プログラムの更新

アカウントをアクティブな状態に保ち、ベータ版OSのリリース、Appの高度な機能、テクニカルサポート、Appの開発、テスト、配信を行うためのツールといったメンバーシップの特典を引き続き活用できるよう、メンバーシップを更新してください。

年間メンバーシップの更新

Apple Developer Webサイト

Webで登録した場合、アカウント(英語)の「Membership(メンバーシップ)」セクションで「Auto-Renew Membership(メンバーシップの自動更新)」のチェックボックスを選択することで、メンバーシップを自動更新するように設定できます。自動更新を選択した場合は、有効期限日に、Apple IDに関連付けられたデフォルトのクレジットカードまたはデビットカードに対してメンバーシップの年間登録料が請求されます。なお、自動更新の利用は特定の地域に限定されます。*

別の方法として、既存のメンバーシップの有効期限が切れる30日前から手動で更新することができます。また有効期限が切れた後でもいつでも更新できます。有効期限は、Apple Developer Webサイトのアカウントで確認できます。更新するには、登録に使用したApple IDアカウント(英語)にサインインし、「Renew Membership(メンバーシップを更新)」ボタンをクリックしてください。メンバーシップの有効期間中に更新する場合、現在のメンバーシップの有効期限が切れた時点で新しいメンバーシップが有効となり、新規のTechnical Support Incident (TSI) が2件追加されます。

メンバーシップの有効期限後に更新する場合は、更新手続きが完了し次第有効となります。無料で配信していたAppは、メンバーシップの更新から24時間以内に再びダウンロードできるようになります。有料Appは、App Store Connectにサインインし、有料App契約に同意した後、再度ダウンロードできるようになります。Appを再提出する必要はありません。新しいTSIが2件付与され、Apple Developer Programとは別途で追加購入したTSIがあれば、それも再度利用できるようになります。ただし、追加購入したTSIの有効期限は、発効日から1年間であることにご注意ください。

Apple Developer App

Apple Developer Appから登録した場合、メンバーシップは自動更新サブスクリプションとして自動的に更新されます。その際、iTunesとApp Storeのアカウントに関連付けられているデフォルトの支払い方法が使用されます。組織のクレジットカードを使用する必要がある場合は、デバイスの「設定」>「メディアと購入」セクション(iOS 14以降の場合)または「iTunesとApp Store」セクション(iOS 13.7以前の場合)にサインインしているApple IDにそのカードの情報を追加してください。このApple IDは、登録に使用したIDでなくても構いません。

Apple IDの支払い方法の管理についてさらに詳しく

サブスクリプションはいつでもキャンセルすることができ、メンバーシップの有効期限が切れるまでは、メンバーシップの特典を利用し続けることができます。有効期限は、Apple Developer Appの「Account(アカウント)」タブで確認できます。サブスクリプションをキャンセルしても、メンバーシップの有効期限が切れてから1年以内であれば、いつでも再登録することができます。

サブスクリプションの管理について詳しく

組織メンバーシップの詳細情報

メンバーシップの更新は、メンバーシップの自動更新を管理する権限があるAccount Holderが行う必要があります。組織のチームのメンバーは、アカウント(英語)の「Membership Information(メンバーシップ情報)」(セクションで、Account Holderの連絡先を確認できます。役割の詳細については、「プログラムにおける役割とApp Store Connectにおける役割」を参照してください。

デバイスリスト

メンバーシップを更新しない場合は、メンバーシップの有効期限が切れるまでの30日間、登録済みのテスト用デバイスのリストをダウンロードするか、有効期限の終了と同時にすべてのデバイスが即時に削除されるよう設定できます。

メンバーシップを更新する場合、Account HolderまたはAdminがメンバーシップの更新年度の開始後に「Certificates, Identifiers & Profiles(証明書、ID、プロファイル)(英語)」に初めてサインインすると、登録されているテスト用デバイスのうち、開発に使用しなくなったデバイスを削除するオプションが表示されます。特定のデバイスを選択して削除できるほか、すべてのデバイスを削除して、各デバイスタイプで使用できるデバイス数を100台に戻すことが可能です。既存のデバイスを削除せず、そのまま継続することもできます。このプロセスを完了すると、新しいデバイスを追加できるようになります。

有効期限が切れたメンバーシップ

Apple Developer Programメンバーシップの有効期限が切れると、Appはダウンロードできなくなり、新しいAppの提出や更新もできなくなります。プレリリース版ソフトウェア、「Certificates, Identifiers & Profiles(証明書、ID、プロファイル)」、Technical Support Incident (TSI) にもアクセスできなくなります。ただし、ユーザーがすでにインストールまたはダウンロードしたAppの機能は継続し、App Store Connectや無料の開発リソースには引き続きアクセスできます。

Apple Developer Enterprise Programメンバーシップの有効期限が切れると、Appはダウンロードできなくなり、すでにインストールまたはダウンロードしたユーザーも、そのAppを使用できなくなります。ただし、無料の開発リソースには引き続きアクセスできます。

メンバーシップを更新しない場合は、メンバーシップの有効期限が切れるまでの30日間、登録済みのテスト用デバイスのリストをダウンロードするか、有効期限の終了と同時にすべてのデバイスが即時に削除されるよう設定できます。このように設定しない場合、すべてのデバイスは、メンバーシップの有効期限が切れてから180日後に自動的に削除されます。

なお、iOS Developer University Programメンバーシップに有効期限はありません。

更新手続き中にアカウントに変更を加えることはできますか?

いいえ。Account Holderの役割の譲渡や個人メンバーシップから組織メンバーシップへの切り替えなど、アカウントへの変更は更新手続きの完了後に行う必要があります。