デベロッパに便利なツール群

Xcode IDEは、Apple製品向けの開発で中心的な役割を果たすツールです。CocoaやCocoa Touchのフレームワークと密接に統合されているため、XcodeはMac、iPhone、iPad、Apple WatchApple TVAppの構築において、非常に生産性の高い開発環境となります。

Xcodeを使用すると、コンセプトをコードとして実現し、公開するまでの流れをスムーズに進めることができます。

すべてが緊密に統合されているため、自然なワークフローを実感できます。新しいインターフェイスを作成する際は、関連するソースコードが分割ウィンドウ上のAssistant Editorに直感的にわかりやすく表示されます。マウスを使ってドラッグするだけでUIコントロールと実装コードを簡単に関連付けることができます。また、AppleのLLVMコンパイラテクノロジーによってコードが解析され、LLDBデバッガのすべてのシンボルとエディタやコンパイラとの一貫性が維持されます。コードの入力中にはこの同じエンジンが常に機能し、コードエラーを検出し「Fix-it」の提示を行います。

さらに、XcodeはApple DeveloperのWebサイトとも連動しているため、Game CenterやPassbookなどのサービスを、開発しているAppでワンクリックで有効にできます。Appが完成すると、XcodeでバンドルされApp Storeに提出されます。

Assistant Editor

「Assistant(アシスタント)」ボタンを押すとXcodeエディタが2画面に分割され、プライマリなワークドキュメントが左側に、インテリジェントなAssistant Editorが右側に表示されます。Assistant Editorには、プライマリエディタで行っている作業に最も役立つとXcodeが判断したファイルが自動的に表示されます。たとえば、プライマリエディタでMyClass.mを編集している場合、Assistantには、これに対応するMyClass.hが自動的に表示されます。

Jump Bar

各エディタペインの上にあるJump Barをクリックすると、Assistant Editorに表示させる情報を簡単に選択できます。たとえば、プライマリエディタでソースコードを編集している際に、これに対応するヘッダー、サブクラス、スーパークラス、関連するテストなどをAssistant Editorに表示させることができます。

エディタペイン上のパスコントロールであるJump Barは、タイプすることで特定のファイルやメソッドの定義などを絞り込むことができ、クリックしてすぐに新しいロケーションにジャンプできます。

Interface Builder

Xcode IDEに完全統合されているInterface Builderのデザインキャンバスでは、コードを1行も記述することなく、簡単に完全なユーザーインターフェイスのプロトタイプを作成できます。短時間でプロトタイプを作成し、インターフェイスをXcodeエディタ内のソースと視覚的に関連付けることが可能です。ここで、ウィンドウ、ボタン、スライダーなどをレイアウトすることで、Mac、iPhone、iPad上で実際に機能するユーザーインターフェイスを作成できます。Assistant Editorを使用すると、グラフィックデザインと実装ソースコードを並べて比較しながら作業することができます。マウスを使ってUIコントロールからソースペインにドラッグするだけでコードとインターフェイスを関連付けることができ、コードのスタブを作成することも可能になっています。 さらに詳しく

Version Editorとソース管理

Version Editorを使用すると、ファイルの2つのバージョンの比較、コミットログの参照、コード変更者の確認を簡単に行えます。また、コミットタイムラインをさかのぼって参照することもできます。Version Editorではペインが分割され、同じファイルの異なる2つのバージョンが表示されます。エディタビューを分割しているタイムラインを移動していくと、相違点がハイライトされます。Xcodeでは新しいプロジェクトのローカルGitリポジトリの作成や、ホスト型のSubversionやGitリポジトリのcheck outも可能になっています。トップレベルのSource Controlメニューでは、ブランチやマージなどのオペレーションを簡単に実行できるため、分散型のチームでの作業に最適です。

テスト

テスト駆動開発は、Xcodeのワークフローの中でも特に重要です。Test Navigatorでは、プロジェクト内の任意のテストへの移動、個々のテストやテストグループの実行を非常に簡単に行えます。Assistant Editorにはテストに特化した新しいビューが用意されており、現在編集しているコードに対して実行されるテストが自動的にトラッキングされるため、常にテストとコードが同期した状態を維持できます。

カスタマイズ

Xcode環境は、「タブ」、「ビヘイビア」、「スニペット」などのカスタマイズ機能を使用することで、ほとんどすべてのワークフローにマッチするように設定できます。

タブ

タブを使用し、プロジェクトの完全にカスタムなビューを作成できます。各タブにはそれぞれ、ナビゲータ、エディタ、アシスタント、ユーティリティのエリアが配置されます。また、特定のタスクに合わせてタブ名を設定することや、タブの再編成、タブを分割して独立したウィンドウを作成することが可能になっています。

ビヘイビア

デバッグセッションの開始時や、ビルド中のエラー発生時などに、実行する処理をXcodeに指定します。これをタブと組み合わせることにより、タスクの編集、設計、ビルド、デバッグに対して、それぞれにカスタマイズされた作業環境を作成できます。カスタムビヘイビアでは、キーの組み合わせ1つでウィンドウを完全に再編成することもできます。

スニペット

スニペットライブラリには、新しいクラスやメソッドの定義など、事前設定済みのさまざまなコード補完機能が用意されています。スニペットをカスタマイズまたは追加することにより、少しの文字をタイプするだけで、よく使用するコードを効率的に挿入できます。

Open Quickly

Open Quickly(command + shift + O)機能を使用すると、プロジェクトで使用するファイルに簡単にアクセスできます。Xcodeでは瞬時にファイルを検索でき、1つのファイルを選択して「return」キーを押すとファイルが開き、「option」キーと「return」キーを同時に押すとAssistant Editorでファイルが開きます。

スキーム

Xcodeでは、デバッグ、プロファイル、コード分析、テストスイートの実行など、目的に応じてAppをビルドして実行する方法をカスタマイズできます。たとえばデフォルトのスキームでは、Appを実行する際は「デバッグ」モードでビルドし、プロファイルまたはアーカイブコマンドを実行する際は「リリース」モードでビルドします。タスクからタスクに移動する際もプロジェクトの設定を変更する必要がなく、スキームは自動的に設定されます。また、「Manage Schemes(スキームの管理)」メニューから手動でカスタマイズすることも可能です。