Apple Payでの寄付

非営利団体の皆様は、Apple Payを使用して、AppやWebサイトでシンプルかつ安全な方法で寄付を受けることができます。ユーザーは、Apple Payで商品やサービスを購入する場合と同様に、請求先、配送先、連絡先などの情報を入力することなく寄付を行うことができます。

はじめに

Apple Payで寄付を受ける組織は、以下が必要になります。

セットアップ

寄付を受けるためのApple Payの実装方法は、AppやWebサイトで商品やサービスを販売する場合と同様です。アカウントの設定、実装のプロセス、審査ガイドラインにも違いはありません。唯一異なる点は、非営利団体がApple Payで寄付を受けるための承認を取得する必要があること、また「Donate with Apple Pay(Apple Payで寄付する)」ボタンを使う必要があることです。

承認の申請

非営利団体におけるApple Payの使用登録は、Benevity.orgで行います。その際、組織に関する基本的な情報と、Apple DeveloperのチームID(デベロッパアカウントの「Membership(メンバーシップ)」セクションで確認可能)を提示することが求められます。登録が承認されるとAppleから通知が届き、AppをApp Storeの審査に提出したり、Webサイトを公開したりすることができるようになります。

リソースとヘルプ

Apple Payの実装に関する情報や、ペイメントプロバイダの一覧については、Apple Payのガイドとリファレンスをご確認ください。

Apple Payの実装についてご質問がある場合は、Appleまでお問い合わせください