AppやWebサイトでの支払いをより簡単に

Apple Payを使用すると、iOS App、iPadOS App、watchOS App、およびSafariのWebサイト上で、より簡単かつ安全に支払いを行うことができます。 またMessages for BusinessやiMessage ExtensionでもApple Payを利用できるようになりました。 ユーザーは、Face IDTouch IDを使用するか、Apple Watchをダブルクリックすることで、支払い、配送先、連絡先に関する情報を迅速かつセキュアに提示して決済を実行できます。Apple Payのシンプルさはユーザーから高い評価を受けているため、Apple Payを導入することでコンバージョン率と新規ユーザー登録率の向上が期待できます。

決済がさらにシンプルに

Apple Payでの支払いの処理は、従来のクレジットカードやデビットカード、その他の支払い方法よりもはるかに迅速です。お財布から取り出したり、必要なカードを探したりする手間がなくなり、AppやWebサイト内からタッチ1つで決済ができるようになります。

エクスプレスチェックアウト

ユーザーは、製品ページからワンタップで購入することができます。カートに入れたり、フォームを入力したりする必要はありません。

デフォルティング

デフォルトの支払い方法にApple Payを使用すれば、シンプルかつ迅速な決済が可能になります。Apple Payデフォルトかつ目に付きやすい支払いオプションとして設定することで、カゴ落ちやユーザーのフラストレーションを低減でき、コンバージョン率を引き上げることができます。

インラインセットアップ

カード情報をまだ提供していないユーザーでも、AppやWebサイト内で直接カード情報を入力して、すぐに支払いを行うことができます。ユーザーがApple Pay対応のデバイスを使用しているかを判別し、決済のプロセス内でApple Payを設定できるようにしましょう。

データをもっと安全に

Apple Payでの支払いは、従来のクレジット/デビット/プリペイドカードに比べてより安全です。ユーザーがiPhoneやiPadでトランザクションを実行する際には、毎回必ずFace ID、Touch ID、またはパスコードが必要になります。また、ユーザーがApple Watchを腕から外すたびに、アクセスにパスコードの再入力が求められます。さらに、デベロッパは実際のクレジット/デビットカード番号を受け取らないため、Apple Payを使った支払いが行われる際に、デベロッパのシステム内で機密性の高いデータを処理する必要がなくなります。

Apple Payのセキュリティとプライバシーについてさらに詳しく

ウォレットとApple Pay:優れた顧客体験を生み出す

Apple Payに関する最新のデザインベストプラクティスについて学び、ポイントカードやギフトカード、チケットなどに利用できる非接触型のパスを作成する方法について確認しましょう。

ビデオを見る(日本語字幕)