Game Center

Appleのソーシャルゲームネットワーク、Game Centerを活用して、さらにつながりが広がる楽しいゲームを提供しましょう。Game Centerでは、プレイヤーはAppleのプラットフォーム全体でアイデンティティを構築して、Game CenterのLeaderboard、達成項目、マルチプレイヤー機能、ダッシュボードなど、さまざまな機能を利用することができます。また、カスタマイズしたユーザーインターフェイスにこれらの機能を追加することも、最新のGame Centerユーザーインターフェイスを活用することもできます。

Leaderboard

Leaderboardを使用すれば、プレイヤーはゲーム内で新しいコンペティションに参加したり、他のプレイヤーに挑戦してスコアを競ったりすることができます。また、世界中のプレイヤー内でのランキングや、Game Centerの友達の間でのランキングを確認できます。さらに、カスタムUIで友達だけのLeaderboardを作成することもできます。標準Leaderboardでは、継続的にデータが記録され、プレイヤーのスコアが永久的に保持されます。標準Leaderboardは、これまでに勝利した対戦数累計やレベルの最短クリア時間など、過去のイベントの総合的な記録や通算スコアを見せるために使います。一方、周期Leaderboardは短期間限定のもので、日間、週間、月間など、指定した期間で記録がリセットされます。このLeaderboardは、1週間あたりの最大勝利数など、特定の期間内の記録を見せるために使います。ゲームには、上記いずれかの、または両方のLeaderboardを採用できます。

達成項目

達成項目とは、プレイヤーがゲーム内で特定の目標を達成したことを示すものです。プレイヤーにとって何らかの価値がある、ゲームの内容に適した達成項目を選定しましょう。達成項目は、「ロック中(Locked)」、「進行中(In progress)」、または「完了(Completed)」のいずれかのステータスで表示されます。また、ゲームをクリアしたときにだけ表示される、非表示の達成項目を作成することもできます。ゲームのネタバレを防ぐため、あるいはサプライズとしてプレイヤーに喜んでもらえるよう、非表示の達成項目を利用できます。達成項目は最大100個まで提供でき、各達成項目に最大で100ポイント付与できます。1つのゲーム内では、合計で1,000ポイントまで付与できます。将来のアップデート版に新しい達成項目を追加する余地を持たせるため、ゲームの初版をリリースする際は、この制限を考慮に入れてください。また、ゲームが単調にならないよう、クリアするために相応の努力や高度なスキルが必要となる達成項目を作成しましょう。

チャレンジ

プレイヤーはチャレンジ機能を使って、友達と直接対戦してハイスコアを競い合ったり、特定の達成項目を達成したりできます。デフォルトでは、チャレンジはダッシュボードに表示されません。チャレンジをダッシュボードに表示させるには、App Store Connectで設定を変更する必要があります。

マルチプレイヤー

Game Centerは、リアルタイムおよびターン制マルチプレイヤー機能に対応しているので、プレイヤーはゲームを退出することなく、つながりを継続できます。プレイヤーは、Game Centerの友達、連絡先に登録されている人、iMessageグループ、近くにいるプレイヤーを招待したり、自動マッチング機能で対戦相手を見つけたりして、iOS、iPadOS、macOSですぐにプレイを開始できます。また、友達リクエスト受信箱を使って、リクエストを1か所で簡単に管理することができます。

ダッシュボード

Game Centerのダッシュボードは、プレイヤーがプロフィールを確認し、達成項目、Leaderboard、チャレンジなど、各ゲームが提供するGame Center機能を利用するための主要なインターフェースです。ダッシュボードの特定のエリアに移動するためのディープリンクを設置したり、ダッシュボード全体に簡単にアクセスするためのアクセスポイントを設置したりすることができます。

アクセスポイントの初回表示の際、達成項目数やデフォルトのLeaderboardのランキングといったハイライトを表示することもできます。ハイライトを表示すると、プレイヤーは進捗ステータスを一目で把握できます。ハイライトの表示後、アクセスポイントは閉じられ、プレイヤーのアバターが表示されます。

友達

Game Centerを利用すれば、プレイヤーはゲームの内外でつながることができます。マルチプレイヤーのゲームを一緒に楽しむ、Leaderboardで友達のランキングを確認する、Game Centerの友達が何のゲームをプレイしているかをApp StoreGame Centerウィジェットで確認するなど、さまざまなことができます。

Friends APIを使用すれば、マルチプレイヤーの体験や友達との体験をスムーズなものにすることができます。友達と一緒にミッションに挑戦したり、カスタムUIで友達だけのLeaderboardを表示したりするだけでなく、友達の進捗状況を進捗マップで確認することもできます。Game Centerの友達のリストへのアクセスをリクエストするプロンプトはゲームごとに表示されるため、プレイヤーはアクティビティの共有設定を常に管理することができます。

ディスカバリー

Game Centerが有効になっているゲームは、App Storeの「プレイ中の友達」セクションに表示されるので、ユーザーは友達がプレイしている新しいゲームを発見することができます。App Storeのプロダクトページでは、プレイヤーの友達の誰がそのゲームをプレイしているかが表示されます。プレイヤーは、「プレイ中の友達」と「プレイを続ける」のウィジェットをホーム画面に追加して、ゲームをすばやく開始することができます。

Game Centerの有効化

まず、Game Centerを機能の1つとしてXcodeプロジェクトに追加し、App Store Connectで機能を設定します。次に、GameKitフレームワークを使って、採用するGame Centerの機能を実装します。ゲームでGame Centerの機能を提供するには、プレイヤーがデバイスでGame Centerにサインインしていることを確認する必要があります。確認後は、ゲームへの招待、チャレンジへの招待、ユーザーの変更などの通知も受信できるようになります。