マーケティング戦略を適合させる

    Appを新たなマーケットで公開する際は、マーケティング戦略をその地域に適合させて、Appとその価値をユーザーが簡単に理解できるようにしましょう。現地のユーザーの間で特に人気のあるソーシャルネットワークなどのチャネルは何かを調査し、それらを活用してAppを宣伝するようにしてください。こうしたチャネルには、マーケットによって大きな違いがある場合があります。スクリーンショット、バナー、広告など、マーケティングやユーザー獲得のための活動で使用する資料もローカライズしましょう。

    App Storeバッジ。Appのダウンロードを促すため、コミュニケーションの中で「App Storeからダウンロード」バッジを使用してください。Appが世界各国のユーザーに合わせて最適化されていることを伝えられるよう、ローカライズ済みのバッジが用意されています。バッジは、「App Storeマーケティングガイドライン」からダウンロードできます。

    Search Ads。さらにApple Search Adsを使用することで、Appをユーザーに見つけてもらいやすくすることができます。Search Adsを使用すると、60を超える国や地域で、AppをApp Storeの関連する検索結果の最上位に表示して宣伝することができます。詳細とデベロッパの事例は「Search Ads」でご確認いただけます。

    効果を評価する

    App Store ConnectのAppアナリティクスでお客様がAppをどのように見つけて使用しているかを調べ、新しくAppを提供し始めた地域でそのデータをフィルタしてみましょう。App Storeの検索または閲覧中にAppを見つけたユーザーの人数を調べ、初回ダウンロードに至ったビューの割合を測定します。ユーザーがその後もAppを使用し続けているかどうかを調べ、インストール数、セッション数、アクティブなデバイス数も確認してください。その後そのデータを、Appをより長期間提供してきた他のマーケットでのデータと比較します。これにより、パフォーマンスを改善するには、マーケティング戦略を調整したり、Appのローカライズ品質を高めたりする必要があることがわかる可能性があります。選択したマーケットで成果が出たら、新しいマーケットを見つけて追加のローカリゼーションを行い、さらに多くのお客様にすばらしいユーザー体験を届けましょう。

    Appアナリティクスについてさらに詳しく

    リソース

    Appやプロダクトページのローカリゼーションに必要なツール、ドキュメント、リソースをご確認いただけます。

    さらに詳しく