Apple Payの実装

Apple Payをサポートするために必要なデベロッパアカウントの設定方法、トランザクションが正常に完了したかの確認方法、さらにはアプリやWebサイトでガイドラインに基づいたApple Payの実装を確実に行う方法について紹介します。

アプリおよびWebサイトの作成

デベロッパアカウントの設定

アプリやWebサイトにApple Payを実装する際に必要となるApple DeveloperアカウントでのIDや証明書についてご確認ください。アプリとWebサイトの両方にApple Payを実装する場合には、同じマーチャントIDおよび証明書を使用することが推奨されています。それぞれの地域で適用される追加のトランザクション要件について確認するには、ご利用のペイメントサービスプロバイダにお問い合わせください。

Apple Payの設定に関する要件

WebサイトでApple Payをサポートする環境を設定する

アプリでのApple Pay

ペイメントシートでのインタラクション、承認、更新、エラーなどに対応するAPIをご確認ください。

Apple Pay APIについて詳しく

Web上のApple Pay

Safariでは2つのJavaScript APIがサポートされており、どちらもWebサイト上で、カスタマーからのApple Payでの支払いの受け取りを可能にします。

JavaScript APIについて詳しく

AR Quick LookでのApple Payボタンの追加

Apple Payの注文の追跡

カスタマーがウォレットアプリで注文を追跡できるようにします。

注文の追跡APIについて詳しく

メッセージでのApple Pay

iMessageアプリ内または直接Messages for Businessのセッション内で、カスタマーがApple Payを使ってすばやく簡単に支払えるようにしましょう。

Messagesフレームワークについて詳しく

Messages for BusinessでのApple Payのサポートについて詳しく

PKPaymentAuthorizationControllerについて詳しく

統合、テスト、検証

eコマースプラットフォームおよびペイメントサービスプロバイダ

主要なeコマースプラットフォームおよびペイメントサービスプロバイダがアプリ内やWebサイト上でApple Payをサポートしています。ペイメントサービスプロバイダが提供するApple Pay SDKを使用して、アプリやWebサイトにApple Payを組み込んでください。

eコマースプラットフォームおよびペイメントプロバイダを確認する

Apple Pay Web Merchant Registration API

承認済みのeコマースプラットフォームおよびペイメントサービスプロバイダは、保有するマーチャントIDと合わせてApple Pay Web Merchant Registration APIを使用することで、Apple Pay用のマーチャントのWebサイトを登録および登録解除することができます。

APIについてさらに詳しく

このAPIへのアクセスをリクエストする

Sandboxでのテスト

Apple PayのSandbox環境を使えば、テスト用のクレジットカードやデビットカードを使用してApple Payの実装をテストすることができます。

Sandboxでのテストについて詳しく

ガイドラインを確認する

App Store Reviewガイドライン

アプリを審査に提出する前に、アプリがこれらのガイドラインに準拠していることを確認して、審査がスムーズに進むようにしましょう。

ガイドラインを読む

Web上のApple Payの利用に関するガイドライン

WebサイトにApple Payを導入する前に、これらのガイドラインに従って実装が行われるようにしてください。

ガイドラインを読む