Appleシリコン搭載のMacでのiPhoneおよびiPad向けAppの提供

iPhoneおよびiPad向けAppが、Appleシリコン搭載のMac上のMac App Storeでも提供されるようになりました。AppをMac向けに修正する必要はなく、ユーザーとデベロッパの双方にとって新たな可能性が広がります。iPhoneおよびiPad向けAppで利用可能な既存の機能を使って、キーボード、ウインドウ、タッチ入力のジェスチャと連携して動作するようAppを最適化することができます。さらに、既存の機能を確認し、必要に応じて機能を有効化/無効化することで、AppのMac上での動作を調整することも可能です。

ポーティングは不要

App Storeで配信中のiPhoneおよびiPad向けAppは、Appleシリコン搭載のMac上のMac App Storeで自動的に公開されます。Appを修正する必要はありません。iPhoneおよびiPad向けにAppが使用するフレームワークがMac用に調整され、同一のフレームワークが使用可能なため、ポーティングプロセスは発生しません。つまり、3つのプラットフォームで同じアーキテクチャを共有し、活用することができます。

iPhone、iPad、Macのための最適化

iPhoneおよびiPad向けAppで利用可能な機能の中には、Mac上でのAppの実行を容易にし、いずれのプラットフォームでも全体的なユーザー体験の向上につながる機能があります。たとえば、Appをキーボードに対応させることで、Macの主要インターフェイスであるキーボードに対応するだけでなく、近年増え続けている、iPadでキーボードを使うユーザーの体験向上にも貢献できます。AppをiPadのマルチタスキングおよびAuto Layoutに対応させると、iPadとMac上でウインドウのサイズを変更できるようになります。ピンチ、スクロール、回転、拡大など、標準のジェスチャリコグナイザに対応しているAppでは、それらのジェスチャがMac用入力デバイスの該当するジェスチャに自動的にマッピングされます。iPad向けAppをドラッグ&ドロップに対応させると、Macでの一般的な操作方法で利用できるようになるため、Appの汎用性がいっそう高まります。ファイルを使用するAppでは、最新のBundle APIおよびFileManager APIを活用することで、どのプラットフォームでもファイルを適切に取り扱うことができます。また準備が整ったら、Mac Catalystを使って、Macならではの強みを最大限に活用したAppを構築することができます。

iOS向けAppをmacOSで実行する(英語)

Mac Catalyst

Macでの互換性確認

一部のAppは、iPhoneおよびiPad特有の機能に最適化されています。このため、AppがMac向きかどうか、また、その場合はAppがMac上でどのように動作するかを慎重に検討する必要があります。たとえば、Multi-Touch画面、ジャイロスコープ、加速度センサー、深度を感知するカメラなど、iPhoneおよびiPadに特有のハードウェアがAppで使用されている場合があります。また、ARKitやCallKitなど、Macでは利用できないフレームワークがAppで使用されている場合もあります。こうした特有の機能に依存したAppであるかどうか、あるいはこれらの機能は時折使用される程度なのかを判断します。いずれの場合も、必要に応じてAppでそれらの機能を有効化/無効化することができます。

macOS環境で実行するためにiOS向けのコードを適応させる(英語)

iOS AppをMac App Storeで配信するかどうかを決める(英語)

Mac App Storeでの配信

ユーザーは、iPhoneおよびiPad向けAppをMac App Storeで直接見つけることができます。iPhoneおよびiPad向けAppは、Appのアイコンの横に表示される「Designed for iPhone(iPhone向けApp)」および「Designed for iPad(iPad向けApp)」のバッジで判別することができます。iPhoneとiPad向けAppはおすすめのAppやランキングにも表示されるほか、検索結果の上部で「iPhone & iPad Apps(iPhoneおよびiPad向けApp)」をクリックして見つけることもできます。

評価とレビュー:Mac App Storeでの評価とレビューは、iPhoneおよびiPad上のApp Storeでの評価とレビューとは別になっており、当該のAppのレビューは同じプラットフォームで利用している他のユーザーからのレビューに限定して表示されます。

ユニバーサル購入:Mac App Storeで配信されるiPhoneまたはiPad向けAppは、後からApp Store ConnectでmacOSプラットフォームを追加することで、Macバージョンに置き換えることができます。iPhoneまたはiPad向けAppをMacですでに利用しているユーザーには、新たにMac向けになったAppがアップデートとして配信されます。すでにMac向けAppがあり、それがユニバーサル購入の一部として提供されている場合、Mac App Storeで当該AppのiPhoneまたはiPad向けAppを配信することはできません。

Appの管理

Mac App Storeでの提供ステータスの管理:デフォルトで、Appは自動的にMac App Storeで公開されます。Mac向きのAppではないと判断した場合、App Store Connectでいつでも提供の可否を変更することができます。

macOS上でのAppの検証:Mac App Storeで配信されるiPhoneおよびiPad向けAppには、「Not verified for macOS(macOSでの動作は未検証)」というラベルがデフォルトで表示されます。デベロッパは、AppをAppleシリコン搭載のMac上でテストして正しく動作することが確認できた場合、App Store ConnectでAppの互換性を証明することで、このラベルをApp Storeから削除することができます。

Appアナリティクス:App Store ConnectのAppアナリティクスを使うと、MacプラットフォームにおけるAppのプロダクトページ閲覧数、ダウンロード数、売上を確認することができます。

App Store Connectヘルプ