App Reviewガイドライン

デベロッパによるイノベーションを通じて、アプリは人々の生活を豊かにし、新しい方法で世界に変革をもたらしています。結果としてApp Storeは、数百万というデベロッパと10億人以上のユーザーが集まる、興奮と活気にあふれた場所に成長してきました。Appleのプラットフォームでは、開発を始めたばかりの方も、経験豊富なプログラマーが活躍する大規模なチームも、さまざまなデベロッパがアプリを開発しています。Appleでは、アプリの審査プロセスをスムーズに通過していただくため、皆さまがガイドラインを理解できるようサポートしたいと考えています。

    はじめに

    App Storeのガイドラインの原則はシンプルで、ユーザーが安全にアプリを入手でき、すべてのデベロッパが成功するためのすばらしい機会を提供することです。私たちはApp Storeを提供することでこれを実現しています。すべてのアプリがエキスパートによって審査され、ユーザーが毎日新しいアプリを発見できるようエディターチームが高度にキュレーションを行っています。また、ユーザーの安全、セキュリティ、プライバシーに影響を及ぼす可能性のあるマルウェアやその他のソフトウェアがないことを確認するため、各アプリを検証しています。このような取り組みを通じて、Appleのプラットフォームは世界中のユーザーにとって最も安全なプラットフォームとなっています。

    欧州連合(EU)では、デベロッパは代替アプリマーケットプレイスで公証済みのiOSアプリを配信することもできます。代替アプリマーケットプレイスおよびiOSアプリの公証について詳細をご確認ください。なお、本ガイドラインの左側のメニューで「公証に関するReviewガイドラインのみをハイライトする」をクリックすると、iOSアプリの公証に適用される条項を確認できます。

    また、App Store以外では、いつでもオープンインターネットをご利用いただけます。App Storeのモデルとガイドライン、または代替アプリマーケットプレイスとiOSアプリの公証がご自身のアプリやビジネスモデルにとって最適ではない場合でも、AppleではSafariを通じて優れたWeb体験を提供しています。

    このページでは、ガイドラインを「安全性」「パフォーマンス」「ビジネス」「デザイン」「法的事項」という5つの主なセクションに分類しています。ユーザーやApple製品のニーズに対応できるよう、App Storeには常に変更や改善が加えられています。そのため、App Storeでアプリを提供し続けるためには、デベロッパのアプリにも変更や改善が求められます。

    Appleのプラットフォームでアプリを配信する際の注意点を以下に記載します。

    • 多くの子どもが、さまざまなアプリをダウンロードしています。子ども達の安全のためには機能制限(ペアレンタルコントロール)がとても役に立ちますが、皆さまにもそのために果たすべき役割があります。Appleでは常に子どもの安全にも配慮している点にご留意ください。
    • App Storeではアプリを世界中の何億もの人々に届けることができます。家族や友達に見せるために開発するアプリをApp Storeで公開するのは、最善ではありません。Xcodeを使用して無料でアプリをデバイスにインストールするか、Apple Developer Programメンバーにご利用いただけるAd Hoc配信をご検討ください。Appleプラットフォームでの開発をこれから始める方は、まずApple Developer Programの詳細をご確認ください。
    • アプリの品質が高く、ユーザーの多様な意見に敬意が払われている限り、App Storeではあらゆる見解を自由に公開することができます。Appleでは、そのコンテンツや挙動が許される限度を超えていると考えられるアプリを却下します。では、その限度とは何でしょうか。それを説明するには、最高裁判所の判事がかつて述べた、「見ればわかる」という言葉がヒントになります。もしその限度を超えたときは、本人がそのことを一番知っているはずです。
    • システムに対して不正行為(審査プロセスに対する不正、ユーザーデータの不正取得、他のデベロッパが作成したアプリのコピー、アプリの評価やApp Storeでの発見性の不正操作など)があった場合、そのデベロッパのアプリはApp Storeから削除され、デベロッパはApple Developer Programから除名されます。
    • デベロッパは、アプリがすべての点において本ガイドラインに準拠していることを確認する責任があります。広告ネットワーク、分析サービス、サードパーティ製のSDKも含め、注意深く検証して選択するようにしてください。
    • デベロッパに一般提供されていない機能やテクノロジーの中には、限定された使用ケースにおいてエンタイトルメントが付与される場合があるものがあります。たとえば、CarPlayオーディオ、ハイパーバイザ、特権ファイル操作についてはエンタイトルメントを付与しています。エンタイトルメントについて詳しくは、developer.apple.comで提供されているドキュメントを確認してください。

    本ガイドラインが、審査プロセスの通過に役立ち、承認と却下の決定における一貫性を保つ一助となることを願っています。この文書は今後変更される可能性があります。新しいアプリの開発により新しい疑問が生じることもあり、その場合は随時新しい規定が追加される可能性があります。そのような変化を生み出すのは皆さまのアプリかもしれません。Appleは変化を歓迎し、デベロッパの成果に敬意を表します。デベロッパの皆さまが才能を発揮し、同時に十分な収益を得ることができる、世界でもっとも優れたプラットフォームを実現するため、Appleは全力で取り組んでいます。

    提出前

    App Reviewをできるだけ円滑に進めるため、以下に挙げるような、審査プロセスを遅らせる原因または却下の原因となるものをあらかじめご確認ください。このリストはガイドラインの代わりになるものではなく、承認を保証するものでもありませんが、最初にリストの全項目をご確認いただくことをお勧めします。正常に機能しなくなったアプリや、サポートされなくなっているアプリは、App Storeから削除されます。App Storeの改善について詳しくは、こちらでご確認ください。

    以下についてご確認ください。

    • アプリのクラッシュとバグをテストする
    • アプリのすべての情報とメタデータが完全で正確であることを確認する
    • App Reviewからの連絡が必要になった場合に備え、デベロッパの連絡先情報を最新のものに保つ
    • App Reviewがアプリにフルアクセスできるようにする:アプリがアカウント情報をベースにした機能を含む場合は、有効なデモアカウントまたは全機能を使用できるデモモードを用意します。アプリの審査に必要となる可能性があるその他のハードウェアやリソース(ログイン情報やサンプルQRコードなど)についても用意してください。
    • 審査の際に使用できるよう、バックエンドサービスを有効にする
    • App Reviewの「メモ」欄に、わかりにくい機能やアプリ内課金の詳細な説明を明記する(該当する場合はサポート文書なども含む)
    • アプリが以下に例を挙げる文書のガイダンスに従っていることを確認する

    ASRとNRマークのあるガイドラインは、EUにおけるiOSアプリ向けの公証に適用されます。

    1.安全性

    App Storeからアプリをインストールする際、ユーザーは、その安全性、つまりアプリに不適切または不快なコンテンツが含まれず、デバイスを損傷することがなく、使用しても物理的な危害が生じないものとして期待しています。以下に主な注意点をまとめます。デベロッパが、ユーザーを動揺させ不快にさせることを目的としている場合、App Storeでアプリを公開することはできません。こうした規定の一部は、iOSアプリの公証にも適用されます。

    • 1.1 不適切なコンテンツ

      アプリに不適切なコンテンツ、無神経なコンテンツ、動揺させるコンテンツ、嫌悪感を与えるコンテンツ、極めて悪趣味または不快なコンテンツを含めることはできません。以下は、そのようなコンテンツの例です。

      • 1.1.1 宗教、人種、性的指向、性別、出身国/民族、その他特定のグループへの偏った言及または解釈など、中傷的、差別的、悪意のあるコンテンツ。特に、アプリによって特定の個人またはグループが侮辱される、脅迫される、損害を被る可能性がある場合。この要件は通常、専門家による政治風刺/ユーモアには適用されません。
      • 1.1.2 人間または動物の殺害、負傷、拷問、虐待のリアルな描写。または暴力を助長するようなコンテンツ。ゲーム上の「敵」を、特定の人種や文化、実際の政府や企業、その他の実在する事業体として設定することは許可されません。
      • 1.1.3 武器や危険物の違法使用や配慮に欠けた使用を助長するような表現、または銃や弾薬の購入を助長するような表現。
      • 1.1.4 「美的または情緒的な感覚ではなく、性的興奮を引き起こすような、性器または行為の明確な記述または表示」と定義される、あからさまに性的またはわいせつなコンテンツ。これには、ポルノグラフィを含む、または売買春、人身売買、搾取を幇助するために使われる「出会い系」やその他のアプリも含まれます。
      • 1.1.5 扇動的な宗教的解釈、不正確もしくは誤解を招くような宗教的文書の引用。
      • 1.1.6ASRとNR 偽の位置追跡情報などの不正確なデバイスデータまたはトリック/ジョークの機能を含む、偽情報/不正確な情報および機能。アプリが「娯楽用」と明記されている場合も、このガイドラインは適用されます。匿名またはいたずら目的で、電話やSMS/MMSメッセージ送信を可能にするアプリは却下されます。
      • 1.1.7 最近または現在の事象(暴力的な紛争、テロ攻撃、感染症など)を収益化する、または収益を得ることを意図した有害な概念。
    • 1.2 ユーザー生成コンテンツ

      ユーザ生成コンテンツを含むアプリでは、知的財産の侵害や匿名のいじめなどを含む、特殊な問題が生じることがあります。悪用を防ぐため、ユーザー生成コンテンツやソーシャルネットワーキングサービスを含むアプリは以下を備えている必要があります。

      • 不適切な内容がアプリに投稿されることを防ぐ手段
      • ユーザーが不適切なコンテンツを報告し、それに対して迅速に対応することができる仕組み
      • 不適切な言動を行うユーザーをブロックする機能
      • ユーザーがすみやかに連絡できる、デベロッパの連絡先情報

      わいせつなコンテンツ、チャットルーレットスタイルのサービス、実在する人物を対象にしたもの(「美しいかそうでないか」の投票など)、身体的な脅威、嫌がらせなどが主な目的として使用されるようなユーザー生成コンテンツまたはサービスを用いるアプリは、App Storeでは許可されず、事前の予告なく削除される場合があります。Webベースのサービスのユーザー生成コンテンツを含むアプリで、コンテンツがデフォルトで非表示になっており、ユーザーが当該Webサイトで表示をオンにしたときのみ、成人向けの「職場閲覧不適切」コンテンツでも偶発的に表示されるものであれば、認められる場合もあります。

      • 1.2.1 クリエイターコンテンツ
        「クリエイター」と呼ばれるユーザーの特定コミュニティが作成したコンテンツを提供するアプリの場合、適切なモデレーションにより、優れた体験を生み出すことができます。そのようなアプリは、デベロッパではないクリエイターが提供する多種多様なコンテンツを一か所にまとめて、ユーザーが楽しめる場を提供し、同時に、これらのコミュニティがユーザー生成コンテンツを作成、共有し、収益化するためのツールやプログラムを提供するものです。これらのコンテンツは、この種のネイティブアプリの主要な機能に変更を加えるものではなく、体系化されたアプリの体験に新たなコンテンツを加えるという形で提供されるべきです。クリエイターコンテンツは、デベロッパがコーディングしたネイティブのアプリ自体ではなく、アプリ内で提供されるコンテンツであり、App Reviewではユーザー生成コンテンツとして取り扱われます。クリエイターコンテンツの例として、ビデオ、記事、オーディオの他、簡単なゲームなどがあげられます。App Storeでは、これらのユーザー生成コンテンツを提供するアプリを配信することができます。ただし、ユーザー生成コンテンツのモデレーションに関するセクション1.2、および支払いとアプリ内課金に関するセクション3.1.1を含む、本ガイドラインのすべての条項に準拠している必要があります。クリエイターコンテンツを提供するアプリの年齢制限指定には、アプリ内で利用できるコンテンツの年齢制限の中で最も高い年齢を設定し、また、どのコンテンツには追加購入が必要かをユーザーに伝えるようにしてください。
    • 1.3 「子ども向け」カテゴリ

      「子ども向け」カテゴリでは、子ども向けに制作されたアプリを簡単に見つけることができます。「子ども向け」カテゴリに参加する場合は、子どもにとって良い経験を提供できるアプリの制作に注力してください。これらのアプリでは、アクセスに保護者の承認が必要な部分を除き、アプリ外へのリンク、課金要素、その他子どもに不向きなコンテンツを含めることはできません。アップデートで「子ども向け」カテゴリのアプリからそのカテゴリを外すことにした場合でも、ユーザーはそのアプリが「子ども向け」カテゴリの要件を満たしていることを期待するため、引き続き「子ども向け」カテゴリのガイドラインに従う必要があります。詳しくは、「ペアレンタルゲート」の情報をご確認ください。

      子どもからデータをオンラインで収集することに関して、世界各地で適用されるプライバシー保護法に準拠する必要があります。詳しくは、このガイドラインの「プライバシー」のセクションをご参照ください。さらに、「子ども向け」カテゴリのアプリでは、個人を特定できる情報またはデバイス情報をサードパーティに送信することはできません。また、「子ども向け」カテゴリのアプリには、サードパーティ製の分析機能や広告を組み込むことはできません。これにより、子ども達にとって、より安全な環境を提供することができます。特定のケースに限り、サードパーティ製の分析機能を組み込むことが許可される場合もあります。その場合、対象のサービスが、IDFAまたは子どもを特定できる情報(名前、生年月日、メールアドレスなど)、位置情報、デバイス情報を収集または送信しないことが条件となります。そうした情報には、直接的にまたは別の情報と組み合わせることによってユーザーおよびユーザーのデバイスの特定につながる、デバイス情報、ネットワーク情報、その他の情報が含まれます。限られたケースでは、サードパーティのコンテンツ連動型広告を組み込むことが許可される場合もあります。この場合は、そのサービスが、「子ども向け」カテゴリのアプリに対する手法およびポリシーに関する文書を公開していることが条件となり、その手法やポリシーには、広告素材が年齢に応じた適切なものであることについて、人による審査を実施することが定められている必要があります。

    • 1.4 物理的な危害ASRとNR

      アプリの挙動によって物理的な危害が生じる可能性がある場合、そのアプリは却下されます。以下に例を挙げます。

      • 1.4.1ASRとNR 不正確なデータまたは情報を提示する可能性がある医療用アプリや、患者の診断や治療に使用される可能性がある医療用アプリは、特に厳しく審査されます。
        • 健康に関する測定値の精度を立証できるよう、データや手法を明確に公開する必要があります。精度や手法の有効性が確認できない場合、そのアプリは却下されます。たとえば、デバイスのセンサーのみを使用して、レントゲン写真を撮影したり、血圧、体温、血糖値、血中酸素濃度を測定したりできると主張するアプリは許可されません。
        • ユーザーに、医療上の判断においてはアプリの使用だけに頼らず、医師の診断が必要であることを通知する必要があります。
        医療用アプリが規制当局の認可を受けている場合は、アプリと合わせて該当する文書へのリンクを提出してください。
      • 1.4.2ASRとNR 薬物の用量算出アプリは、製薬会社、病院、大学、健康保険会社、薬局、その他の許可を得た事業体によって提供されているか、FDAまたは各国の同等機関により承認されていることが必要です。Appleでは、患者への潜在的な悪影響を考慮して、アプリが長期間にわたってサポートされ、アップデートされることを確認する必要があります。
      • 1.4.3 たばこや電子タバコ(関連製品を含む)、違法薬物、過度のアルコールの摂取を助長するアプリは許可されません。未成年者によるこれらの摂取を促すアプリは却下されます。また、規制薬物の販売(許認可を受けた薬局、または許認可済みかその他の合法的な大麻ディスペンサリによる販売を除く)、およびたばこの販売を幇助することは認められません。
      • 1.4.4ASRとNR アプリでは、法執行機関によって公開されている飲酒・薬物の影響下での運転の検問所のみを表示し、決して飲酒運転やスピード超過などの危険な行為を助長してはなりません。
      • 1.4.5ASRとNR アプリで、ユーザーに賭け事やチャレンジなどへの参加を促すことや、ユーザー本人または他人に物理的危害を与えかねないデバイスの使用を促すことはできません。
    • 1.5 デベロッパ情報ASRとNR

      質問やサポートに関する問題について問い合わせるため、デベロッパへの連絡方法がユーザーに明示されている必要があります。アプリの中で、またサポートURLによって、デベロッパに簡単に連絡できるようにしておく必要があります。これは、授業で使用するアプリの場合、特に重要です。正確で最新の連絡先情報を記載していない場合は、ユーザーが不快な思いをするだけでなく、国や地域によっては法律違反となります。またウォレットパスは、発行者の有効な連絡先情報が記載され、パスのブランドまたは商標の所有者に割り当てられた専用の証明書を使用して署名されている必要があります。

    • 1.6 データのセキュリティASRとNR

      アプリでは、Apple Developer Program使用許諾契約および本ガイドライン(詳しくはガイドライン5.1を参照)に従って、収集されたユーザー情報を適切に取り扱い、サードパーティによる不正な使用、開示、アクセスを防ぐため、適切なセキュリティ対策を施す必要があります。

    • 1.7 犯罪行為の報告

      犯罪行為の疑いがある活動を報告するためのアプリは、現地の法執行機関による協力や関与を得たものである必要があり、そのような協力や関与が実施されている国や地域でのみ提供できます。

    2.パフォーマンス

    • 2.1 アプリの完全性

      App Reviewに提出するアプリ(予約注文に対応するアプリも含む)は、必要となるあらゆるメタデータや有効なURLを含む最終バージョンである必要があります。プレースホルダテキスト、コンテンツのないWebサイト、その他の一時的なコンテンツはすべて提出前に取り除く必要があります。提出前に、実際にデバイスを使用してアプリのバグおよび安定性をテストし、ログインが必要な場合はデモアカウント情報を記載してください(また、バックエンドサービスを有効にしてください)。法律上またはセキュリティ上の義務のためデモアカウントを用意できない場合は、Appleによる事前の承認を得た上で、デモアカウントの代わりにデモモードを内蔵することも可能です。その場合は、デモモードでアプリの機能をすべて確認できるようにしてください。アプリ内課金を含む場合は、その機能が完全かつ最新で、審査側に明示されているようにしてください。それが不可能な場合は、その理由を「メモ」欄で説明してください。App Reviewをソフトウェアのテストサービスとは考えないでください。クラッシュする、または明らかな技術上の問題がある不完全なアプリバンドルやバイナリは却下されます。

    • 2.2 ベータ版テスト

      デモ版、ベータ版、トライアル版のアプリではApp Storeでは公開せず、代わりにTestFlightを使用してください。TestFlightを使ってベータ版配信のために提出されるアプリは、一般公開に向けて「App Reviewガイドライン」に準拠している必要があります。ただし、TestFlightを使用しているアプリは、クラウドファンディングの報酬など、何らかの対価としてテスターに配信することはできません。ベータ版への大きな更新がある場合は、テスターに配信する前にTestFlight App Reviewに提出する必要があります。詳しくは、「TestFlightベータ版テスト」のページをご参照ください。

    • 2.3 正確なメタデータASRとNR

      ユーザーがアプリをダウンロードまたは購入することで何を得るのかが明確にわかるように表示する必要があります。そのため、プライバシー情報、アプリの説明、スクリーンショット、プレビューといったアプリのメタデータすべてが、アプリの主要な体験を正確に反映するようにしてください。また、新しいバージョンの提供時には、これらの情報を最新の状態にしてください。

      • 2.3.1
        • (a)ASRとNR アプリに隠れた機能、非アクティブな機能、明文化していない機能を含めないでください。エンドユーザーにも、App Reviewチームにも、アプリの機能が明確に伝わる必要があります。新しい機能、特徴、プロダクト変更はすべて、App Store Connectの「Notes for Review(審査向けのメモ)」のセクションに具体的に記載し(具体性に欠ける説明は却下されます)、審査時に参照できるようにする必要があります。同様に、App Storeの内外にかかわらず、実際には提供されないコンテンツやサービス(iOSベースのウイルスチェックツールやマルウェアチェックツールなど)または誤った価格を宣伝するなど、誤解を招く方法でアプリのマーケティングを行った場合は、アプリがApp Storeから削除されるか代替配信経由のインストールがブロックされ、デベロッパアカウントが停止される理由となります。
        • (b)重大または繰り返しの違反行為は、デベロッパのApple Developer Programからの除名の理由となります。AppleはApp Storeを信頼できる場所にするよう努めており、デベロッパの協力も必要としています。不誠実なデベロッパとビジネスを行うことはできません。
      • 2.3.2 アプリ内課金を含める場合は、アプリの説明、スクリーンショット、プレビューによって、特定のアイテム、レベル、サブスクリプションなどに追加購入が必要かどうかが明確にわかるようにしてください。App Storeでアプリ内課金をプロモーションする場合は、アプリ内課金の表示名、スクリーンショット、説明の内容を一般ユーザー向けに適したものにし、「アプリ内課金のプロモーション」の指定に従ってください。また、アプリの起動時にユーザーがスムーズに購入を行うことができるよう、SKPaymentTransactionObserverメソッドを適切に実装してください。
      • 2.3.3 スクリーンショットは、単なるタイトル画面、ログインページ、スプラッシュ画面ではなく、利用中のアプリの画面を写したものである必要があります。文字や画像のオーバーレイ(タッチポイントのアニメーションやApple Pencilでの入力方法の実演など)や、Touch Barなどのデバイス機能を表示することもできます。
      • 2.3.4 プレビューは、アプリの様子や機能をユーザーに確認してもらうために役立ちます。アプリでどのようなことができるかユーザーが確実に理解できるように、プレビューにはアプリで実際に用いられる画像以外は使用しないでください。ステッカーやその他のiMessage Extensionを用いると、メッセージアプリの様子をユーザーに伝えることができます。ビデオのみでは明確でない部分がある場合、ビデオにナレーションを追加したり、図柄やテキストを重ねて説明したりすることができます。
      • 2.3.5ASRとNR アプリに最適なカテゴリを選択してください。不明な点がある場合は、App Storeのカテゴリの定義を確認してください。カテゴリがまったく適していない場合は、Appleがカテゴリを変更する場合があります。
      • 2.3.6ASRとNR アプリにペアレンタルコントロールが正しく適用されるように、App Store Connectの年齢制限指定に関する質問には正直に回答してください。対象年齢が正しく設定されていないと、予期していなかった内容でユーザーを驚かせたり、政府の規制機関による調査対象となったりする場合があります。コンテンツレーティングや警告の表示が必要なメディア(映画、音楽、ゲームなど)がアプリに含まれている場合、デベロッパにはアプリを配信する国や地域の要件を遵守する責任があります。
      • 2.3.7ASRとNR 独自性のあるアプリ名を選び、アプリを正確に説明するキーワードを選んでください。App Storeのシステムを操作する目的で、メタデータに商標登録用語、人気のアプリ名、価格情報、その他無関係のフレーズを盛り込むことは認められません。アプリ名は30文字以内にする必要があります。なお、アプリ名、サブタイトル、スクリーンショット、プレビューなどのメタデータには、メタデータタイプに該当しない価格、用語、説明などは含めないでください。アプリにサブタイトルをつけると、内容についてさらに伝えることができます。サブタイトルはApple標準のメタデータの規定に従って作成する必要があり、不適切なコンテンツ、他のアプリへの言及、製品について真偽を証明できない訴求などを含めることはできません。Appleには、不適切なキーワードを随時修正したり、悪用を防ぐためにその他の適切な措置を講じたりする権限があります。
      • 2.3.8ASRとNR メタデータは、すべてのユーザーに対して適切なものである必要があります。そのため、アプリの年齢制限指定が高い場合でも、アプリやアプリ内課金のアイコン、スクリーンショット、プレビューは「4歳以上」の対象年齢にふさわしいものにしてください。たとえば、暴力的な描写を含むゲームアプリの場合でも、恐ろしい死の描写や特定のキャラクターに銃が向けられている画面は使用しないでください。アプリのメタデータに「子ども用」といった用語を使用できるのは、App Storeの「子ども向け」カテゴリのアプリに限られます。混乱を避けるため、アプリの名前やアイコン(小アイコン、大アイコン、Apple Watchアプリ用のアイコン、代替アイコン)などのメタデータは、一貫して類似したものである必要があります。
      • 2.3.9 デベロッパは、アプリのアイコン、スクリーンショット、プレビューなどあらゆる素材データを使用する権利を確保する責任があります。また、実在のユーザーのデータではなく架空のアカウント情報を表示してください。
      • 2.3.10 アプリはiOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSでの使用を前提としてください。承認された特定のインタラクティブ機能がある場合を除き、他のモバイルプラットフォームまたは代替アプリマーケットプレイスの名前、アイコン、画像をアプリまたはメタデータに含めることはできません。アプリのメタデータとして記述できるのは、アプリとその操作性に関する情報のみです。関係のない情報は含めないでください。
      • 2.3.11 App Storeでの予約注文に対応するアプリを提出する場合は、提出時点でアプリが完成しており、配信可能な状態になっている必要があります。最終的にリリースするアプリが、予約注文時にプロモーションしたものと著しく異なることがないようにしてください。アプリに大きな変更を加える場合(ビジネスモデルの変更など)は、予約注文の販売をあらためて最初から行う必要があります。
      • 2.3.12 アプリの「新機能」のテキストとして、新しい機能や製品の変更について明確に記述する必要があります。簡単なバグ修正、セキュリティアップデート、性能改善については汎用的な「説明」欄を使用できますが、より重要な変更事項は「新機能」欄に記載する必要があります。
      • 2.3.13 アプリ内イベントは、アプリ内で提供するタイムリーなイベントです。App Storeでイベントを公開するには、App Store Connect上で規定するイベントタイプに該当する必要があります。すべてのイベントメタデータは正確であり、アプリ全般に関するものではなく、直接イベントに関わるものである必要があります。イベントはApp Store Connect上で選択した日時で開催される必要があります(複数のストアフロントに関わる場合も含む)。本ガイドラインのセクション 3「ビジネス」の規定に違反しない限り、イベントの収益化は認められます。イベントのディープリンクは、アプリ内の正しいコンテンツに直接誘導する必要があります。アプリ内イベントで、認められるイベントメタデータとディープリンクに関するガイドラインの詳細を確認してください。
    • 2.4 ハードウェアの互換性
      • 2.4.1 ユーザーがアプリを最大限に活用できるように、iPhone向けのアプリは可能な限りiPadでも実行できるようにしてください。Appleは、ユーザーがすべてのデバイスで使用できるように、ユニバーサルアプリの構築を検討することをお勧めします。詳しくは、「ユニバーサルアプリ」をご確認ください。
      • 2.4.2ASRとNR 電力を効率的に使用できるように、またデバイスを損傷させるおそれのない方法で使用できるようにアプリを設計してください。アプリが急速にバッテリーを消費すること、過度な熱を発生させること、デバイスのリソースに不必要な負荷をかけることがないようにしてください。たとえば、充電中にデバイスをマットレスや枕の下に置くよう促したり、ソリッドステートドライブに過剰な回数の書き込みを行ったりするなどが例として挙げられます。アプリでは、サードパーティの広告が表示されるものも含め、暗号通貨のマイニングのような無関係なバックグラウンドプロセスを実行することはできません。
      • 2.4.3 Apple TV用のアプリは、Siri Remoteやサードパーティ製ゲームコントローラ以外のハードウェアによる入力がなくても使用できるようにする必要があります。ただし、他の周辺機器を接続することで機能がさらに高まるようにすることは問題ありません。ゲームコントローラを必須とする場合は、追加の機器が必要であることをユーザーが理解できるよう、メタデータの中で明確に説明してください。
      • 2.4.4ASRとNR デバイスの再起動や、アプリの中心的な機能に無関係なシステム設定の変更をアプリ内で推奨または要求することは認められません。(Wi-Fiをオフにする、セキュリティ機能を無効にするなど)。
      • 2.4.5 Mac App Storeから配信されるアプリには、以下の追加要件が適用されます。
        • (i)アプリは適切にSandbox化され、「macOS ファイルシステムドキュメント」に準拠している必要があります。また、他のアプリによって保存されたユーザーデータ(ブックマーク、連絡先、カレンダーのエントリなど)を修正する場合、適切なmacOS APIのみを使用する必要があります。
        • (ii)アプリはXcodeで提供されるテクノロジーを使用してパッケージ化し、提出する必要があります。サードパーティ製のインストーラは使用できません。また、自己完結型の、単一のアプリインストールバンドルである必要があります。コードまたはリソースを共有ロケーションにインストールすることはできません。
        • (iii)アプリを自動的に起動することは許可されません。また、アプリの起動時やログイン時に、同意または開始プロセスを経ることなく別のコードを自動的に実行したり、ユーザーの同意を得ることなくアプリの終了後にコードの実行を継続したりすることはできません。アプリのアイコンを自動的にDockに追加することや、ショートカットを自動的にユーザーのデスクトップに作成することは許可されません。
        • (iv)アプリによってスタンドアロンアプリ、KEXT、追加のコード、リソースがダウンロードまたはインストールされ、機能が追加されるようにすることは許可されません。また、審査プロセスの後でアプリを大きく変更することはできません。
        • (v)アプリでルート権限へのエスカレーションまたはsetuid属性の使用を要求することはできません。
        • (vi)ライセンス画面をアプリの起動時に表示する、ライセンスキーを要求する、独自のコピー保護を実装することがないようにしてください。
        • (vii)アップデートの配信にはMac App Storeを使用する必要があります。その他のアップデート方法は許可されません。
        • (viii)アプリは現行のOSで動作する必要があります。非推奨の、または任意でインストールされるテクノロジー(Javaなど)を使用することはできません。
        • (ix)アプリがサポートするすべての言語とローカリゼーションは、単一のアプリバンドルにする必要があります。
    • 2.5 ソフトウェア要件
      • 2.5.1ASRとNR アプリでは公開APIのみ使用でき、現行のOSで動作する必要があります。公開APIについて詳しくは、こちらをご確認ください。アプリは常に最新の状態に保ち、今後のOSバージョンでサポートが終了し、非推奨となる機能、フレームワーク、テクノロジーは段階的に使用を止めてください。アプリではその用途に合ったAPIおよびフレームワークを使用し、その内容をアプリの説明に記載してください。たとえば、HomeKitフレームワークを使用する場合はホームオートメーションサービスを提供するものである必要があります。HealthKitはヘルスケアとフィットネスの目的で、ヘルスケアアプリに統合し使用される必要があります。
      • 2.5.2ASRとNR アプリはバンドル内で完結している必要があります。他のアプリを含め、指定されたコンテナエリア外に対するデータの読み書き、またはアプリの機能を導入したり変更したりするコードをエリア外からダウンロード、インストール、実行することは許可されません。実行形式のコードの学習や開発、学生によるテストを目的とした教育用アプリでは、コードが他の目的で使用されないという、限られた状況での使用に限り、コードのダウンロードが許可される場合があります。こうしたアプリでは、ユーザーがアプリ上でソースコードの全体を確認し、編集できるようにしておく必要があります。
      • 2.5.3ASRとNR プッシュ通知やGame Centerを含むオペレーティングシステムの通常動作およびハードウェアの機能を損傷または妨害するウイルス、ファイル、コンピュータコード、またはプログラムを送信するアプリは却下されます。重大または繰り返される違反行為は、デベロッパのApple Developer Programからの除名につながります。
      • 2.5.4ASRとNR マルチタスクアプリには、VoIP、オーディオ再生、位置情報、タスクの完了、ローカル通知など、意図された目的のためのバックグラウンドサービスのみを使用してください。
      • 2.5.5 アプリは、IPv6のみのネットワークで完全に機能する必要があります。
      • 2.5.6ASRとNR Webを閲覧するアプリでは、適切なWebKitフレームワークとWebKit JavaScriptを使用する必要があります。アプリで代替Webブラウザエンジンを使用するためのエンタイトルメントをリクエストできます。これらのエンタイトルメントの詳細をご確認ください。
      • 2.5.7 (意図的に省略)
      • 2.5.8 代替デスクトップ/ホーム画面環境を作成するアプリ、マルチアプリのウィジェットをシミュレーションするアプリは却下されます。
      • 2.5.9ASRとNR 音量を上げる/下げる、サウンドオン/オフといった標準スイッチの機能、および他のネイティブユーザーインターフェイスの要素やその挙動を変更または無効にするアプリは却下されます。たとえば、別のアプリへのリンクやその他ユーザーが動作を想定できる機能をブロックすることはできません。
      • 2.5.10 空の広告バナーまたはテスト広告が表示されるアプリは提出しないでください。
      • 2.5.11ASRとNR SiriKitとショートカット
        • (i)SiriKitとショートカットを組み込んだアプリは、他のアプリのサポートを必要とせず、説明された機能から予想されるIntentでのみ登録できます。たとえば、献立作りに関するアプリを登録する場合、フィットネスのアプリの機能を用いていたとしても、ワークアウトを始めるというIntentを組み入れることはできません。
        • (ii)plistに記載する用語やフレーズは、必ずアプリと、その登録IntentにおけるSiriの機能に関係のあるものとなるようにしてください。エイリアスはアプリや会社名と直接関係のあるものにする必要があります。一般的な用語を使用したり、サードパーティ製アプリの名前やサービスを含めたりすることはできません。
        • (iii)Siriへのリクエストやショートカットは可能な限りもっとも直接的な方法で処理される必要があります。リクエストを受け取りそれが実行される間に、いかなる広告やマーケティング要素も入れることはできません。ユーザーにリクエストの明確化を求めるのは、タスクの実行に必要な場合のみにします(ユーザーにワークアウトの種類を指定するよう求める場合など)。
      • 2.5.12ASRとNR CallKitやSMS Fraud Extensionを使用するアプリでは、スパムであることが確認されている電話番号のみブロックするようにしてください。「call-」「SMS-」「MMS-」のブロック機能やスパム検出機能を実装したアプリでは、マーケティングテキストでその機能を明確に示し、ブロックやスパムリストの基準を説明する必要があります。デベロッパは、こうしたツールがアクセスするデータを、アプリやExtensionの動作やそれらの改善に直接関係しない目的で利用すること(たとえば、トラッキングやユーザープロファイルの作成などの目的で利用、共有、販売すること)はできません。
      • 2.5.13ASRとNR アカウント認証に顔認証を使用するアプリでは、ARKitやその他の顔認証テクノロジーではなく、可能な場合は必ずLocalAuthenticationを使用する必要があります。また、13歳未満のユーザー向けに、必ず代替の認証方法を用意する必要があります。
      • 2.5.14ASRとNR アプリで録音や録画、ログの記録、またはその他の方法でユーザーのアクティビティを記録する場合は、ユーザーの同意を明示的にリクエストし、記録中であることが視覚的に、および/または音声でわかるようにする必要があります。これにはデバイスのカメラ、マイク、画面収録機能、またはその他のユーザー入力ツールの使用が含まれます。
      • 2.5.15 ファイルの表示や選択ができるアプリでは、ファイルアプリのアイテムやユーザーのiCloud Documentsを利用できるようにする必要があります。
      • 2.5.16ASRとNR ウィジェット、Extension、通知は、アプリのコンテンツや機能と関連性のあるものである必要があります。
        • (a)また、App Clipの機能はすべて、メインのアプリのバイナリに含める必要があります。App Clipに広告を含めることはできません。
      • 2.5.17ASRとNR Matterに対応するアプリでは、Matterでのペアリングを可能にするためにAppleのサポートフレームワークを使用する必要があります。加えて、Appleが提供するMatter SDK以外のMatterソフトウェアコンポーネントをアプリで使用する場合、そのソフトウェアコンポーネントを実行するプラットフォームは、Connectivity Standards Allianceによる認定を受けている必要があります。
      • 2.5.18ASRとNR 広告の表示は、メインのアプリバイナリに限定されるべきであり、Extension、App Clip、ウィジェット、通知、キーボード、watchOS向けアプリなどに含めることはできません。アプリで表示される広告は、そのアプリの年齢制限指定に適したものであり、広告をユーザーにターゲットするために使用した情報を、ユーザーが使用中のアプリを閉じることなくすべて確認できるようにする必要があります。なお、ヘルスケア/医療データ(例:HealthKit API)、学校/授業のデータ(例:ClassKit)、子どものデータ(例:App Storeの「子ども向け」カテゴリのアプリ)など、機密性の高いユーザーデータに基づくターゲティング広告や行動ターゲティング広告を組み込むことはできません。インタースティシャル広告や、ユーザーエクスペリエンスを中断させたり妨害したりする広告では、広告であることをはっきり明示する必要があります。また、広告をタップするようユーザーの行動を操ったり、だましたりすることはできません。ユーザーが広告を簡単に閉じられるよう、操作しやすく見やすい、十分な大きさの「閉じる」ボタンや「スキップ」ボタンを用意する必要があります。広告を含むアプリでは、不適切または特定の年齢に対して不適切な広告をユーザーが報告できる機能を実装する必要があります。

    3.ビジネス

    App Storeでアプリによって収入を得る方法は数多くあります。ご自身のビジネスモデルが明白でない場合は、メタデータとApp Reviewの「メモ」欄で説明するようにしてください。アプリの仕組みが明確でない場合やアプリ内課金がわかりにくい場合は、審査が遅れ、却下の原因となる可能性があります。価格はデベロッパが決定しますが、Appleでは、明らかに高すぎるアプリやアプリ内課金アイテムを配信することはできません。ユーザーに不当に高い金額を請求するアプリは却下されます。

    デベロッパがカスタマーレビューの内容を改ざんしたり、金銭や報酬を提供してフィードバックを得たり、フィードバックの一部のみに絞って表示したり、偽のフィードバックを書くなどしたりしてチャートランキングの上昇を図るか、そのようなサービスを提供するサードパーティと協力したことが判明した場合、AppleはApp Storeの信頼性を保つための措置を取り、そのデベロッパをApple Developer Programから除名する場合があります。

    • 3.1 支払い
      • 3.1.1 アプリ内課金
        • アプリ内の機能(例:サブスクリプション、ゲーム内通貨、ゲームレベル、プレミアムコンテンツへのアクセス、フルバージョンの利用)は、アプリ内課金を使用してアンロックする必要があります。コンテンツや機能をアンロックするため、ライセンスキー、拡張現実マーカー、QRコード、暗号通貨、暗号通貨ウォレットなど、アプリ独自の方法を用いることはできません。
        • ただし、ユーザーがアプリ内課金で購入した通貨で、デベロッパまたはデジタルコンテンツプロバイダにアプリ内で「チップ」を払うようにすることはできます。
        • アプリ内課金で購入されたクレジットやゲーム内通貨に有効期限を設定することはできません。また、返還可能なアプリ内課金を導入する場合は返還のメカニズムを実装する必要があります。
        • アプリ内課金のアイテムを他のユーザーに贈与できるようにすることは可能です。これらの贈与アイテムに関して、元の購入者以外のユーザーに返金することはできません。また贈与されたアイテムの交換はできません。
        • Mac App Storeで配信されるアプリでは、App Store以外の方法で有効化されるプラグインまたはExtensionを使用することができます。
        • 「ルートボックス」などの方法でバーチャルアイテムをランダムに購入できるアプリでは、各種アイテムの入手確率を明記して、ユーザーが購入前に確認できるようにしてください。
        • デジタルの商品やサービスに利用できるデジタルのギフトカード、ギフト券、バウチャー、クーポンを販売する場合は、アプリ内課金によるアプリ内での販売のみ許可されます。物理的なギフトカードをアプリ内で販売してユーザーに郵送する場合は、アプリ内課金以外の支払い方法を使用することもできます。
        • サブスクリプション型ではないアプリでは、まず一定期間の無料トライアルを提供し、その後フルバージョンをアンロックする選択肢を提示することができます。その場合、「XX日間お試し(XX-day Trial)」といった命名規則に従った非消耗型のアプリ内課金アイテムを、Tier 0の価格帯で設定する必要があります。無料トライアルの開始前に、トライアル期間の長さ、トライアル終了後に利用できなくなるコンテンツやサービス、フルバージョンを再度利用するためにかかる料金を、アプリ内で明確に示す必要があります。レシートおよびDeviceCheckを使用して、コンテンツへのアクセス権やトライアル期間の長さを管理する方法について詳しくご確認ください。
        • アプリは、アプリ内課金を利用して、非代替性トークン(NFT)およびNFTに関連するサービス(ミンティング、リスティング、譲渡など)を販売することができます。アプリでは、NFTを所有することによってアプリ内の機能がアンロックされないことを条件として、ユーザーが自分のNFTを確認できるようにすることが可能です。アプリ内課金以外の方法で、ユーザーを何らかの購入に誘導するボタン、外部リンク、その他の機能をアプリに含めないことを条件として、他のユーザーが所有するNFTコレクションを閲覧することをユーザーに許可することも可能です。
      • 3.1.2 サブスクリプション:App Storeでのカテゴリにかかわらず、アプリではアプリ内課金の自動更新サブスクリプションを組み込むことができます。自動更新サブスクリプションをアプリに組み込む際は、以下のガイドラインに必ず従ってください。
      • 3.1.2(a)許容される使用方法:自動更新サブスクリプションを組み込む場合は、継続的な価値をユーザーに提供する必要があります。サブスクリプション期間は最低7日間とし、ユーザーのすべてのデバイスで利用できるようにする必要があります。サブスクリプションの適切な使用例には次のようなものがあります(すべて網羅しているわけではありません)。新しいゲームレベル、コンテンツの新しいエピソード、マルチプレイヤー対応、定期的に実態のあるアップデートが提供されるアプリ、コレクションが多数にわたる、または定期的に更新されるメディアコンテンツ、サービスとしてのソフトウェア(「SAAS」)、クラウド対応、など。さらに以下についてご確認ください。
        • サブスクリプションと、コンテンツの個別提供を併せて用意することもできます(映画のコレクション全体をサブスクリプションで提供すると同時に、個々の映画の購入やレンタルサービスも提供するなど)。
        • 同じデベロッパの複数のアプリやサービスで同一のサブスクリプションを共有することもできます。
        • ストリーミングゲームサービスのサブスクリプションで提供されるゲームでは、サードパーティのアプリやサービスで共有される単一のサブスクリプションを提供することができます。ただし、そのようなゲームはApp Storeから直接ダウンロードされ、サブスクリプション登録者に二重の支払いが発生しないように設計される必要があります。また、サブスクリプションを利用していないユーザーに不利となる形で提供することはできません。
        • サブスクリプションは、アプリを利用できるすべてのデバイスで機能する必要があります。詳しくは、「アプリ間でサブスクリプションを共有」をご確認ください。
        • ユーザーがアプリの機能やコンテンツにアクセスしたり使用したりする際に、アプリの評価やレビュー、他のアプリのダウンロード、同様のその他アクションをユーザーに求めることはできません。
        • その他すべてのアプリと同様、サブスクリプションを提供するアプリでは、ユーザーが対価を支払ったコンテンツを、追加作業(ソーシャルメディアへの投稿、連絡先のアップロード、アプリを特定の回数開くことなど)を実行しなくても入手できるようにする必要があります。
        • 消耗型のクレジット、ゲームで購入する宝石、ゲーム内通貨などはサブスクリプションとして提供することができます。また、消耗型アイテムの割引購入の権利をサブスクリプションに含めることもできます(宝石のパックを割引価格で入手できるプラチナメンバーシップなど)。
        • すでに登録しているアプリをサブスクリプションベースのビジネスモデルに変更する場合、既存のユーザーがすでに対価を支払っている基本的な機能を取り除くことはできません。たとえば、「ゲーム全体のアンロック」をすでに購入しているユーザーには、新規ユーザーに向けてサブスクリプションモデルを導入した後も、ゲーム全体に引き続きアクセスできるようにする必要があります。
        • 自動更新サブスクリプションアプリでは、関連する情報をApp Store Connectで提示して、ユーザーに無料トライアル期間を提供することができます。サブスクリプションオファーの提供の詳細をご確認ください。
        • ユーザーに対して詐欺行為を行おうとするアプリは、App Storeから削除されます。これには、虚偽の説明でユーザーをだましてサブスクリプションを購入させようとしたり、おとり商法や詐欺的な行為をしたりするアプリが含まれます。このようなアプリはApp Storeから削除され、当該デベロッパはApple Developer Programから除名される場合があります。
        • モバイル通信事業者のアプリでは、事前にAppleの承認を得ることで、新しい携帯電話データプランを含むバンドルで購入された際に、音楽およびビデオの自動更新サブスクリプションを含めることができます。モバイル通信事業者のアプリがユーザー向けのアプリ内課金に対応している場合は、事前にAppleの承認を得ることで、新しい携帯電話データプランと一緒に購入された際に、その他の自動更新サブスクリプションをバンドルに含めることもできます。この種のサブスクリプションで、消耗型アイテムの利用または割引価格での購入を提供することはできません。また、サブスクリプションは携帯電話データプランと同時に終了する必要があります。
      • 3.1.2(b)アップグレードとダウングレード:ユーザーがアップグレード/ダウングレードをスムーズに行えるようにし、同じコンテンツの異なるバージョンを意図せずに購入してしまうことがないようにする必要があります。サブスクリプションのアップグレードとダウングレードのオプションを管理する方法については、ベストプラクティスを確認してください。
      • 3.1.2(c)サブスクリプションに関する情報:ユーザーにサブスクリプションを促す際は、その価格でユーザーが何を入手できるかを事前に明確に説明する必要があります。1か月当たりの発行回数は何回か、クラウドストレージの容量はどれくらいか、サービスにアクセスする方法にはどのようなものがあるか、など。Apple Developer Program使用許諾契約の別紙2で説明されている要件も必ず明示する必要があります。
      • 3.1.3 その他の購入方法:次に挙げるアプリでは、アプリ内課金以外の購入方法を利用することができます。3.1.3(a)の条件を満たす場合を除き、このセクションで挙げるアプリでは、アプリ内課金以外の購入方法の利用をアプリ内でユーザーに促すことは許可されません。アプリとは無関係の手段で、デベロッパがユーザーベースに対してアプリ内課金以外の購入方法に関するコミュニケーションを送信することは許可されます。
      • 3.1.3(a)「リーダー」アプリ:以前購入したコンテンツまたはコンテンツのサブスクリプション(具体的には、雑誌、新聞、書籍、オーディオ、音楽、ビデオ)に、ユーザーがアクセスできるようにすることは許可されています。「リーダー」アプリは、無料ユーザー層向けにアカウント作成の機能や、既存ユーザー向けにアカウント管理の機能を含めることができます。「リーダー」アプリのデベロッパは、外部リンクのアカウントエンタイトルメントを申請し、デベロッパが所有する、またはデベロッパがアカウントの作成や管理の責任を保持するWebサイトへの情報リンクをアプリ内で提供することができます。詳しくは、「外部リンクアカウントエンタイトルメント」をご確認ください。
      • 3.1.3(b)マルチプラットフォームサービス:複数のプラットフォームで動作するアプリでは、マルチプラットフォームのゲームにおける消耗アイテムなどを含め、別のプラットフォーム上のアプリやデベロッパのWebサイトでユーザーが入手したコンテンツ、サブスクリプション、機能へのアクセスを許可することが可能です。ただし、そうしたアイテムは、アプリ内のアプリ内課金アイテムとしても購入可能でなければなりません。
      • 3.1.3(c)エンタープライズサービス:組織またはグループが、(たとえば業務用データベースや授業管理ツールなど)従業員や学生向けにデベロッパから直接購入するアプリの場合、エンタープライズユーザーが以前購入したコンテンツやサブスクリプションを利用できるようにすることは許可されています。一般の消費者、単独ユーザー、家族向けの販売の場合は、アプリ内課金を使用しなければなりません。
      • 3.1.3(d)個人対個人のサービス:個人対個人のリアルタイムでのサービス(家庭教師、医療相談、不動産のツアー、フィットネストレーニングなど)を購入できるアプリの場合は、アプリ内課金以外の購入方法での支払いを受け付けることもできます。一方で、リアルタイムで個人対複数のサービスを提供する場合は、アプリ内課金を使用しなければなりません。
      • 3.1.3(e)アプリの外部で使用する商品やサービス:ユーザーがアプリの外部で使用する物理的な商品またはサービスをアプリで購入できるようにする場合、そうした商品の支払いにはアプリ内課金以外(Apple Payやクレジットカードなど)の方法を使用する必要があります。
      • 3.1.3(f)無料のスタンドアロンアプリ:有料のWebベースツール(VOIP、クラウドストレージ、メールサービス、Webホストなど)に対して、スタンドアロンのコンパニオンアプリとして機能する無料アプリは、そのアプリ内で購入が発生しない、またはそのアプリ外へ購入を誘導していない限り、アプリ内課金を使用する必要はありません。
      • 3.1.3(g)広告管理アプリ: 広告主(商品、サービス、イベントを広告する個人や企業)が、各種のメディア媒体(テレビ、屋外広告、Webサイト、アプリなど)にわたる広告キャンペーンを購入および管理することを唯一の目的とするアプリでは、アプリ内課金を使用する必要はありません。このようなアプリはキャンペーン管理を目的としているため、広告そのものを表示することはありません。ただし、同一アプリ内で表示するための広告(ソーシャルメディアアプリへの投稿に使用される販促コンテンツなど)の購入を含め、アプリ内で体験または消費されるコンテンツのデジタル購入には、アプリ内課金を使用する必要があります。
      • 3.1.4 特定のハードウェアを必要とするコンテンツ:アプリのある機能の動作に特定のハードウェアが必要である場合など、いくつかの限られた状況でのみ、アプリ内課金を使用しなくても機能をアンロックすることができます(たとえば、望遠鏡と同期することで機能が追加される天文学のアプリなど)。オプションとして物理的製品(玩具など)と連動するアプリの機能では、アプリ内課金のオプションが提供されていることを前提に、当該機能をアプリ内課金を通さずにアンロックすることができます。ただし、アプリの機能をアンロックするために無関係の商品の購入を条件としたり、広告またはマーケティング活動を行うようユーザーに要求したりすることは認められません。
      • 3.1.5 暗号通貨
        • (i)ウォレット:組織として登録しているデベロッパに限り、アプリで仮想通貨ストレージを提供することが許可されます。
        • (ii)マイニング:処理がデバイスの外部で実行されるもの(クラウドベースのマイニングなど)でない限り、アプリで暗号通貨をマイニングすることはできません。
        • (iii)取引:アプリが、暗号通貨の取引を行うための適切なライセンスと認可を取得している国や地域のみで提供されることを条件として、認可されている取引に関する暗号通貨のトランザクションまたは送金をアプリで取り扱うことができます。
        • (iv)イニシャルコインオファリング:イニシャルコインオファリング(「ICO」)、暗号通貨の先物取引、その他の暗号証券や準証券による取引を行うアプリは、信用性のある銀行、証券会社、先物取引業者(「FCM」)、またはその他の承認された金融機関のみ提供することができます。またそうしたアプリは、適用されるすべての法令に準拠している必要があります。
        • (v)暗号通貨のアプリでは、他のアプリをダウンロードする、他のユーザーにダウンロードを促す、ソーシャルネットワークに投稿するといったタスクの実行に対して通貨を提供することはできません。
    • 3.2 その他のビジネスモデルの問題

      このリストはすべてを網羅したものではなく、デベロッパからのアプリの提出によってポリシーが変更または更新される可能性がありますが、許容される行為と許容されない行為について、いくつか以下に示します。

      • 3.2.1 許容される行為
        • (i)自分のアプリだけを集めたカタログアプリである場合を除いて、自分のアプリ内で自分の他のアプリを購入または宣伝用に表示する。
        • (ii)許可を得た特定の用途(健康管理、航空、アクセシビリティなど)のために作成されたサードパーティ製アプリを表示または推奨する。単なる店舗のようにしないため、アプリではしっかりとした独自のコンテンツを提供する必要があります。
        • (iii)レンタル期間の終了後、許可を得た特定のレンタルコンテンツ(映画、テレビ番組、音楽、書籍など)へのアクセスを無効にする。その他のすべてのアイテムおよびサービスに期限をつけることはできません。
        • (iv)支払いやオファーの実行または受領、その他の認証(映画チケット、クーポン、VIPメンバーシップなど)にウォレットパスを使用する。その他の用途でウォレットパスを使用すると、アプリの却下およびウォレット認証情報の失効の原因となります。
        • (v)保険アプリは無料で提供し、配信される地域の法律に準拠しており、アプリ内課金を使用しないこと。
        • (vi)承認を受けた非営利団体は、「App Reviewガイドライン」のすべての条項に準拠し、かつApple Payでの支払いに対応する場合に限り、自身またはサードパーティ製のアプリ内で直接募金活動を行うことができる。こうしたアプリでは基金の活用方法を公開し、適用されるあらゆる法令を遵守し、適切な税金申告用レシートを寄付者に発行できるようにする必要があります。なお、要請に応じてApp Reviewに補足情報を提出する必要があります。アプリ内で支援者に他の非営利団体を紹介する場合は、紹介するすべての非営利団体が承認プロセスを通過していることを確認する必要があります。非営利団体として承認を受ける方法について詳しくは、こちらをご確認ください。
        • (vii)アプリでは、ユーザーがアプリ内課金以外の方法で別のユーザーに金銭を贈与できる方法を提供する。これは、(a)贈与の有無は贈り手側が決定できるものとし、かつ(b)受け手側がその贈与額の100%を受け取る場合に限られます。ただし、その金銭が、受け手側に渡る際のどの段階においても、デジタルコンテンツやサービスを経由するか、デジタルコンテンツやサービスの提供と関連付けられている場合は、必ずアプリ内課金を使用する必要があります。
        • (viii)金融取引、投資、資金管理のために使用されるアプリは、それらのサービスを行う金融機関によって提出されたものである必要があります。
      • 3.2.2 許容されない行為
        • (i)サードパーティ製アプリ、Extension、プラグインをApp Storeと類似した形で、または一般的なカタログとして表示するインターフェイスを作成する。
        • (ii)(意図的に省略)
        • (iii)広告のインプレッション数またはクリックスルーを人工的に増加させる。また、広告の表示のみを目的に設計されたアプリを作成する。
        • (iv)承認を受けた非営利団体の場合や、上述のセクション3.2.1(vi)により許容される場合を除き、慈善や募金活動としてアプリ内で寄付金を収集する。そのような目的で募金活動を行うアプリは、App Storeで無料配信する必要があり、SafariやSMSなどアプリ外でのみ寄付金を収集できます。
        • (v)場所または通信事業者などに基づいて、アプリを使用できるユーザーを任意に制限する。
        • (vi)(意図的に省略)
        • (vii)他のサービスに関するユーザーの可視性、ステータス、ランキングを人為的に操作する(そのサービスの利用規約で許可されている場合を除く)。
        • (viii)バイナリーオプション取引を促すアプリはApp Storeでは許可されません。代わりにWebアプリを検討してください。差金決済取引(CFD)やその他のデリバティブ取引(FOREXなど)を行うアプリは、そのサービスを利用できるすべての法域で正式な認可を得たものである必要があります。
        • (ix)個人向けローンを提供するアプリの場合、すべてのローン条件(実質年率(APR)の最大相当額および支払い期限を含むがこれに限らない)を明確かつ目立つ形で開示する必要があります。こうしたアプリでは、コストや手数料を含め、最大APRを36%より高く設定することはできません。また、60日以内での全額返済を求めることもできません。

    4.デザイン

    Appleのお客様は、シンプルで、洗練され、革新的で、使用が簡単な製品に高い価値を見出します。そして、それはAppleがApp Storeのアプリに求めるものと同じです。デザインを優れたものにできるかどうかはデベロッパ次第ですが、App Storeで承認されるためには次のような基準があります。加えて、承認を受けた後も、アプリが継続的に機能し、新規および既存ユーザーの双方にとって魅力的であり続けるよう、アップデートしていく必要があります。機能しなくなったり、サービスの品質が低下したりしたアプリは、随時App Storeから削除される可能性があります。

    • 4.1 模倣
      • (a)独自のアイデアを生み出してください。自分だけのアイデアがあるはずです。それを形にしましょう。App Storeでもっとも人気のあるアプリを単にコピーしたり、他のアプリの名前やUIを多少変更したものをご自身のアプリとして提出しないでください。知的財産侵害の申し立てをされるリスクがあるだけでなく、App Storeの運営が困難になり、また、他のデベロッパにとってもフェアではありません。
      • (b)ASRとNR その他のアプリやサービスになりすましているアプリを提出すると、「デベロッパ行動規範」に対する違反と見なされ、Apple Developer Programから除名される可能性があります。
    • 4.2 最低限の機能

      アプリを作成する際は、Webサイトを単に再パッケージしたようなものではなく、優れた機能、コンテンツ、UIを作成するようにしてください。特に利便性も独自性もなく、アプリらしさもない場合、そのアプリをApp Storeで提供することはできません。アプリが継続的に楽しめる何らかの価値、または十分な有用性を備えていない場合は、承認されない可能性があります。アプリが単に曲または映画のみである場合は、iTunes Storeに提出してください。アプリが単に書籍またはゲームの攻略本のみの場合は、Apple Books Storeに提出してください。

      • 4.2.1 ARKitを使用するアプリは、表現に富み、統合された拡張現実体験をユーザーに提供する必要があります。単にモデルをARビューで表示したり、アニメーションを再生したりするだけでは不十分です。
      • 4.2.2 カタログを除き、主な目的がマーケティングの資料の提供、広告、Webクリッピング、コンテンツのまとめ、リンク集であるアプリは許可されません。
      • 4.2.3
        • (i)アプリは単体で機能するものである必要があり、アプリが機能するために別のアプリのインストールを求めることはできません。
        • (ii)初回起動時に正しく機能させるために追加のリソースをダウンロードする必要があるアプリでは、その追加データのサイズをユーザーに開示し、起動前にこれらのリソースのダウンロードを促してください。
      • 4.2.4 (意図的に省略)
      • 4.2.5 (意図的に省略)
      • 4.2.6 有料のテンプレートやアプリ作成サービスを使用して制作されたアプリは、コンテンツのプロバイダから直接提出されたものでない限り却下されます。こうしたサービスのプロバイダは、顧客の代わりにアプリを提出するのではなく、独自のユーザーエクスペリエンスを提供する革新的なアプリを、顧客が自身で作成することができるようなツールを提供する必要があります。また、こうしたサービスのプロバイダは、1つのバイナリを作成してすべてのクライアントコンテンツを統合型、もしくは「ピッカー」モデルでホストすることができます。たとえば顧客である複数のレストランが、カスタマイズされた個別のエントリやページで表示されるレストラン検索アプリや、さまざまな顧客の複数のイベントが個別のエントリで表示されるイベント情報アプリなどを提出することができます。
      • 4.2.7 リモートデスクトップクライアント:リモートデスクトップのアプリが、ホストデバイスの一般的なミラーリングではなく、特定のソフトウェアやサービスをミラーリングする場合は、以下に準拠する必要があります。
        • (a)アプリはユーザーが所有するホストデバイスであるパーソナルコンピュータ、またはユーザーが所有する専用のゲームコンソールにのみ接続し、ホストデバイスとクライアントの両方がローカルのLANベースネットワークに接続されている必要があります。
        • (b)クライアント側に表示されるすべてのソフトウェアやサービスは、ホストデバイス上で完全に実行され、ホストデバイスの画面上にレンダリングされます。リモートデスクトップのストリーミングに必要でないAPIやプラットフォームの機能は使用できません。
        • (c)アカウントの作成や管理はすべて、ホストデバイスから開始する必要があります。
        • (d)クライアント側に表示されるUIで、iOSやApp Storeの表示画面を模倣したり、ストアに似たインターフェイスを提供したりすることはできません。また、ユーザーがまだ所有しておらず、ライセンス付与もされていないソフトウェアを閲覧、選択、購入できる機能を実装することは許可されません。なお、トランザクションがホストデバイスで処理される限り、ミラーリングされたソフトウェアで行われるトランザクションではアプリ内課金を使用する必要はありません。
        • (e)クラウドベースアプリのシンクライアントは、App Storeには適しません。
    • 4.3 スパム
      • (a)ASRとNR 同一のアプリに対して複数のバンドルIDを作成しないでください。特定の場所、スポーツチーム、大学などに向けた異なるバージョンが存在するアプリの場合は、単一のアプリを提出し、異なるバージョンはアプリ内課金で提供する方法を検討してください。
      • (b)また、すでに飽和状態のカテゴリにアプリを追加することは避けてください。App Storeには、おなら、げっぷ、懐中電灯、占い、デート、宴会用ゲーム、カーマ・スートラといったアプリがすでに多数存在します。こうしたアプリは、ユニークで高品質な体験を提供するアプリでない限り、却下されます。App Storeでスパム行為をすると、Apple Developer Programから除名される可能性があります。
    • 4.4 ExtensionASRとNR

      Extensionをホストするまたは含むアプリは、「App Extensionプログラミングガイド」、「Safari App Extensionのドキュメント」、または「Safari Web Extensionのドキュメント」に準拠し、可能な場合はヘルプ画面や設定インターフェイスなどの機能を搭載する必要があります。どのようなExtensionが利用できるかについて、アプリのマーケティングテキストで明確かつ正確に公開する必要があります。また、Extensionにマーケティング、広告、アプリ内課金を含めることはできません。

      • 4.4.1ASRとNR キーボードExtensionにはいくつかの追加規定があります。

        以下に従ってください。

        • キーボード入力機能(文字のタイプなど)を備える。
        • 画像や絵文字を含むキーボードの場合は、ステッカーのガイドラインに従う。
        • 次のキーボードに進む方法を備える。
        • 基本的に、ネットワークアクセスがなくても機能する。
        • iOSデバイスにおけるユーザーのキーボードExtensionの機能を改善する目的でのみ、ユーザーのアクティビティ情報を収集する。

        以下は禁止されています。

        • 「設定」以外のアプリを起動する。
        • キーボードボタンの用途を別の動作に変更する(Returnキーの長押しでカメラを起動させるなど)。
      • 4.4.2ASRとNR Safari Extensionは、該当するAppleオペレーティングシステムの現行バージョンのSafariで実行する必要があります。システムまたはSafariのユーザーインターフェイスを構成する要素と相互干渉してはならず、悪意のある、または誤解を生むコンテンツ、またはコードを使用することは許可されません。この規定に違反すると、Apple Developer Programから除名されることになります。Safari Extensionを使用して、機能の動作に必要でないWebサイトにアクセスするよう要求することは認められません。
      • 4.4.3 (意図的に省略)
    • 4.5ASRとNR Appleのサイトとサービス
      • 4.5.1ASRとNR アプリではiTunes Store RSSフィードなどの承認済みApple RSSフィードを使用できますが、Appleのサイト(apple.com、iTunes Store、App Store、App Store Connect、デベロッパポータルなど)から情報を取得することや、その情報を使用してランキングを作成することは許可されません。
      • 4.5.2ASRとNR Apple Music
        • (i)iOSのMusicKitを利用すると、ユーザーはアプリやゲームからApple Musicおよびローカルのミュージックライブラリをネイティブに再生することができます。ユーザーがApple Musicアカウントへのアクセスを許可すれば、アプリにてプレイリストを作成したり、ライブラリに曲を追加したり、Apple Musicカタログの何百万もの曲から好きな曲を再生したりすることが可能です。その際、ユーザーがApple Musicのストリーミング再生を開始し、「再生」「一時停止」「スキップ」などの標準のメディアコントロールで曲を操作できる必要があります。さらに、アプリでApple Musicのサービスへのアクセスに対する支払いを要求したり間接的な収益化(アプリ内課金、広告、ユーザー情報のリクエストなど)を行うことは許可されません。MusicKitに関する文書で明示的に許可されている場合を除き、MusicKit APIから音楽ファイルをダウンロード、アップロード、共有することはできません。
        • (ii)MusicKit APIを使っても、音楽をより深く、またはより複雑な形で組み込む際に必要となるライセンスを取得したことにはなりません。たとえば、アプリの特定の場面で特定の曲を使用する場合や、ソーシャルメディアに共有できるオーディオやビデオのファイルを作成するアプリでは、デベロッパが権利者に直接連絡して許可(同期や適合化の権利)やアセットを得る必要があります。カバーアートやその他のメタデータは音楽の再生やプレイリストに関連する目的でのみ使用でき(アプリの機能を示すためにで用いるスクリーンショットも含む)、権利者からの明確な承認がない場合はいかなるマーケティング活動や広告にも使用できません。Apple Musicのサービスをアプリに組み込む場合は、必ず「Apple Musicアイデンティティガイドライン」に従ってください。
        • (iii)プレイリストやお気に入りの曲など、Apple Musicのユーザーデータにアクセスするアプリでは、目的文字列にその旨を明示する必要があります。収集されるデータは、アプリの品質をサポートしたり改善したりする以外の目的でサードパーティに共有することはできません。また、このデータをユーザーやデバイスの識別、またはターゲティング広告に使用することは許可されません。
      • 4.5.3ASRとNR スパム、フィッシング行為のため、または迷惑メッセージを送信するために、Game Centerやプッシュ通知などのAppleサービスを使用することは許可されません。プレイヤーID、エイリアス、Game Centerで取得されたその他の情報の逆引き参照、トレース、関連付け、結合、マイニング、収集、その他の形での使用は許可されません。これらの行為があった場合は、Apple Developer Programから除名されます。
      • 4.5.4ASRとNR アプリが機能するためにプッシュ通知を必須とすることはできません。また、プッシュ通知を個人情報や秘密情報を送信するために使用することは許可されません。プッシュ通知をキャンペーンやダイレクトマーケティングのために使用することはできません。ただし、そのプッシュ通知を、ユーザーがアプリのUIに表示される同意メッセージを通じて明示的にオプトインすることができ、同時にオプトアウトする手段をアプリに設ける場合を除きます。サービスを不正に使用すると、デベロッパとしての権限を失う可能性があります。
      • 4.5.5ASRとNR Game CenterのプレイヤーIDは、Game Centerの規約で承認されている形でのみ使用する必要があります。アプリで表示することや、サードパーティに共有することは許可されません。
      • 4.5.6ASRとNR アプリやそのメタデータでは、Appleの絵文字として表示されるUnicode文字を使用することができます。Appleの絵文字を他のプラットフォームで使用したり、アプリバイナリの中に直接埋め込んだりすることはできません。
    • 4.6 アプリの代替アイコンASRとNR

      スポーツチームの好みに合わせてアイコンを変えるなど、アプリをカスタムアイコンで表示することは許可されています。ただし、アイコンの変更はユーザー自身が行い、元のアイコンに戻すための設定がアプリに用意されている場合に限られます。用意するアイコンはすべてアプリのコンテンツに関係するものである必要があります。また、設定や通知などに表示されるアイコンがSpringBoardでの新しいアイコンと一致するよう、変更がシステムのすべてのアセットに一貫して適用されるようにする必要があります。

    • 4.7 ミニアプリ、ミニゲーム、ストリーミングゲーム、チャットボット、プラグイン、ゲームエミュレータ

      アプリでは、HTML5のミニアプリ、ミニゲーム、ストリーミングゲーム、チャットボット、プラグインなど、バイナリに埋め込まれていない特定のソフトウェアを提供することができます。また、レトロゲームのコンソールエミュレータアプリは、ゲームのダウンロードを提供できます。デベロッパは、アプリで提供されるそのようなすべてのソフトウェアについて、当該ソフトウェアが本ガイドラインおよび適用されるすべての法令に準拠していることを確認することを含め、責任を負うものとします。ガイドラインに一項目でも準拠していないソフトウェアがある場合、アプリは却下されます。また、デベロッパは、ソフトウェアが4.7.1および4.7.5に定める追加規定に準拠していることも確認する必要があります。これらの追加規定は、App Storeに期待されているユーザー体験を維持し、ユーザーの安全を確保する上で重要です。

      • 4.7.1 この規定に基づいてアプリで提供されるソフトウェアは、以下の条件を満たしている必要があります。
        • すべてのプライバシーガイドラインに従うこと。これには、データの収集、使用、共有、および機密性の高いデータ(健康に関するデータや子どもの個人データなど)に関するガイドライン5.1に定める規定が含まれますが、これらに限定されません。
        • 不適切なコンテンツをフィルタリングする手段、ユーザーが不適切なコンテンツを報告し、それに対して迅速に対応することができる仕組み、および不適切な行為を行うユーザーをブロックする機能が含まれていること。
        • デジタル商品やデジタルサービスをエンドユーザーに提供する際にアプリ内課金を使用すること。
      • 4.7.2 アプリでは、Appleから事前に許可を得ることなく、ソフトウェアに対してネイティブプラットフォームAPIを拡張したり公開することは認められません。
      • 4.7.3 アプリで提供している個々のソフトウェアに対するデータやプライバシーに関する許可をアプリで共有するには、その都度、ユーザーの明示的な同意を得る必要があります。
      • 4.7.4 アプリで利用できるソフトウェアやメタデータのインデックスを提示する必要があります。インデックスには、アプリで提供しているすべてのソフトウェアへのユニバーサルリンクが含まれている必要があります。
      • 4.7.5 アプリでは、アプリ内で利用できるコンテンツの対象年齢の中で最も高い年齢を年齢制限指定として共有する必要があります。
    • 4.8 ログインサービスASRとNR

      ユーザーのプライマリアカウントをアプリで設定、または認証する際に、サードパーティのログインサービスやソーシャルログインサービス(Facebookでサインイン、Googleでサインイン、Xでサインイン、LinkedInでサインイン、Amazonでログイン、WeChatでログインなど)を使用するアプリでは、同等の代替オプションとして、以下の特徴を備えた別のログインサービスも組み込む必要があります。

      • データ収集をユーザーの名前とメールアドレスに限定したログインサービス
      • アカウント設定の一環として、ユーザーが自分のメールアドレスを非公開にできるログインサービス
      • ユーザーの同意なく広告目的でアプリとのインタラクションに関わるデータを収集することのないログインサービス

      ユーザーのプライマリアカウントとは、ユーザーによる本人認証、サインイン、および機能や関連サービスの利用を目的として、アプリで作成するアカウントのことです。

      以下の場合、別のログインサービスは不要です。

      • アプリが、自社独自のアカウント設定やサインインシステムのみを使用している場合。
      • アプリが代替アプリマーケットプレイスである場合、またはアカウント、ダウンロード、コマース機能のためにマーケットプレイス固有のログインを使用する代替アプリマーケットプレイスから配信されたアプリである場合。
      • アプリが教育機関、エンタープライズ、法人用のものであり、ユーザーが既存の教育機関またはエンタープライズアカウントでサインインする必要がある場合。
      • アプリが、政府または民間が運営する住基システムや電子IDを使ってユーザーを認証する場合。
      • アプリが特定のサードパーティサービスのクライアントであり、コンテンツにアクセスするため、ユーザーがメール、ソーシャルメディア、その他のサードパーティアカウントに直接サインインする必要がある場合。

    • 4.9 Apple PayASRとNR

      Apple Payを使用するアプリでは、商品またはサービスの販売に先立って購入に関する重要な情報をすべてユーザーに提示する必要があります。また、「Apple Payマーケティングガイドライン」および「ヒューマンインターフェイスガイドライン」に準拠してApple Payのブランディングやユーザーインターフェイスの要素を適切に取り扱う必要があります。Apple Payを使用した定期的な支払いが発生するアプリでは、少なくとも以下の情報を公開する必要があります。

      • 更新期間の長さと、キャンセルするまで継続されるという事実
      • 各期間に提供されるコンテンツ
      • ユーザーに請求される実際の料金
      • キャンセル方法
    • 4.10 内蔵機能の収益化ASRとNR

      ハードウェアやオペレーティングシステムに内蔵されている機能(プッシュ通知、カメラ、ジャイロスコープなど)またはAppleのサービスやテクノロジー(Apple Musicへのアクセス、iCloudストレージ、Screen Time APIなど)を収益化することは認められません。

    アプリは提供されるすべての地域におけるあらゆる法的要件に準拠している必要があります(明確でない場合は法律家に相談してください)。法的要件は複雑ですが、各要件を確実に理解し、アプリを本ガイドラインのみでなく地域のすべての法律に準拠させることはデベロッパの責任です。また当然、犯罪または明らかに分別に欠ける行為を誘発、促進、奨励するアプリは却下されます。人身売買や児童労働の搾取を助長するアプリなど、極端な例においては、該当する当局に通報されます。

    • 5.1 プライバシーASRとNR

      Appleのエコシステムにおいて、ユーザーのプライバシー保護は最優先事項です。個人のデータは慎重に扱い、ユーザーの期待に応えることはもちろん、プライバシーのベストプラクティス、すべての適用法および「Apple Developer Program使用許諾契約」の規約に準拠することが求められます。以下に具体例を記載します。

      • 5.1.1 データの収集および保存ASRとNR
        • (i)プライバシーポリシー:すべてのアプリには、App Store Connectのメタデータフィールドのプライバシーポリシーへのリンクを必ず含め、これをアプリ内でアクセスしやすい形で提示する必要があります。プライバシーポリシーはわかりやすく明確なものである必要があります。
          • アプリ/サービスが収集するデータの種類(該当する場合)、データの収集方法、データの用途はすべて明確に提示してください。
          • 本ガイドラインに準拠して、アプリのユーザーデータをサードパーティ(分析ツール、広告ネットワーク、サードパーティ製のSDK、その他ユーザーデータにアクセスできる親会社、子会社、その他の関連組織)と共有する場合は、そのサードパーティがアプリのプライバシーポリシーで定める内容や本ガイドラインの要求事項と同一、あるいは同等のレベルでユーザーのデータを保護していることを確認する必要があります。
          • データ保存/削除のポリシーと、ユーザーが同意を無効にする方法やユーザーデータの削除をリクエストする方法を記載する必要があります。
        • (ii)許可:ユーザーデータや使用状況に関するデータを収集するアプリでは、収集するデータが収集の時点またはその直後の時点で匿名であると考えられる場合でも、そのデータ収集に関してユーザーから同意を得る必要があります。有料の機能は、ユーザーデータへのアクセスをユーザーが許可することに応じるもの、またはそれを条件とすることはできません。また、アプリでは、簡単にアクセスできるわかりやすい方法でユーザーが同意を撤回できるようにする必要があります。必ず、目的文字列でデータの用途を明確かつ十分に説明してください。正当な利益のため、同意を得ることなくデータを収集するアプリは、EU一般Data protection規則(GDPR)の規約、またはそれに類する制定法のすべての条項を遵守する必要があります。詳しくは、「許可のリクエスト」をご確認ください。
        • (iii)必要最低限のデータ:アプリは、中心的な機能に関連するデータへのアクセスのみがリクエストされ、関連するタスクの実行に必要なデータのみが収集および使用されるものである必要があります。可能な場合、「写真」や「連絡先」といった保護されているリソースへの完全なアクセス権をリクエストする代わりに、プロセス外のピッカーやシェアシートを使用してください。
        • (iv)アクセス:アプリでは、ユーザーのアクセス許可設定を尊重しなければなりません。不要なデータアクセスに同意するようユーザーを巧みに誘導したり、だましたり、強制したりすることはできません。たとえば、ソーシャルネットワークに写真を投稿できるアプリで、マイクへのアクセスに同意しなければ写真をアップロードできない仕様とすることは許可されません。可能であれば、アクセスに同意しないユーザー向けに別の方法を用意してください。たとえば、位置情報の共有に同意しないユーザーには、住所を手動で入力できる機能を用意することができます。
        • (v)アカウントへのログイン:アカウント情報をベースにした重要な機能を実装しているものでない限り、アプリにログインせずに使用できるようにしてください。アカウントの作成に対応したアプリの場合は、アプリ内でアカウントの削除もできるようにする必要があります。アプリの主要な機能に直接関連する場合、または法律で要求される場合を除いて、アプリを動作させるためにユーザーの個人情報の入力を要求することは許可されません。アプリの主要な機能が特定のソーシャルネットワーク(Facebook、WeChat、Weibo、Xなど)に関連するものでない場合は、ログインや別のメカニズムを介さずに使用できるようにする必要があります。基本的なプロフィール情報の取得、ソーシャルネットワークへの公開、アプリを利用するよう友達を招待することは、アプリの中心的な機能とはみなされません。また、ソーシャルネットワークの認証情報や、アプリとソーシャルネットワーク間のデータアクセスをアプリ内で無効にできるメカニズムを用意する必要があります。アプリでは、ソーシャルネットワークの認証情報やトークンをデバイスの外部に保存することはできません。そうした認証情報やトークンは、アプリの使用中に、アプリから直接ソーシャルネットワークに接続するときにのみ使用することができます。
        • (vi)アプリを利用して密かにユーザーのパスワードやその他のプライベートデータを取得するデベロッパは、Apple Developer Programから除名されます。
        • (vii)ユーザーに情報を視覚的に提示する際は、必ずSafariViewControllerを使用する必要があります。SafariViewControllerを非表示にしたり、別のビューやレイヤーで隠したりすることは許可されません。また、SafariViewControllerを使用して、ユーザーの認知や同意なしにアプリでユーザーのトラッキングを行うことは許可されません。
        • (viii)ユーザー以外のソースから取得した個人情報、またはユーザーの明示的な同意なしに取得された個人情報を収集するアプリは、その情報が公開データベースからのものであったとしても、App Storeまたは代替アプリマーケットプレイスでは許可されません。
        • (ix)規制の多い分野(バンキングや金融サービス、ヘルスケア、ギャンブル、合法大麻の使用、航空旅行など)でのサービスを提供するアプリ、機密性の高いユーザー情報を必要とするアプリは、個人のデベロッパではなく、そうしたサービスを提供する法人によって提出される必要があります。大麻の合法的な販売を促進するためのアプリは、それが合法とみなされる法的管轄地域でのみ利用できるよう、地域制限を設定する必要があります。
        • (x) アプリは、ユーザーの基本的な連絡先情報(たとえば名前やメールアドレスなど)の共有がユーザーの任意の選択であり、いかなる機能やサービスの提供もこれらの情報の共有を条件にしておらず、本ガイドラインのその他の規定(子どもからの情報収集に関する制限を含む)にすべて遵守するものである限り、これらの情報をユーザーにリクエストすることができます。
      • 5.1.2 データの使用と共有ASRとNR
        • (i)法律で許可されているものでない限り、事前にユーザーの許可を取らずに、ユーザーの個人データを使用、送信、共有することはできません。使用する場合は、どこでどのようにデータを使用するかに関する情報をユーザーが確認できる手段を提供する必要があります。アプリで収集したデータは、アプリの改善や、(「Apple Developer Program使用許諾契約」に準拠した)広告の提示といった目的でのみサードパーティと共有することができます。ユーザーアクティビティをトラッキングするには、App Tracking Transparency APIを介して、ユーザーの明示的な許可を得る必要があります。トラッキングについて、詳しくはこちらをご確認ください。ユーザーが機能やコンテンツにアクセスしたり、アプリを利用したり、金銭やその他の報酬(ギフトカードやコードを含むが、これらに限定されない)を受け取ったりする際に、アプリがシステム機能(プッシュ通知、位置情報サービス、トラッキングなど)の有効化をユーザーに求めることは認められません。ユーザーの同意なしに、またはプライバシー関連の法令を遵守せずにユーザーデータを共有するアプリはApp Storeから削除され、当該デベロッパはApple Developer Programから除名される場合があります。
        • (ii)法律で明示的に許可されている場合を除き、特定の目的のために収集されたデータを、ユーザーの同意をあらためて取ることなく、別の目的に使用することはできません。
        • (iii)アプリで収集したデータに基づき、密かにユーザープロファイルを構築することは許可されません。また、Appleから提供されたAPIで収集したデータ、「匿名化」されたデータ、「集積」されたデータ、または個人を識別できないその他の方法で収集されると説明されたデータに基づいて、ユーザーの識別やユーザープロファイルの再構築を行おうとしたり、助長したり、それを他者に促したりすることは許可されません。
        • (iv)「連絡先」、「写真」、ユーザーデータにアクセスするその他のAPIから収集した情報を使用して、自身での使用またはサードパーティに販売したり配信したりすることを目的とした連絡先データベースを構築することは許可されません。また、分析や広告/マーケティングを目的として、ユーザーのデバイスに他にどのようなアプリがインストールされているかに関する情報を収集することも許可されません。
        • (v)ユーザーの「連絡先」や「写真」で収集した情報を使用して、第三者に連絡を取ることは許可されません。ただし、ユーザー本人が明示的かつ個別にリクエストする場合はこの限りではありません。「すべて選択」のオプションを用意したり、デフォルトですべての連絡先が選択される仕様にしたりすることは許可されません。メッセージを送信する前に、どのようなメッセージが受信者に表示されるかをユーザーに明確に伝える必要があります(メッセージの内容や、表示される送信者情報など)。
        • (vi)HomeKit API、HealthKit、Clinical Health Records API、MovementDisorder API、ClassKit、または深度測定ツールや(ARKit、Camera API、Photo APIなどの)フェイスマッピングツールで収集したデータを、サードパーティが行うものを含めて、マーケティング、広告、またはユーザーベースのデータマイニングに使用することは許可されません。CallKitHealthKitClassKitARKitの実装におけるベストプラクティスについて詳しくは、リンク先をご確認ください。
        • (vii)Apple Payを使用するアプリでは、商品またはサービスの配信を円滑化または向上させる目的でのみ、Apple Payを通して取得したユーザーデータをサードパーティと共有することができます。
      • 5.1.3 健康および健康に関する調査ASRとNR

        健康、フィットネス、医療データは特に慎重に扱う必要があり、ユーザーの個人情報の保護を徹底するために、この分野のアプリにはいくつかの追加規定が適用されます。

        • (i)許可を得た健康管理の向上または健康調査のため以外の目的(広告、マーケティング、またはその他のユーザーベースのデータマイニングなど)で、健康、フィットネス、医療に関する調査のために収集されたデータ(Clinical Health Records API、HealthKit API、モーションとフィットネス、MovementDisorder API、健康関連の臨床調査から得られるデータなどを含む)を使用したりサードパーティに共有することはできません。ただし、ユーザーに直接メリット(より低額な保険料など)を提供する場合には、メリットを提供する組織によってアプリが提出されており、データがサードパーティと共有されない限り、ユーザーの健康やフィットネスに関するデータをアプリで使用することができます。その際、そのデバイスから収集される健康に関するデータについて具体的に明示する必要があります。
        • (ii)アプリの使用によって、HealthKitまたはその他の健康調査アプリや健康管理アプリに虚偽のデータまたは誤ったデータが書き込まれないようにしてください。また、個人の健康情報をiCloudに保存することはできません。
        • (iii)健康に関する臨床調査を実施するアプリでは、参加者本人、未成年の場合は親または保護者から同意を得る必要があります。このような同意には、(a)調査の性質、目的、期間、(b)手順、患者へのリスクおよび利点、(c)データの機密性と扱いに関する情報(サードパーティとの共有を含む)、(d)患者が質問がある場合の連絡先、(e)辞退プロセスを含める必要があります。
        • (iv)健康関連の臨床調査を実施するアプリは、独立した倫理審査委員会の適切な承認を得る必要があります。承認を受けた証拠を要望に応じて提示していただく必要があります。
      • 5.1.4 子どもに関する配慮
        • (a)ASRとNR 多くの理由から、子どもの個人データを扱う場合は厳重な注意が求められます。児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)やEU一般データ保護規則(GDPR)などの法律、およびその他の適用される規制または法律をすべて慎重に確認してください。

          アプリでは、これらの法律に準拠する目的でのみ生年月日や保護者の連絡先を要求することができます。ただし、ユーザーの年齢に関係なく、そのアプリがユーザーにとって有益な機能またはエンターテインメントの価値を提供するものである必要があります。

          主に子どもを対象としたアプリには、サードパーティ製の分析機能またはサードパーティ製の広告を組み込むことはできません。これにより、子ども達にとって、より安全な環境を提供することができます。

        • (b)限られたケースでは、サードパーティの分析機能およびサードパーティの広告が許可される場合もあります。この場合は、そのサービスがガイドラインの1.3で定められている条項に準拠することが条件となります。

          さらに、「子ども向け」カテゴリのアプリまたは未成年の個人情報(名前、住所、メールアドレス、位置情報、写真、ビデオ、絵、チャット対応の可否、その他の個人データ、上記の任意の組み合わせによる永続的識別子など)を収集、送信、共有する機能を持つアプリにはプライバシーポリシーを設定し、子どものプライバシー保護法に関するすべての適用法に準拠する必要があります。「子ども向け」カテゴリのアプリのペアレンタルゲートと、プライバシー保護法に基づく個人データ収集への保護者の同意は、通常同じではないことにご注意ください。

          ガイドラインの2.3.8で定められている点として、アプリのメタデータに「子ども用」といった用語を使用できるのは、「子ども向け」カテゴリのアプリに限られます。「子ども向け」カテゴリに属さないアプリでは、アプリ名、サブタイトル、アイコン、スクリーンショット、説明に、アプリの主な対象ユーザーが子どもであることを暗示的に表す用語を含めることはできません。

      • 5.1.5 位置情報サービスASRとNR

        アプリで位置情報サービスを使用できるのは、位置情報サービスがアプリの機能またはサービスと直接関連する場合のみです。位置情報ベースのAPIは、救急サービスまたは自動車、飛行機、その他デバイスの自律制御のために使用することはできません。ただし、軽量のドローンや玩具などの小型デバイス、またはリモートコントロールの自動車警報システムなどは除きます。位置情報を収集、送信、使用する際は、事前にユーザーに通知し、同意を得る必要があります。アプリで位置情報サービスを使用する場合は、アプリにおけるこのサービスの目的を説明する必要があります。説明に関するベストプラクティスについては、「ヒューマンインターフェイスガイドライン」をご参照ください。

    • 5.2 知的財産

      アプリにはご自身が作成したコンテンツ、または使用許可を取得したコンテンツのみを使用してください。許可なくコンテンツを使用した場合はアプリを削除します。もちろん、他のデベロッパが皆さまの作品を許可なく使用した場合はそのアプリが削除されます。ご自身の知的財産権がApp Storeの他のデベロッパに侵害されているおそれがある場合は、Webフォームから申し立てを行ってください。国や地域によって法律は異なりますが、少なくとも以下の各項に留意する必要があります。

      • 5.2.1 全般:商標、著作権取得済みの作品、特許取得済みのアイデアなどの保護されたサードパーティ製の素材をアプリで許可なく使用することはできません。また、誤解を招く、虚偽の、または模倣の描写、名前、メタデータをアプリバンドルやデベロッパ名に含めることは許可されません。アプリは、知的財産権およびその他の関連する権利を所有する、またはそのライセンスを受けている個人または法人によって提出される必要があります。
      • 5.2.2 サードパーティのサイトおよびサービス:アプリがサードパーティのサービスのコンテンツを使用、アクセス、または表示する場合、あるいはそのコンテンツへのアクセスを収益化する場合、当該サービスの利用規約に従って特別の許可を得る必要があります。また、要望に応じて承認書類を提示していただく必要があります。
      • 5.2.3 オーディオおよびビデオのダウンロード:アプリを使って違法なファイル共有を助長したり、コンテンツの供給元であるサードパーティ(Apple Music、YouTube、SoundCloud、Vimeoなど)の明示的な承認を得ることなく、そのコンテンツを保存、変換、またはダウンロードする機能をアプリに搭載したりすることはできません。オーディオおよびビデオコンテンツのストリーミングも利用規約に違反する可能性があるため、アプリでこれらのサービスにアクセスする前に必ず確認してください。また、要望に応じて承認書類を提示していただく必要があります。
      • 5.2.4 Appleの承認
        • (a)ASRとNR Appleがアプリのデベロッパまたはサプライヤーであると示唆または暗示したり、Appleが品質または機能に関して特定のアプリを承認していると示唆または暗示することは認められません。
        • (b)アプリが「エディターのおすすめ」に選ばれた場合、バッジが自動的に適用されます。
      • 5.2.5 Apple製品ASRとNR Appleの既存の製品、インターフェイス(Finderなど)、アプリ(App Store、iTunes Store、メッセージなど)、および広告のテーマなどとの混同を招くような、類似したアプリを作成することは認められません。サードパーティ製のキーボードやステッカーパックを含め、アプリやExtensionにAppleの絵文字を含めることはできません。iTunesとApple Musicの音楽プレビューを娯楽的な目的で(フォトコラージュのBGM、ゲームのサウンドトラックなど)、またはその他の承認されていない目的で使用することは許可されません。iTunesやApple Musicの音楽プレビューを使用する場合は、iTunesやApple Musicの該当曲のリンクを表示する必要があります。アプリでアクティビティリングを表示する場合は、アクティビティコントロールに類似する方法で、ムーブ、エクササイズ、スタンドのデータを表示することはできません。アクティビティリングの使用に関して詳しくは、「ヒューマンインターフェイスガイドライン」をご参照ください。アプリでApple Weatherのデータを表示する場合は、WeatherKitドキュメントのアトリビューション要件に従う必要があります。
    • 5.3 賭博ゲーム、ギャンブル、宝くじ/ロト

      賭博ゲーム、ギャンブル、宝くじ/ロトは管理が複雑であり、App Storeでもっとも規制が厳しい分野の1つです。アプリを提供するすべての地域におけるあらゆる法的義務を確認した後、こうした機能を搭載してください。この場合、審査には通常よりも時間がかかります。以下の点に注意してください。

      • 5.3.1 抽選やコンテストの主催者は、アプリのデベロッパである必要があります。
      • 5.3.2 抽選、コンテスト、チャリティーくじの公式ルールをアプリ内で提示し、Appleは主催者ではなく、いかなる形でも関わりがないことを明記する必要があります。
      • 5.3.3 現実のお金を使用するあらゆる形式の賭博ゲームで、ゲームのクレジットや通貨の購入にアプリ内課金を使用することはできません。
      • 5.3.4 現実のお金を使用する賭博ゲーム(スポーツ賭博、ポーカー、カジノゲーム、競馬など)または宝くじ/ロトを提供するアプリは、アプリが利用される地域で必要なライセンスおよび許可を取得し、アプリの利用をその地域のみに制限し、App Storeで無料で配信する必要があります。カードカウンターなどの違法なギャンブルツールは、App Storeで許可されません。ロトアプリには、考慮、機会、賞品の3つの要素が必要になります。
    • 5.4 VPNアプリASRとNR

      VPNサービスを提供するアプリでは、NEVPNManager APIを使用する必要があり、組織として登録しているデベロッパのみ提供することができます。また、ユーザーがサービスを購入または使用するための操作を行う前に、収集するユーザーデータとその用途についてアプリの画面上に明示する必要があります。VPNサービスを提供するアプリでは、その目的を問わずいかなるデータもサードパーティに販売、共有、開示することは認められず、その旨をプライバシーポリシーに明記する必要があります。現地の法令に違反するVPNアプリは提供できません。また、VPNサービスの提供にライセンスの取得が必要な地域でVPNアプリを提供する場合は、App Reviewの「メモ」欄でライセンス情報を提示してください。承認を受けたプロバイダによって提供されるペアレンタルコントロール、コンテンツブロック、セキュリティアプリなどにおいても、NEVPNManager APIが使用されている必要があります。本ガイドラインに準拠していないアプリはApp Storeから削除され、代替配信経由のインストールがブロックされます。また、当該デベロッパはApple Developer Programから除名される場合があります。

    • 5.5 モバイルデバイス管理ASRとNR

      モバイルデバイス管理(MDM)サービスを提供するアプリでは、Appleが提供しているMDM機能をリクエストする必要があります。こうしたアプリは、営利企業、教育機関、政府機関のみが提供することができます。限られたケースで、ペアレンタルコントロールサービスまたはデバイスセキュリティにMDMを使用する企業による提供が許可される場合もあります。また、ユーザーがサービスを購入または使用するための操作を行う前に、収集するユーザーデータとその用途についてアプリの画面上に明示する必要があります。適用法に違反するMDMアプリは提供できません。MDMサービスを提供するアプリでは、その目的を問わずいかなるデータも販売、使用、サードパーティに開示することは許されておらず、その旨をプライバシーポリシーに明記する必要があります。特定のケースに限り、サードパーティ製の分析機能を組み込むことが許可される場合もあります。その場合、そのサービスが、デベロッパのMDMアプリのパフォーマンスに関するデータの収集または送信のみを目的とし、ユーザー、ユーザーのデバイス、そのデバイスで利用されているその他のアプリに関するいかなるデータも収集または送信しないことが条件となります。構成プロファイルを提供するアプリもこうした要件に準拠する必要があります。本ガイドラインに準拠していないアプリはApp Storeから削除され、代替配信経由のインストールがブロックされます。また、当該デベロッパはApple Developer Programから除名される場合があります。

    • 5.6 デベロッパ行動規範ASRとNR

      デベロッパは、App Storeのカスタマーレビュー、カスタマーサポートのリクエストへの対応、App Store Connectとのやり取りを含むAppleとのコミュニケーションなど、あらゆる場面で誰に対しても敬意を持って対応することが求められます。嫌がらせ、差別的な言動、脅迫、いじめなどを、いかなる形でも行わず、そのような行為を他者に促すこともないようにしてください。不正な操作、誤解を招く行為、その他の詐欺的な行為を繰り返すと、Apple Developer Programからの除名につながります。

      ユーザーからの信頼は、アプリのエコシステムの基盤です。アプリでユーザーから搾取したり不当にだまし取ろうとしたり、ユーザーが不要なものを購入させようとすることは絶対に許容されません。また、不必要なデータ共有を強制したり、価格を巧妙に上乗せしたり、実際には利用できない機能やコンテンツの料金を請求したりなど、ユーザーに対する不正な操作をアプリの内外で行うことは許されません。

      「デベロッパ行動規範」に違反する活動や行動に従事した場合は、Developer Programのアカウントは停止されます。アカウントを復元するため、デベロッパは詳しい改善計画を書面で提出することができます。Appleがその計画を承認し、改善が実施されたことを確認すると、アカウントが再度有効になります。

      • 5.6.1 App Storeのカスタマーレビュー

        App Storeのカスタマーレビューは、アプリの体験を構成する中でも1つの重要な要素となっています。そのため、ユーザーのコメントに返答する際は敬意を持って対応することが重要です。ユーザーのコメントに対する返答だけを記載するようにしてください。個人情報、スパム、マーケティングに関する内容を含めることはできません。

        アプリのレビューをユーザーに促すには、提供されているAPIを使用してください。ユーザーがアプリから離れることなく、簡単にApp Storeでの評価とレビューを入力できるようになります。この場合、レビューを求めるカスタムプロンプトの表示は無効化されます。

      • 5.6.2 デベロッパ情報の真正性ASRとNR

        デベロッパのアイデンティティを確認できる情報をAppleおよびユーザーに向けて提示することは、ユーザーの信頼を得る上で非常に重要です。デベロッパは、デベロッパ自身とそのビジネス、App Storeまたは代替アプリマーケットプレイスで提供しているものについて、正確に説明する必要があります。正確かつ適切な最新の情報を提示して、Appleおよびユーザーがデベロッパについて理解し、問題が発生した際に問い合わせることができるようにしてください。

      • 5.6.3 アプリの見つけやすさに関する不正行為

        App Storeに参加するデベロッパには、誠実さと、ユーザーの信頼の構築と維持に取り組むことが求められます。ランキング、検索、レビュー、アプリの推薦など、App Storeにおけるユーザー体験に関わる要素を不正に操作することは、ユーザーからの信頼を損なうため、禁止されています。

      • 5.6.4 アプリの品質

        ユーザーは、App Storeにて最高品質の体験が得られることを期待しています。コンテンツ、サービス、ユーザー体験の品質を高いレベルで維持することは、ユーザーからの信頼を高めます。ネガティブなユーザーレビュー、多数の返金リクエストなど、アプリに関する懸念を伝える報告がユーザーから大量に届く場合は、ユーザーの期待に応えられていないことを示しています。デベロッパがアプリの品質の高さを維持できない場合は、「デベロッパ行動規範」が遵守されているかどうかを判断する1つの要素となる可能性があります。

    提出後

    アプリとメタデータをApp Store Connectに提出すると、審査プロセスが開始されます。以下の点にご注意ください。

    • タイミング:App Reviewでは、可能な限り迅速にアプリが審査されます。ただし、複雑なアプリや新たな問題に関わるアプリには、より綿密な審査や検討が求められる場合もあります。また、同じガイドラインへの違反により何度も却下されていたり、審査プロセスを不正に操作しようとしたりした経緯がある場合は、アプリの審査完了までより長い時間がかかります。詳しくは、「App Review」をご確認ください。
    • ステータスの更新:App Store Connectにはアプリの現時点のステータスが反映されるため、アプリの最新状況を確認できます。
    • 優先審査のリクエスト:時間に関して重大な懸念がある場合は、優先審査をリクエストできます。他のデベロッパに配慮し、本当に必要な場合のみ優先審査をリクエストしてください。この制度を濫用していることがわかった場合、リクエストを却下する場合があります。
    • リリース日:リリース日が未来の日付に設定されている場合、App Reviewでアプリが承認された後もその日までApp Storeに表示されません。また、選択されたすべてのストアフロントでアプリが公開されるまでに、最大24時間かかることがありますのでご了承ください。
    • 却下:Appleの目標は、ガイドラインを公正かつ一貫性を持って適用することですが、必ずしも完璧に適用できるとは限りません。アプリが却下された後に質問がある場合、または追加の情報を提出する場合は、App Store Connectを通して直接App Reviewチームにお問い合わせください。そうすることで、一度は却下されたアプリが承認されてApp Storeに公開される可能性もあります。また、これによりAppleがApp Reviewプロセスを改善し、ポリシーをより明確に提示するために役立つことにもなります。
    • 異議の申し立て:審査結果に同意できない場合は、異議の申し立てを申請してください。そうすることで、一度は却下されたアプリが承認されてApp Storeに公開される可能性があります。また、ガイドライン自体の変更を提案することもできます。これは、AppleがApp Reviewプロセスを改善し、ポリシーのどのような点を明確にする必要があるかを特定するのに役立ちまます。
    • バグ修正の提出:App Storeまたは代替アプリマーケットプレイスですでに配信されているアプリの場合、法的な問題または安全性の問題に関連しない限り、ガイドライン違反を理由にバグ修正が遅れることはありません。アプリが却下されたものの、このプロセスの対象に該当する場合は、App Store Connect経由でApp Reviewチームに直接連絡を取り、このプロセスの利用を希望する旨、および次回の提出時にその問題に対処する予定である旨を知らせてください。

    皆さまの新しいアイデアを楽しみにしています。

    最終更新日:2024年4月5日