記事

Core MLモデルの入手

Appで使用するCore MLモデルを入手します。

概要

Core MLは、ニューラルネットワーク、ツリーアンサンブル、サポートベクターマシン、一般線形モデルなど、様々な機械学習モデルをサポートします。Core MLには、Core MLのモデル形式(ファイル拡張子.mlmodelを使用するモデル)が必要です。

Create MLと独自のデータを使ってカスタムモデルをトレーニングし、画像を認識する、テキストから意味を抽出する、数値間の関連を見出す、といったタスクを実行できます。Create MLを使用してトレーニングされたモデルはCore MLのモデル形式であり、Appで使う準備ができています。

Appleは、すでにCore MLのモデル形式になっている一般的なオープンソースのモデルもいくつか提供しています。これらのモデルをダウンロードして、App内で使い始めることができます。また、Core MLのモデル形式でない場合もありますが、様々な研究グループや大学がそれぞれのモデルとトレーニングデータを公開しています。これらをAppで使用するには、トレーニング済みモデルのCore MLへの変換に記載されているとおり、モデルを変換する必要があります。

関連項目

最初のステップ

Core MLモデルのAppへの組み込み(英語)

Appにシンプルなモデルを追加し、モデルに入力データを渡し、モデルの予測を処理します。

トレーニング済みモデルのCore MLへの変換

他社製の機械学習ツールで作成したトレーニング済みのモデルを、Core MLのモデル形式に変換します。