RSS
ドキュメントのアイコン

Human Interface Guidelines

全体的にアップデート:プラットフォーム別のガイダンスを統一ドキュメントに統合し、さらに簡単に参照できるようになりました。各プラットフォームの詳細についても引き続きご確認いただけます。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

Apple SDKの新機能

iOS 16、iPadOS 16、macOS 13、tvOS 16、watchOS 9向けの各SDKに用意されている最新テクノロジーについて説明します。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

Xcode 14

最新テクノロジーに関する詳細を加え、全体的にアップデート:SwiftとSwiftUIのシンプルさとパワーを活用し、新しいマルチプラットフォームApp体験の実現、強化されたエディタ機能を利用したより高速なコーディング、Xcode CloudからTestFlightやApp Storeに移行してテストおよびデプロイを始めたりすることができます。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

iOS 16

最新テクノロジーに関する詳細を追加し、全体的にアップデートしました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

iPadOS 16

最新テクノロジーに関する詳細を追加し、全体的にアップデートしました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

macOS 13

最新テクノロジーに関する詳細を追加し、全体的にアップデートしました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

watchOS 9

最新テクノロジーに関する詳細を追加し、全体的にアップデートしました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

Mac Catalyst

既存のiPad向けAppからMac向けAppへのビルドをさらに容易にする、最新の機能追加とAPIに関する詳細を追加しました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

SwiftUI

最新テクノロジーに関する詳細を追加し、全体的にアップデートしました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

WidgetKit

WidgetKitを使用し、コンプリケーションを作成する方法、ウィジェットをロック画面に表示する方法、ライブアクティビティを作成する方法の詳細を追加しました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

デベロッパのためのSiri

パラメータと別名に対応する新しいAppショートカットに関する詳細を追加しました。これは、新しいApp Intentsフレームワークを使用してビルドします。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

Appleマップのパワーを解放

ジオコーディング、Look Around、Selectable Map eaturesに加え、パフォーマンスの向上、データ使用量の削減、バッテリー持続時間の改善を実現する新しいMaps Server APIなど、新しいマップの機能に関する詳細を追加しました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

Metal

最新テクノロジーに関する詳細を追加し、全体的にアップデートしました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

ARKit 6がさらに充実

4Kビデオに関する詳細を更新。ビデオとキャプチャの機能が拡張され、HDRビデオとバックグラウンドでの高解像度のキャプチャに対応。モーションキャプチャを改善。ロケーションアンカーが新しい都市に対応。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

RoomPlanの紹介

ARKitを活用する新しいSwift APIとして、iPhoneやiPadのカメラとLiDARスキャナを使用して部屋の3D見取り図(部屋の寸法や家具のタイプなどの主要な特徴を含む)を作成するRoomPlanが登場しました。

新しいページを見る

ドキュメントのアイコン

Core ML

パフォーマンスレポート、およびAppをプロファイルするための測定基準に関する詳細を追加しました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

Create ML

視覚的評価および新しいCreate ML Componentsフレームワークに関する詳細を追加しました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

App Storeの新機能

App内課金、StoreKit、Appアナリティクス、Game Centerの最新の機能追加に関する詳細を全体的にアップデートしました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

パスキー

パスワードを使用することなく、各種プラットフォームでAppやWebサイトにシンプルかつ安全にサインインできるようにするために、パスキーを採用する方法を説明します。

新しいページを見る

Document icon

Apple Payの新機能

iPhoneでのTap to PayApple Payで後払い、注文の追跡、マーチャントトークンへの対応について説明します。

View new page

ドキュメントのアイコン

iPhoneでのTap To Pay

支払い用Appにおいて、クレジットカード、デビットカード、Apple Pay、Apple Watch、またはデジタルウォレットを内蔵するその他のスマートフォンを利用した非接触型決済ができるようになりました。追加端末やハードウェアは必要なく、iPhoneから直接決済を行うことができます。

新しいページを見る

ドキュメントのアイコン

Appleでサインイン

シングルサインオン環境を提供する教育AppやエンタープライズAppに対応する、勤務先と学校での「Appleでサインイン」に関する詳細を追加しました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

Game Center

新しいデザインのダッシュボードや、Leaderboardのアクティビティに関するプッシュ通知など、最新機能に関する詳細を追加しました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

ShazamKit

オーディオシグネチャのカスタムカタログ生成に関する詳細、およびセカンドスクリーン環境の作成や、時間上の主要ポイントにメタデータを割り当てることによってオーディオの再生に合わせて同期および反応するビルド機能に関する詳細を追加しました。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

cktoolの使用方法

Mac向けAppのcktoolを使用してCloudKit Console APIに用意されている機能にアクセスし、ローカル開発と統合テスト用のCloudKitセットアップ作業を容易に行う方法を紹介します。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

App Storeマーケティングツール

ローカライズされたアセットを作成するための言語オプションに、20言語以上が追加されました(アラビア語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、トルコ語を含む)。App Storeマーケティングツールでマーケティングアセットを作成して、リリース、オファー、ソーシャルメディアのアップデートなどをプロモーションすることができます。

ページを見る

ビデオアイコン

サブスクリプションを成功へと導く最適化:獲得

App Storeの機能を活用してサブスクリプション登録者数を増やし、ビジネスを成長させる方法について学びましょう。本ビデオでは、サブスクリプション登録者の獲得戦略から、実装のベストプラクティス、これらのプロセスをAppに統合する方法について紹介します。

ビデオを見る

ビデオアイコン

カスタムオファーコードの使い方

既存のオファーコードキャンペーンを、カスタマイズした繰り返し使えるコードによって補完することで、サブスクリプション登録者の獲得、維持をさらに柔軟にできます。本ビデオでは、オファーコードの最新の改善点、エンジニアリングガイダンス、ベストプラクティス、そしてサブスクリプションのための新しいコードの作成方法を紹介します。

ビデオを見る

ドキュメントのアイコン

Metal

低オーバーヘッドのMetal C++ヘッダを使用するグラフィックスAppやゲーム、ゲームエンジンにMetalの機能を追加できます。

ページを見る

ドキュメントのアイコン

Appのプロモーション

App Storeツールやプロモーションオファーなどを利用して、Appのダウンロード、App内課金、サブスクリプションを促進する方法をレビューします。

記事を見る

コードアイコン

Fruta:SwiftUIで作る機能豊富なApp

サンプルプロジェクトを更新しました。

  • どんなApple IDを設定したデバイスでも動作するよう、シンプルなデフォルトターゲットとしました。
  • Apple Developer Program のメンバーシップが必要な機能は、Xcode のツールバーから簡単に選択できる新しいターゲットに移動しました。
  • 最新のSDKでSwiftUIのアップデートをサポートします。

サンプルプロジェクトを見る

ドキュメントのアイコン

非表示Appの配信

Appが一般配信に適していない場合は、App Storeで非表示Appとしてリリースし、ダイレクトリンク経由に限定して、ユーザーに見つけてもらうことができます。

ページを見る