App Store

App Storeを利用すると、Mac、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV用のアプリケーションを簡単に探し出し、購入し、ダウンロードすることができます。アプリケーションを配信する場合、Apple Developer Programを利用すると、開発からApp Storeでの配信まで、必要なことを全て行うことができます。

アカウントの設定

アプリケーションをApp Reviewに提出する前に、あらかじめ税金と口座に関する情報の提出、契約内容の確認、App Store Connectでのアカウントとユーザー情報の設定を行っておく必要があります。

アプリケーションの準備と提出

コードやデータの設定、デバイスでのテスト、配信を目的としたアプリケーションの提出などに関する詳しい手順をご案内します。

App Review

Appleでは、App Storeに提出されたアプリケーションが信頼ができ、想定どおりに機能し、不快な内容が含まれていないことを確認するために、すべてのアプリケーションを審査しています。Appleでは、提出された全てのアプリケーションを、技術、コンテンツ、デザインの基準に従って審査をしています。詳細については、以下のガイドラインをご覧ください。

アプリケーションの管理

アプリケーションの管理に関する情報(メタデータの編集、アップデート版の提出、クラッシュログのダウンロード、売上や財務に関するレポートの表示など)についてご案内します。

アプリケーションのマーケティング

アプリケーションの宣伝に使用できるアートワークをダウンロードできます。マーケティングガイドラインでは、App StoreのバッジやApple製品の画像の使用方法を詳しく説明し、App Storeマーケティングのベストプラクティスを紹介しています。

テクニカルノートとFAQ

Developer Forums

開発に関するトピックを投稿すると、Appleのエンジニアやほかのデベロッパから回答が得られます。

お問い合わせ

App Store ConnectとApp Review
ご質問内容に最も当てはまるカテゴリを選択してください。

知的財産権に関する問題
App Storeで公開されているアプリケーションが、ご自身の知的財産権を侵害していると思われる場合は、下のリンクから異議を申し立てることができます。Apple Legalから、問題となっているアプリケーションのプロバイダの連絡先を申し立て人に伝えます。

アプリケーション名に関する問題
特定のアプリケーションが、ご自身のアプリケーション名の使用権を侵害していると思われる場合は、下のリンクから異議を申し立てることができます。申し立てが適正な場合、Apple Legalから問題となっているアプリケーションのデベロッパに異議を申し立て、申し立て人の連絡先を伝えます。その後、そのデベロッパから申し立て人に直接連絡するよう促します。

アプリケーションの削除と異議の申し立て
Appleでは、App Storeから特定のコンテンツを削除するよう要請を受けることがあります。また「App Reviewガイドライン」やデベロッパとの契約で明示されている理由に基づき、Appleがコンテンツを削除することもあります。App Storeからアプリケーションを削除する場合は、理由と共にAppleから通知をお送りします。ただし、通知の送信が意味をなさない、もしくは効果的でない場合、深刻な身体的障害が生じる危険性がある場合、Appleがデベロッパの違反行為を特定することができなくなる可能性がある場合、スパム、フィッシング、児童労働の描写に関する違反が関係する場合は、通知が送信されないこともあります。そのような場合は、可能な限り、問題が生じている国や地域のApp Storeからのみアプリケーションを削除し、それ以外の地域では引き続き配信可能な状態に保つようにしています。削除されたアプリケーションが、App Storeで配信されるべきとお考えの場合は、削除に対する異議を申し立てることができます。

iOS 11 は、85% のデバイスで使用されています。

2018 年 9 月 3 日現在、App Store
で集計された結果です。