レレバント(妥当な)ショートカット

Apple WatchのSiriの文字盤にショートカットを表示します。

概要

レレバントショートカットを使うと、Apple WatchのSiriの文字盤にINShortcut(英語)オブジェクトを表示できます。このショートカットはアクションで、NSUserActivity(英語)またはINIntent(英語)オブジェクトとして定義します。特定の状況でユーザーにとって有意義で便利な機能を提供できます。例えば、ジムに到着したらワークアウトを開始したり、午前中に瞑想したりできるオプションをユーザーに提示できます。レレバントショートカットにはそれぞれ、1つのショートカットと、ユーザーにショートカットを提示する適切なタイミングをSiriに伝えるためのレレバントプロバイダ(オプション)が含まれます。

Siriの文字盤でショートカットを表示するには、INShortcut(英語)INRelevantShortcut(英語)を作成し、INRelevantShortcutStore(英語)を使ってシステムに保存します。レレバントショートカットはSiriの文字盤に表示されます。ここには、各ショートカットがカードに1つずつ表示されます。ユーザーがカードをタップすると、システムによってそのショートカットが呼び出されます。

レレバントショートカットを利用できるのはSiriの文字盤のみですが、ユーザーにレレバントショートカットを提示するために、iOS Appに対応するコンパニオンwatchOS Appを用意する必要はありません。

トピック

最初のステップ

App用のレレバントショートカットの定義

Apple WatchのSiriの文字盤に表示するレレバントショートカットをSiriに提供します。

class INRelevantShortcut(英語)

ショートカットとユーザーへの関連性を定義するオブジェクト。

class INRelevantShortcutStore(英語)

レレバントショートカットを保存するオブジェクト。

レレバントプロバイダ

class INRelevanceProvider(英語)

レレバントプロバイダを表す抽象クラス。

class INDailyRoutineRelevanceProvider(英語)

関連する日々の行動を指定するプロバイダクラス。

class INDateRelevanceProvider(英語)

関連する日時を指定するプロバイダクラス。

class INLocationRelevanceProvider(英語)

関連する位置情報を指定するプロバイダクラス。

Siriの文字盤カード

Siriの文字盤カードでのショートカット情報の表示

デフォルトのカードテンプレートを使ってApple Watch専用のショートカット情報をカスタマイズして表示します。

class INDefaultCardTemplate(英語)

Siriの文字盤でのショートカットをカスタマイズするためのカードテンプレート。

関連項目

ショートカット

SiriショートカットとショートカットAppによるユーザー操作の追加

カスタムのIntentおよびパラメータを追加することで、ユーザーがSiriやショートカットAppを使ってより迅速かつ効率的に操作できるようにします。

ショートカットのドネート(donate、提供)

ユーザーがAppで実行したアクションを行うショートカットを、Siriにドネートします。

ドネートしたショートカットの削除

ドネートした情報をSiriから削除します。

Soup Chef:ショートカットによる迅速なApp操作(英語)

Appのアクションを行うショートカットを提供することによって、ユーザーがSiriでAppを簡単に使えるようにします。

ショートカットの管理(英語)

ユーザーがSiriにショートカットを追加できるようにします。また、Appからユーザーにショートカットを提案します。

enum INShortcut(英語)

システムがユーザーに提案したり、ユーザーがSiriに追加したりできる、Appで利用可能なアクションです。

class INObject(英語)

カスタムのIntentパラメータを表すオブジェクト。