記事

プロモーション対象のApp内課金のテスト

App StoreでAppの提供を開始する前に、App内課金をテストします。

概要

ユーザーはApp Storeでプロモーション対象のApp内課金を購入できますが、プロダクトを公開する前に、このフローをテストする必要があります。Appleでは、itms-services://プロトコルを使用してAppをトリガするシステムURLを提供しています。これを利用して、App Storeで提供を開始する前にApp内課金をテストできます。

プロトコル

itms-services://

パラメータ action

purchaseIntent

パラメータ bundleId

アプリケーションのバンドルID。例:

com.example.app

パラメータ productIdentifier

テストしようとするApp内課金のプロダクト名。例:

product_name

最終的なURLは次のようになります。

itms-services://?action=purchaseIntent&bundleId=com.example.app&productIdentifier=product_name

このURLを電子メールやiMessageで自分自身に送信し、これをデバイスから開いてください。アプリケーションが自動的に開けば、テストは実行されています。Appでプロモーション対象のApp内課金がどのように処理されるかをテストできます。

関連項目

App内課金のプロモーション

class SKProductStorePromotionController(英語)

デバイスごとにApp内課金の順序と可視性をカスタマイズするための、プロダクトプロモーションコントローラです。