記事

SiriKitの使用許可要求

SiriとマップがAppのIntents App Extensionとやり取りできるよう、ユーザーに許可を求めます。

概要

SiriとマップがIntents App Extensionとやり取りするには、まずユーザーの許可を得る必要があります。Extensionからではなく、iOS Appから許可を求めます。ユーザーから与えられた許可は、iOS AppとwatchOS Appの両方に適用されます。

許可を求める手順は以下の通りです。

  1. 「Siri」ケイパビリティを有効にします。許可を求める処理が正しく行われるためには、iOS AppまたはWatchKit Extensionで「Siri」ケイパビリティが有効になっている必要があります。「Siri」ケイパビリティの有効化については、Intents App Extensionの開発を参照してください。

  2. Info.plistファイルを構成します。NSSiriUsageDescriptionキーを、iOS AppのInfo.plistファイルに含めます。値として、AppがSiriKitとどのような情報をやり取りするか説明する文字列を入力してください。例えばワークアウトAppの場合、「ワークアウトの情報がSiriに送られます。」という文字列を与えます。このキーは必ず含めてください。

  3. iOS Appから許可を求めます。iOS App実行中のある時点で、INPreferences(英語)requestSiriAuthorization(_:)(英語)クラスメソッドを呼び出します。

Appの許可状況が確定していない状態でiOS AppからrequestSiriAuthorization(_:)(英語)メソッドを呼び出すと、システムはユーザーに対し、Appを許可するよう求めるメッセージを表示します。このアラートには、AppのInfo.plistファイルのNSSiriUsageDescriptionキーで指定した説明文が含まれます。ユーザーはAppからのリクエストを許可または拒否します。Appの許可状況は「設定」Appでいつでも変更できます。Appの許可状況はシステムに記憶されるので、これ以降にrequestSiriAuthorization(_:)(英語)メソッドを呼び出す際、ユーザーに対して再びプロンプトが表示されることはありません。

関連項目

Siri

プロパティリストのキー NSSiriUsageDescription(英語)

ユーザーに対し、AppがユーザーデータをSiriに送るようリクエストしている理由を説明するメッセージ。

名前: Privacy - Siri Usage Description