フレームワーク

ARKit

iOSデバイスのカメラ機能とモーション機能を統合し、Appやゲームの中で拡張現実体験を生み出します。

概要

拡張現実(AR)は、デバイスのカメラからのライブビューに2Dや3Dのアイテムを追加して、そのアイテムがあたかも現実の世界に存在するかのように見えるユーザー体験です。ARKitは、デバイスのモーショントラッキング、カメラによるシーンの取得、高度なシーンの処理、便利な表示機能を組み合わせたもので、AR体験を容易に構築できるようにします。iOSデバイスのフロントカメラまたはバックカメラでこれらのテクノロジーを使って、さまざまなAR体験を生み出すことができます。

トピック

最初のステップ

カメラ

3D空間における位置や向き、カメラのビデオデータや露出など、ユーザーのiOSデバイスに関する詳細情報を取得します。

AR Quick Look

AppまたはWebサイトにAR体験を追加する、最も簡単な方法です。

表示

レンダリング処理するビューを使って、フル機能のAR体験を構築します。

ワールドトラッキング

ジオトラッキング

フェイストラッキング

フロントカメラフィードに現れる顔をトラッキングします。

人物

カメラフィードでARKitが認識した人物に対し、処理を行います。

画像トラッキング

物理的環境で画像を認識し、その位置と向きをトラッキングします。

オブジェクトの検出

最初にAppでオブジェクトをスキャンすることによって、実行時に既知のオブジェクトを認識します。

向きのトラッキング

位置のトラッキング

レンダリングエフェクト

マルチユーザー

ほかのデバイスと通信して共有AR体験を生み出します。

オーディオ

テキスト

アンカー付きのテキストを表示して、AR体験に注釈を追加します。

カスタム表示

独自のレンダラーを実装して、フル機能のAR体験を作成します。