身元確認

Apple Developer Program または Apple Developer Enterprise Program に登録する際、Apple は申請者本人または申請者の組織の情報を確認します。

組織の情報を確認するプロセスは、いくつかの要素で構成されています。例としては、D-U-N-S 番号や組織として登録する際の法的権限の確認などがあります。各組織に対しては、申請者の法人に関連付けられている D-U-N-S 番号の提示が求められます。また、申請者が経営者または創立者ではない場合は、申請者が組織をプログラムに登録する法的権限および法的な契約を交わす権限を有していることを証明できる個人の情報を提示する必要があります。D-U-N-S 番号の詳細は、サポートページ をご覧ください。

Apple Developer Enterprise Program および iOS Developer University Program では、それぞれ個別の身元確認が必要です。プログラムに登録するには、新しく Apple ID を設定して通常の身元確認を受ける必要があります。

追加の身元確認

場合によっては、政府が発行した写真付き身分証明書を提出する必要があります。受付可能な身分証明書は、運転免許証、パスポート、ID カードなどです。

組織として登録する場合は、業務関連の公証書類の提出を求められることがあります。国によっては、申請者が Apple に提出する書類が原本の真正な謄本であることを公的に証明するための署名と押印を行う機関が存在します。書類の公的証明は、公証役場、銀行、郵便局など、公証人が執務する機関において受けることができます。

Developer Forums

質問を投稿したり、ほかのデベロッパや Apple のエンジニアと意見を交換したりできます。

ほかのデベロッパとディスカッションする

お問い合わせ

登録、メンバーシップ、ツールなどについてニーズに合ったサポートを受けることができます。

Apple Developer Support に連絡する