App StoreにwatchOS Appを提出する

世界中のユーザーは、Apple Watch上のApp Storeを利用して、手首の上で直接Appを発見、閲覧、検索、インストールすることができます。複数のコンプリケーションのためのAPI、SwiftUIコンプリケーション、Xcodeプレビューといった最新のAPIとツールを使えば、独自のコンプリケーションを容易に作成することができるため、ユーザーはwatchOS 7の文字盤上で直接Appの機能を楽しむことができます。

Xcode 12でビルド。

AppをXcode 12でビルドしてください。Xcode 12には、iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7、tvOS 14、macOS Catalina向けのSDKが含まれています。2021年4月以降、App Storeに提出するwatchOS Appはすべて、Xcode 12およびwatchOS 7 SDKでビルドしなければなりません。

Appの最適化

複数のコンプリケーションのためのAPI、SwiftUIコンプリケーション、Xcodeプレビューといった、watchOS 7の最新のAPIとツールを活用しましょう。

さらに詳しく

独立したwatchOS Appの開発

watchOS 6以降では、iOSのフレームワークとテクノロジーを活用して、Apple Watch上で完全に独立したApp体験を創出することができます。iOS上のコンパニオンAppを必要としない、Apple Watch専用のAppを構築することも可能です。

さらに詳しく(英語)

プロダクトページを準備する。

Appの名前と説明

iPhone AppとwatchOS Appでは、共通の名前と説明が使用されます。「Apple Watch」というフレーズをAppの名前に入れることはできませんが、説明の中で使用することはできます。

Apple Watchは、別の言語のテキスト内に出てくる場合であっても、必ず英語で記載する必要があります。Apple Watchは必ず2つの単語で表記し、「A」と「W」を大文字にしてください。詳しくは、「マーケティングリソースとアイデンティティに関するガイドライン」を参照してください。

キーワード

キーワードの文字数は100文字までに制限されており、iPhone AppとwatchOS Appの両方で使用されます。WatchやAppといった語を使用しないようにして、文字数制限内でできるだけ多くのキーワードを設定しましょう。「Apple Watch」というフレーズは使用しないでください。効果的なキーワードの作成について詳しくは、「App Storeのプロダクトページ」を参照してください。

Appアイコン

watchOS AppのアイコンはiOS Appのアイコンと似たデザインにし、ユーザーに両者が関連していることを示してください。アップロードするアイコンファイルは、1024 x 1024ピクセルの正方形のバージョンです。これは縮小のために大きなサイズとなっており、通常表示されるアイコンのサイズはこれよりも小さくなるため、縮小時にも画像が問題なく表示されることを確認してください。

アイコンはシステムによってApp Store用のサイズに調整され、円形のマスクが適用されます。そのため、円形のアイコンはアップロードしないでください。シンプルなデザインを心がけ、アイコンの外縁にある要素は円形のマスクによって切り取られることに留意してください。また、Apple Watchの黒いホーム画面に溶け込んでしまうのを防ぐため、アイコンの背景を黒にすることは避けてください。

アイコンをApp Store Connectにアップロードする前に、「Human Interface Guidelines」で、Apple Watchのアイコンのデザインについて詳しく確認するようにしてください。

スクリーンショット

iPhone Appの10枚のスクリーンショットに加えて、watchOS Appのスクリーンショットを最大10枚アップロードできます。App Storeで使用されるwatchOS Appのスクリーンショットは、368 x 448ピクセル(44 mm)または312 x 390ピクセル(42 mm)です。スペース全体をスクリーンショットに使用し、Apple Watch上で表示されるスクリーンショットのような構成はしないでください。また、iPhone Appのスクリーンショット内にwatchOS Appを配置することも避けてください。

スクリーンショットのカルーセルで初めに表示されるのは、2枚のスクリーンショットです。それらのスクリーンショットで、特に重要なAppの機能に焦点を当てることをお勧めします。watchOS Appの使い方を示すため、スクリーンショットを操作の順番に合わせて並べることもできます。

Appプレビュー

AppプレビューではiPhone Appの映像のみ使用でき、App以外の映像を含めることはできません。watchOS Appを表示するためにプレビューを変更しないようにしてください。

Appプレビューについてさらに詳しく

Appをテストして提出する。

App Store ConnectでAppを審査に提出する前に、Appが審査のガイドラインに準拠しており、正しく機能し、一般に向けてリリースする準備ができていることを確認してください。

ガイドライン

App Storeに提出されるすべてのAppは、技術、内容、デザインの各基準に基づいて審査されます。App Store ConnectでAppを審査に提出する前に、必ずガイドラインを確認してください。

App Store Reviewガイドライン」を読む

TestFlightでのベータ版テスト

ベータ版テストで有益なフィードバックを得て、Appがリリースできる状態か確認してください。AppをApp Store Connectにアップロードし、TestFlightを使用してApple Watchでテストしてください。外部のテスターを招待することもできます。

TestFlightについてさらに詳しく

バージョンとビルド番号

アップロードするバイナリで、iPhone AppとwatchOS Appのバージョンとビルド番号が同じであることを確認してください。