Apple Payのプランニング

高速、簡単かつ安全に商品やサービスを購入する方法をAppやWebサイトで提供しましょう。ベストプラクティスに基づいてApple Payを実装しているデベロッパは、チェックアウトコンバージョン率を大幅に向上させているだけでなく、カスタマーロイヤルティの向上、購入頻度の増加、チェックアウト時間の短縮などを実現させています。

Apple Payによる購入オプションの提示

Apple PayはアクティブなAppleデバイスのほとんどに対応しており、世界中の何億人ものユーザーによって利用されています。プロダクトの詳細ページ、カート、決済ページ、支払い設定など、ユーザーが支払い方法を選択したり、購入手続きを開始したりすることができる、あらゆるページにApple Payを追加することをお勧めします。

Apple Pay APIでは、AppやWebサイトで利用できる、タイプの異なるボタンがいくつも提供されています。各ボタンにはApple承認済みのキャプション、フォント、色、スタイルが表示され、さまざまなインターフェイスレイアウトに合わせて拡大/縮小された場合にも適切な比率が保たれるようになっています。UIのスタイルに合わせて、ボタンの角の丸みを設定することができます。また、ローカリゼーションとアクセシビリティのサポートも標準で組み込まれています。

詳しくは、「Human Interface Guidelines(英語)」および「Web上のApple Pay使用許諾ガイドライン」を参照してください。

ペイメントシートの表示

ユーザーが支払い方法としてApple Payを選択すると、ペイメントリクエストが作成されます。ペイメントシートは、ユーザーがApple Payボタンをタップした直後に表示される必要があります。別の画面やポップアップを挟んだ後に表示させることはできません(サイズや数量などの必要な製品情報を表示する場合は除きます)。

ペイメントシートには、ユーザーの名前、請求先住所、配送先住所、配送方法、電話番号、Eメールアドレスなどを含めることができます。表示する情報を決定する際には、そのトランザクションの実行に必要となる情報のみが表示されるようにしてください。明細項目に、配送料、税額、割引額などの関連する情報を追加設定することができます。

詳しくは、「Human Interface Guidelines(英語)」および「WebデモでのApple Pay(英語)」をご確認ください。

ペイメントトークンの処理

ユーザーによる購入の承認が得られれば、ユーザーの実際のクレジット/デビットカード番号を処理する必要はありません。代わりに、AppまたはWebサイトが、暗号化されたペイメントトークンを含むペイメントオブジェクトを受け取ります。ペイメントトークンには、デバイス固有のアカウント番号、金額、1回限りの一意のクリプトグラムなど、支払いトランザクションを完了するために必要な情報が含まれています。このトークンは、証明書の秘密鍵を持つマーチャントまたはマーチャントを代行するペイメントサービスプロバイダ(PSP)によって復号されます。復号されたトークンは、処理のため、ペイメントサービスプロバイダに渡される必要があります。

お客様

トランザクションには、暗号化されていない請求連絡先および配送連絡先と、暗号化されたペイメントトークンが含まれています。

マーチャント

ペイメントトークンを復号します。ペイメントサービスプロバイダが復号することも可能です。

ペイメントサービスプロバイダ

トークンを使って、eコマースでのクレジット/デビットカード認証を実行します。トークンには、1回限りのクリプトグラムが含まれています。

カードネットワーク

トークンを検証して、デビット/クレジットアカウントに変換した後、確認のためカード発行元に送信します。

カード発行銀行

ペイメントリクエストを受け取り、承認または拒否することができます。

Apple Pay対応のeコマースプラットフォームやペイメントサービスプロバイダ(PSP)をすでに利用している場合は、より簡単かつ短い時間でApple Payを組み込むことができます。別の方法として、AppやWebサイトからApple Payのペイメントトークンを受け取り、復号した後、通常の処理へと送信することができる、独自のソリューションを開発することもできます。ご利用のプラットフォームまたはPSPに問い合わせてApple Payに対応していることを確認するか、Appleによるプラットフォームおよびプロバイダのリストを参照してください。

Apple Payの最大活用

Apple Payによって、購入手続きが迅速になり、優れたカスタマーエクスペリエンスを新たに生み出すことができます。以下のベストプラクティスに従うことで、チェックアウトコンバージョン率の向上、カスタマーロイヤルティの向上、購入頻度の増加といった効果が得られます。

最適なボタンのタイプを選択する

ボタンで促されているアクションが、ユーザーが実行する必要があるアクションに一致するようにする必要があります。システムでは、AppやWebサイトで利用できるApple Payボタンのタイプとスタイルが複数提供されています。「Human Interface Guidelines(英語)」では、さらにカスタマイズするためのオプションを提供しています。Apple Payボタンは、スクロールせずに見えるところに目立つように表示してください。

プロダクトページ
カート
サブスクリプション
予約
カスタム

エクスプレスチェックアウトを実装する

プロダクトまたはカートのページでApple Payボタンを表示させることで、エクスプレスチェックアウトを提供します。ユーザーは、配送オプションや配送先住所をペイメントシートで直接選択できるため、情報の入力を一切せずに購入することができます。これにより、カートのキャンセル率が低減されるほか、全体的なコンバージョン率が向上します。

プロダクトページでのエクスプレスチェックアウト
カートページでのエクスプレスチェックアウト

支払い方法の選択をシンプルにする

AppではPassKit API(英語)、WebサイトではSafariのJavaScriptベースのAPI(英語)を使うことで、ウォレットにカードが設定されているユーザーを識別し、支払い方法としてApple Payが選択された状態にすることができるため、購入手続きを高速化できます。

Apple Payによって提供される情報を使う

Apple Payのペイメントシートには、ユーザーの名前、請求先住所、配送先住所、配送方法、電話番号、Eメールアドレスなどを含めることができます。これらのフィールドへの入力をユーザーに求めなくても済むようにしてください。ユーザーによるフィールドへの入力は、受け取る情報の質を低減させるほか、購入がキャンセルされやすくなります。

購入後のみに登録のオプションを提供する

購入前のアカウント登録は、購入手続きがキャンセルされる主な原因の1つです。Apple Payでは、ゲストとして購入することが簡単にできるため、購入が完了した後に、Appleでサインインを使ってApple IDでのアカウントをセットアップするオプションを提供できます。

購入手続き
アカウントの作成
iOS 14で利用可能

App ClipとApple Payで新しいコマース体験を提供

App Clipは瞬間における体験を素早く提供し、Appを完全にダウンロードすることなく、ユーザーが特定のタスクを実行するのに役立ちます。Apple PayApp Clipを組み合わせることで、新しくエキサイティングなオムニチャネルのコマース体験を実現でき、お客様を喜ばせつつ、売上やコンバージョンを増やすことができます。

App Clipで実現できる体験例:

  • 自宅に配送。お客様は店内で購入した製品を配送することができます。
  • 座席での会計。レストランのお客様は注文、請求内容の確認から食事の支払いまでできます。
  • 乗り物利用。 乗り物の利用者は、タップすることでスクーター、バイクなどに乗ることができます。
  • セルフレジ。利用者は、列に並ぶことなく、店内で支払いを済ますことができます。
  • 寄付。ユーザーはタップひとつで寄付することができます。

App Clipについてさらに詳しく

Apple Payへの対応

国および地域

Apple Payは、多くの国や地域でお客様が利用することができます。マーチャントが利用するペイメントサービスプロバイダがApple Payに対応している限り、どの国または地域のマーチャントもApple Payによる支払いを受け付けることができます。中国では、Web上のApple PayはiOSのSafariでのみサポートされています。

対応している国や地域を確認する

カードおよび銀行

Apple Payを使って支払いをするには、ユーザーはAppleウォレットにカードを追加する必要があります。Apple Payは、世界中の大手の銀行やカード発行会社が発行する、主要なクレジット、デビット、プリペイドカードの多くに対応しています。

対応している銀行を確認する

寄付

商品やサービスの購入にApple Payを使う際と同様に、ユーザーは便利で安全なApple Payを使って、支持するチャリティーへの寄付をオンラインで行うことができます。登録済みの非営利団体がAppやWebサイトで寄付を受ける場合、Appleによる承認が必要です。

寄付を受ける場合について詳しく確認する

App内のWebビュー

Appでの商品やサービスの購入にWebベースのインターフェイスを使い、Apple Payを利用できるようにするには、Appのネイティブコードにリクエストを移動する必要があります。AppがApple Payが組み込まれたサードパーティのWebコンテンツをSafariビューコントローラ(英語)で表示する場合、ユーザーはSafariでそのWebコンテンツを見ているときと同じように、Apple Payを使用することができます。

Web決済が可能なAppにApple Payを組み込むには、こちらの手順(英語)に従ってください。

トランザクションタイプ

Apple Payはeコマースのトランザクションタイプのほとんどをサポートしており、シンプルなビジネスモデルでも複雑なビジネスモデルでも柔軟に対応することができます。個々のビジネスモデルに適するApple Payの導入方法については、ご利用のペイメントサービスプロバイダにご相談ください。

以下は、Apple Payがサポートしているトランザクションタイプの例を示しています。サポートされるトランザクションタイプについては、ご利用のペイメントサービスプロバイダにお問い合わせください。

トランザクションタイプ

詳細

オーソリとキャプチャ

お客様の口座に資金を留保し、デベロッパの口座に送金する

商品をただちに配送できるオンラインショッピング

オーソリと遅延キャプチャ

お客様の口座に資金を留保し、デベロッパの口座に後で送金する

予約注文、チップを伴う配達サービス、オンライン注文の店舗受け取り

オーソリと異なる金額のキャプチャ

お客様の口座に資金を留保し、承認された金額よりも高い、あるいは低い金額で注文が完了した後デベロッパの口座に送金する

タクシー、スクーター

パーシャルシップメント(分割出荷)

分割して出荷される商品に対して、支払いを複数回に分割する

配達が複数回行われる複数商品の購入

定期サブスクリプション

決まった頻度および金額で定期的に発生する支払いに対応する

ジムの月額会費

不定期サブスクリプション

頻度が固定されていないサービス、またはユーザーが頻度を変更することのできるサービスの支払いに対応する

ユーザーが配達をスキップする、配達日付を変更する、配達の頻度を変更することのできる、食事の定期購入

変動料金サブスクリプション

消費量に応じて料金が変動するサービスの支払いに対応する

光熱費、初月にプロモーションがあるサブスクリプション

管理型サブスクリプション

ユーザーが頻度や量を変更できるサービスの支払いに対応する

非常に柔軟な食事のデリバリーサービス

トランザクションのキャンセル

キャンセルされたトランザクション、払い戻しされたトランザクション、申し立てが行われたトランザクションのため代金を返金する

支払い取り消し、無効になったトランザクション、返金

カードの確認

選択されたカードが、カード所有者の有効かつ優良な状態のアカウントであることを確認する

0ドルまたは1ドルのオーソリ

ガイドラインとドキュメント