Mac Catalyst

Mac Catalystを使って構築したネイティブのMac用Appは、iPad用Appとコードを共有でき、Mac専用の機能をさらに追加することもできます。macOS Big Surでは、これまで以上にパワフルなバージョンのAppを作成し、Macのネイティブ解像度で実行することで、画面のピクセルをフル活用することができます。また、Mac Catalystで構築したAppは、キーボードだけで完全にコントロールすることができるようになり、より多くのiOSフレームワークにアクセスできるようにもなり、macOS Big Surの刷新されたデザインを活かすことができます。今こそ、あなたのiPad用AppをパワフルなMac用Appに変える絶好のタイミングです。

macOS Big Surのためのデザイン

Mac Catalystで構築したAppをmacOS Big Surで実行すると、新しいデザインが自動的に適用されます。新しくなったマップAppやメッセージAppは、最新バージョンのMac Catalystで構築されています。

ネイティブのMac用Appの開発を有利に進めよう。

あなたのiPad用Appを非常に優れたMac用Appにすることができます。今こそ、そのAppをMacで使えるようにする絶好のチャンスです。必要なものは最新バージョンのXcode 12だけです。まず、既存のiPad用Appのプロジェクト設定で「Mac」のチェックボックスを選択してネイティブのMac用Appを作成し、そこに手を加えていきましょう。Mac用AppとiPad用Appでプロジェクトとソースコードが共有されるため、1か所で手軽に変更することができます。

さらに詳しく(英語)

Mac用にインターフェイスを最適化する。

新たに作成されたMac用Appは、Mac専用に開発されたAppと同じフレームワーク、リソース、ランタイム環境を利用して、ネイティブに実行されます。Macの基本的なデスクトップおよびウインドウ表示用の機能が追加され、タッチコントロールはキーボードとマウス用に適用されます。AppはデフォルトでiPadの解像度に合わせた大きさで表示されます。macOS Big Surで「Optimize interface for Mac(インターフェイスをMacに最適化)」を選択すれば、Macのイディオムを利用し、Macのネイティブ解像度を使用してAppを実行することも可能です。これにより、画面の全ピクセルを完全にコントロールし、プルダウンメニューやチェックボックスといったMac固有のコントロールをAppに組み込むことができるようになります。

さらに詳しく(英語)

さらにパワフルに。

macOS Big Surの新しいAPIや動作を活用すれば、さらにパワフルなMac用Appを作成することができます。Appがキーボードだけで完全にコントロールできるようになり、ウインドウの枠外で分離できるポップオーバーを作成したり、新しいウインドウAPIを使ってウインドウのタブをコントロールしたり、新しくなった写真ピッカーを使ってユーザーがApp内でより簡単に写真を選択しやすくなりました。iOSの写真の編集に使うExtensionをMac上で実行できるように構築することも可能になりました。また、強化されたAppのライフサイクルAPIを使い、バックグラウンドで実行中のAppをよりいっそう管理しやすくなりました。

新しいフレームワークや改良されたフレームワーク。

Mac Catalystでは新しいフレームワークや改良されたフレームワークに対応できるようになったため、Mac上でAppができることがさらに広がります。HomeKitがサポートされたことは、Mac上でホームオートメーション用のAppやホームAppを実行できることを意味しています。また、ClassKitフレームワークが追加されたことで、Mac用Appで課題の進捗を管理したり、先生と生徒の間で進捗状況を共有したりすることができるようになりました。加えて、Accounts、Contacts、Core Audio、GameKit、MediaPlayer、PassKit、StoreKitといった多くの既存のフレームワークも改良されています。

ツールとリソース

Xcode 12ベータ版をダウンロードし、以下のリソースを活用して、Mac CatalystでネイティブのMac用Appを構築しましょう。

Xcode 12をダウンロードする(英語)