SwiftUI

より優れたAppを、より少ないコードで。

SwiftUIでは、Swiftを利用してすべてのAppleプラットフォーム向けのユーザーインターフェイスを、革新的かつ極めてシンプルに構築することができます。1セットのツールとAPIを使用するだけで、あらゆるAppleデバイス向けのユーザーインターフェイスを構築できます。読みやすく自然に記述できる宣言型Swiftシンタックスにより、SwiftUIは新しいXcodeのデザインツールとシームレスに連携し、コードをデザインと完全に同期させます。Dynamic Type、ダークモード、ローカリゼーション、アクセシビリティに自動的に対応するため、SwiftUIのコードは、最初の1行の時点であなたがこれまでに書いた中で最もパワフルなUIコードになります。

宣言型シンタックス

SwiftUIは宣言型シンタックスを使用しているため、ユーザーインターフェイスの動作をシンプルに記述することができます。たとえば、テキストフィールドからなるアイテムのリストを作成すると書いてから、各フィールドの配置、フォント、色を記述するといった具合です。これにより、コードがかつてないほどシンプルで読みやすくなり、時間の節約と保守作業の負担軽減につながります。

この宣言型のスタイルは、アニメーションなどの複雑な概念にも適用されます。わずか数行のコードを書くだけで、ほとんどすべてのコントロールに簡単にアニメーションを追加し、すぐに使用できる様々なエフェクトを選択することができます。実行時には、スムーズな動きを生み出すために必要な手順を、すべてシステムが処理してくれます。また、割り込みにも対処するため、Appの安定性が維持されます。このように簡単にアニメーションを追加できるため、生き生きとしたAppを創る新たな方法が見つかることでしょう。

デザインツール

Xcode 11には、SwiftUIでのインターフェイス構築をドラッグ&ドロップのように簡単に行える直感的な新しいデザインツールが含まれています。デザインキャンバスでの編集内容と、隣接するエディタ内のコードはすべて完全に同期されます。コードを入力するとすぐにプレビューで確認でき、プレビューに何か変更を加えると直ちにコードに反映されます。変更内容はXcodeによって直ちに再コンパイルされ、実行中のAppに挿入されるため、いつでも確認、編集できます。

ドラッグ&ドロップ。ユーザーインターフェイス内のコンポーネントの位置は、キャンバス上でコントロールをドラッグするだけで調整できます。クリックするとインスペクタが開き、フォント、色、配置、その他のデザインオプションを選択できます。コントロールの調整を、カーソルで簡単に行うことができます。こうした視覚的なエディタで提供される機能の多くはコードエディタ内でも使用できるため、インターフェイスを手入力でコーディングすることを好む場合であっても、各コントロールに追加する新しい修飾子をインスペクタで見つけることができます。ライブラリからコントロールをドラッグして、デザインキャンバスまたはコード上に直接ドロップすることもできます。

ダイナミックリプレースメント。SwiftのコンパイラとランタイムはXcode全体に完全に埋め込まれているため、Appは常にビルドされ実行されます。表示されるデザインキャンバスは、単にユーザーインターフェイスに似せたものではなく、実際のAppそのものです。そしてSwiftの新機能の一つである「ダイナミックリプレースメント」を使って、Xcodeは編集したコードを実際のAppに直接組み入れることができます。

プレビュー。SwiftUIビューのプレビューを1つまたは複数作成して、サンプルデータを取得できるようになりました。これにより、ユーザーに表示されるほとんどすべての要素(大きなフォント、ローカリゼーション、ダークモードなど)をそれぞれに設定することができます。さらに、プレビューでは、作成したUIをどのデバイスのどの向きでも表示することができます。

すべてのAppleプラットフォームでネイティブに

SwiftUIは、世界で最も革新的かつ直感的なユーザーインターフェイスを数十年にわたり作成してきた経験に基づいて構築されました。コントロールや各プラットフォームに固有の体験など、ユーザーに愛されているAppleエコシステムのあらゆる要素を、コード内に美しく表現することができます。SwiftUIは真の意味でネイティブです。わずかなコードとインタラクティブなデザインキャンバスで、Appは各プラットフォームの素晴らしいテクノロジーに直接アクセスすることができます。