Metal 2

MetalではGPU (Graphics Processing Unit) にほぼダイレクトにアクセスできるため、macOS用アプリケーションでグラフィックスと演算のポテンシャルを最大限に活かすことができるようになりました。そしてMetal 2では、GPUがレンダリングパイプラインをより包括的にコントロールするようになったため、パフォーマンスがさらに向上しています。また、Metal Performance ShaderをMacで利用できるようになったことにより、単なるグラフィックスをはるかに超える表現をアプリケーションで実現できるようになります。Metal Performance Shaderには、Metalを使ったアプリケーションのデバッグ、最適化、導入を容易にする、強化されたデベロッパ向けツールも用意されています。

Metalについてさらに詳しく(英語)

MacにおけるVR

macOS High Sierraを使うことで、デベロッパやコンテンツ制作者が、VRでさらに上のレベルのインタラクティブ性を実現する美しいビデオや3Dコンテンツを製作できるようになります。Final Cut Pro X、SteamVR、Epic Unreal 4 Editor、Unity EditorなどのアプリケーションでExternal GraphicやHTC Vive VRヘッドセットを活用し、迫力のある360°ビデオや高度な3Dコンテンツを制作できます。

外部GPUへの対応

macOS High Sierraでは、Macで初めて外部グラフィックスプロセッサに対応しています。Thunderbolt 3接続に対応していれば、VRコンテンツ作成のような負荷の高いグラフィカルアプリケーションの開発やテストをあらゆるMacで行うことができます。

GPUへの対応についてさらに詳しく(英語)

Core ML

Siri、マップ、QuickType、カメラなど、Appleの多くのプラットフォームやサービスで基盤として用いられているものと同じ機械学習テクノロジーをご活用いただけます。Core MLでは、学習や予測といった機械学習モデルをアプリケーションに容易に組み込むことができ、たった数行のコードでアプリケーションがさらにインテリジェントなものになります。

Core MLについてさらに詳しく

Swift 4

堅固なSwift 3をベースとしたSwift 4は堅牢性や安定性にさらに優れ、Swift 3.1とソースコードの互換性が保たれています。標準ライブラリの改善や、スマートキーパスやシリアル化などの機能を追加しつつ、開発時間の短縮やアプリケーションバイナリのサイズ削減を実現しています。

Swiftについてさらに詳しく(英語)

Photos Project Extensions

ユーザーが写真ライブラリからプリント製品、ウェブサイト、スライドショーなどを作成する際、デベロッパが提供するアプリケーションやサービスに写真アプリケーションから直接アクセスできるようにすることができます。アプリケーションに新しいExtensionを追加することで、プロジェクトの機能を写真アプリケーションに組み込むことができ、Mac App Storeにターゲットされたリンクが表示されるため、ユーザーは簡単にアプリケーションを見つけることができます。写真アプリケーションに組み込まれた機能をmacOSの様々なネイティブAPIで活用すれば、写真アプリケーションのユーザーにより多くのクリエイティブな体験を届けることができます。

WebKit

WebKitはAppleが主導するオープンソースのブラウザエンジンで、最先端のウェブテクノロジーをSafariで利用可能にします。macOS High SierraではWebKitのパフォーマンスがさらに最適化され、対応するウェブ標準が拡大しています。これによってデベロッパはこれまで以上に魅力的なウェブページを作成してSafariで動作させることができるようになります。

Apple File System

モダンで安全なファイルシステムであるApple File System(APFS)はフラッシュやSSDストレージのレスポンスに最適化されており、macOS、iOS、tvOS、watchOSの各OSを通じて拡張し、データの整合性を保つことができるよう設計されています。新しいデフォルトのファイルシステムであるAPFSに対応するようアプリケーションを更新してください。詳しくは、「Apple File System Guide」をご確認ください。

HEVC

High Efficiency Video Coding(HEVC)は標準ベースの次世代ビデオ圧縮テクノロジーで、H.264と同じ画質で最大40%高い圧縮効率を実現しています。この規格にはmacOS High SierraiOS 11のAV Foundationが対応しており、メディアの保存や配信における次世代の重要なテクノロジーです。