Apple Developer Appを使用した登録と本人確認

対象地域1に拠点を置くデベロッパは、Apple Developer Programへの登録と、その他のプロセスに必要な本人確認を、Apple Developer Appで行うことができます。

個人としてApple Developer Programに登録する

申請者が、個人、個人事業主/個人経営者の場合は、以下の手順に従って、iPhoneまたはiPadでApple Developer Programに登録します。登録を始めるには以下が必要です。

  • Touch IDまたはFace IDを搭載した、もしくはパスコードが有効になっているiPhoneまたはiPad。登録のプロセスでは、開始から完了まで同じデバイスを使用する必要があります。
  • 2ファクタ認証が有効になっているApple ID。Apple IDの情報は、有効な最新情報である必要があります。これには、名と姓、住所、電話番号、信頼できる電話番号、信頼できるデバイスが含まれますが、これらに限定されません。
  • 最新バージョンのApple Developer Appがデバイスにインストールされていること。
  • 使用するデバイスでiCloudにサインインしていること。

登録の開始

  1. 登録に使用するデバイスでApple Developer Appを起動します。
  2. 「アカウント」タブをタップします。
  3. 登録に使用したApple IDでサインインします。デバイスへのサインインで使用したものと同一のApple IDである必要はありませんが、2ファクタ認証が有効になっている必要があります。
  4. プロンプトが表示されたら、Apple Developer契約(英語版)の条件を確認して「同意する」をタップします。
  5. 「今すぐ登録」をタップします。
  6. プログラムの内容と要件を確認し、「続ける」をタップします。

個人情報の入力

  1. 名と姓および電話番号を入力します。正式な個人名が販売元としてApp Storeに記載されます。名、姓のいずれの欄にも、別名、ニックネーム、企業名などを入力しないでください。正確でない名前を入力すると、登録確認の完了が遅れる場合があります。
  2. 運転免許証または政府発行の写真付き本人確認書類による本人確認が求められます2
    • 写真付き本人確認書類の表面を撮影し、「確定する」をタップします。
    • 写真付き本人確認書類の裏面を撮影し、「確定する」をタップします。
  3. 画面に表示される手順に従います。

購入の完了

年間メンバーシップサブスクリプションの詳細を確認し、「登録する」ボタンをタップします。メンバーシップは、キャンセルされるまで自動的に更新される年単位のサブスクリプションとして提供されます。購入には、App Store(iOS 14の場合)のアカウント、またはiTunesおよびApp Store(iOS 13.7以前の場合)のアカウントに関連付けられている支払い方法が使用されます。3 領収書はEメールで送信されます。また「設定」の「購入履歴」から、いつでも自分宛てにEメールで再送信できます。年次更新日の前日までであれば、「設定」でサブスクリプションをキャンセルすることができます。年の途中でサブスクリプションをキャンセルした場合、当該年の支払い済みのメンバーシップ登録料は返金されません。

Apple IDの支払い方法の管理について

組織としてApple Developer Programに登録する

申請者が、企業、非営利団体、ジョイントベンチャー、合名会社、政府機関の従業員である場合は、以下の手順に従ってiPhoneまたはiPadからApple Developer Programに登録します。Apple Developer Programに組織を登録する担当者は、組織を代表して法的な契約を交わす権限を有している必要があります。また、その担当者は、組織の所有者または創設者、経営管理者、上級プロジェクト管理者であるか、上級社員から法的権限を付与されている従業員である必要があります。登録を始めるには以下が必要です。

  • Touch IDまたはFace IDを搭載した、もしくはパスコードが有効になっているiPhoneまたはiPad。登録のプロセスでは、開始から完了まで同じデバイスを使用する必要があります。
  • 2ファクタ認証が有効になっているApple ID。Apple IDの情報は、有効な最新情報である必要があります。これには、名と姓、住所、電話番号、信頼できる電話番号、信頼できるデバイスが含まれますが、これらに限定されません。
  • 最新バージョンのApple Developer Appがデバイスにインストールされていること。
  • 使用するデバイスでiCloudにサインインしていること。

登録の開始

  1. 登録に使用するデバイスでApple Developer Appを起動します。
  2. 「アカウント」タブをタップします。
  3. 登録に使用したApple IDでサインインします。デバイスへのサインインで使用したものと同一のApple IDである必要はありませんが、2ファクタ認証が有効になっている必要があります。
  4. プロンプトが表示されたら、Apple Developer契約(英語版)の条件を確認して「同意する」をタップします。
  5. 「今すぐ登録」をタップします。
  6. プログラムの内容と要件を確認し、「続ける」をタップします。

Account Holderとしての情報の入力

  1. 正式な名と姓、および電話番号を入力します。別名、ニックネーム、または企業名を入力しないでください。正式な名前以外の名前を入力すると、登録確認の完了が遅れる場合があります。
  2. 運転免許証または政府発行の写真付き本人確認書類による本人確認が求められます2
    • 写真付き本人確認書類の表面を撮影し、「確定する」をタップします。
    • 写真付き本人確認書類の裏面を撮影し、「確定する」をタップします。
    • 入力した情報を確認し、「登録手続きを続ける」をタップします。

組織情報の入力

画面に表示される手順に従って、以下の情報を入力します。

  • 法人の種類。
  • 法人名。架空事業名、商号、屋号、支店名での登録は認められません。配信するAppの「販売元」には法人名が記載されます。例:「販売元:ABC株式会社」
  • D‑U‑N‑S®番号。申請する組織は、組織の法人情報および法人格を確認するためのD-U-N-S番号を有している必要があります。この番号は、Dun & Bradstreetによって付与される9桁の固有の番号であり、標準的な企業識別情報として広く利用されています。組織に付与されている番号を無料で検索することができます。番号をお持ちでない場合は、番号を無料で申請することができます。
  • 本社の住所と電話番号。
  • Webサイト。組織のWebサイトは、組織を正しく表現するドメイン名を使い、一般に公開されている必要があります。
  • 署名権限の証明。あなたが組織を代表して法的な契約を結ぶ権限を有していることを確認してください。また、あなたが署名権限を持っていることを証明できる従業員の連絡先情報を入力してください。
  • 組織が非営利団体、教育機関、政府機関である場合は、登録料の免除をリクエストできます。

提出された情報はAppleによって確認され、次の手続きが記載されたメールが届きます。

登録と購入の完了

登録情報の確認が終わり、承認されると、登録の完了が可能になったことを知らせるEメールが届きます。

  1. 登録に使用したデバイスでApple Developer Appを起動します。
  2. 「アカウント」タブをタップします。
  3. 登録に使用したApple IDでサインインします。
  4. 「登録手続きを続ける」をタップします。
  5. Apple Developer Program使用許諾契約(英語版)の条件を確認し、「同意する」をタップします。
  6. 年間メンバーシップサブスクリプションの詳細を確認し、「登録する」ボタンをタップします。

メンバーシップは、キャンセルされるまで自動的に更新される年単位のサブスクリプションとして提供されます。購入には、App Store(iOS 14の場合)のアカウント、またはiTunesおよびApp Store(iOS 13.7以前の場合)のアカウントに関連付けられている支払い方法が使用されます。3 組織のクレジットカードを使用する必要がある場合は、デバイスの「設定」>「メディアと購入」セクション(iOS 14の場合)または「iTunesとApp Store」セクション(iOS 13.7以前の場合)にサインインしているApple IDにそのカードの情報を追加してください。このApple IDは、登録に使用するApple IDと異なっていてもかまいません。領収書はEメールで送信されます。また「設定」の「購入履歴」から、いつでも自分宛てにEメールで再送信できます。年次更新日の前日までであれば、「設定」でサブスクリプションをキャンセルすることができます。年の途中でサブスクリプションをキャンセルした場合、当該年の支払い済みのメンバーシップ登録料は返金されません。

Apple ID支払い方法の管理について

本人確認を行う

Account Holderの役割の譲渡の受け入れ、Apple Developer Enterprise Programへの申請など、Webサイト上で開始、完了するプロセスを含め、一部の手続きではApp内での本人確認が必須となります。確認が完了すると、本人情報がお使いのApple IDと関連付けられます。別のApple IDでサインインして再度本人確認を行うことはできません。登録を始めるには以下が必要です。

  • Touch IDまたはFace IDを搭載した、もしくはパスコードが有効になっているiPhoneまたはiPad。登録のプロセスでは、開始から完了まで同じデバイスを使用する必要があります。
  • 2ファクタ認証が有効になっているApple ID。Apple IDの情報は、有効な最新情報である必要があります。これには、名と姓、住所、電話番号、信頼できる電話番号、信頼できるデバイスが含まれますが、これらに限定されません。
  • 最新バージョンのApple Developer Appがデバイスにインストールされていること。
  • 使用するデバイスでiCloudにサインインしていること。

本人確認

  1. Apple Developer Appを起動します。
  2. 「アカウント」タブをタップします。
  3. AppまたはApple Developerアカウントに関連付けられたApple IDでサインインします。
  4. 「本人確認を行う」をタップします。
  5. 正式な名と姓、および電話番号を入力します。別名、ニックネーム、または企業名を入力しないでください。正確でない名前を入力すると、登録の確認が遅れる場合があります。
  6. 運転免許証または政府発行の写真付き本人確認書類を撮影します2
    • 写真付き本人確認書類の表面を撮影し、「確定する」をタップします。
    • 写真付き本人確認書類の裏面を撮影し、「確定する」をタップします。
  7. 入力した情報を確認し、「続ける」をタップします。

プロセスの完了

本人確認が完了すると、確認画面が表示されます。その後Webサイトに戻り、必要に応じてプロセスを完了できます。

年間メンバーシップのサブスクリプションを更新する

Apple Developer Appから登録した場合、メンバーシップは自動更新サブスクリプションとして更新されます。その際は、App Storeのアカウント(iOS 14の場合)、またはiTunesおよびApp Storeのアカウント(iOS 13.7以前の場合)が使用されます。3 組織のクレジットカードを使用する必要がある場合は、デバイスの「設定」>「メディアと購入」セクション(iOS 14の場合)または「iTunesとApp Store」セクション(iOS 13.7以前の場合)にサインインしているApple IDにそのカードの情報を追加してください。このApple IDは、登録に使用するApple IDと異なっていてもかまいません。

Apple IDの支払い方法の管理について

サブスクリプションのキャンセルと再登録

サブスクリプションはいつでもキャンセルすることができ、メンバーシップの有効期限が切れるまでは、メンバーシップの特典を利用し続けることができます。有効期限は、Apple Developer Appの「アカウント」タブで確認できます。サブスクリプションをキャンセルしても、メンバーシップの有効期限が切れてから1年以内であれば、いつでも再登録することができます。

サブスクリプションの管理について

Apple Developer Webサイトを通じて登録した場合、Apple Developer Appでメンバーシップを更新することは現在できません。

メンバーシップの更新について

1Apple DeveloperAppからの登録手続きは、現在インドとコソボを除き、App Storeでサポートされているすべての地域で利用可能です。中国本土でのApple DeveloperAppの利用について、詳しくはこちらのページ(簡体中国語)をご覧ください。

2 写真付き本人確認書類:Appleは、この情報を本人確認や不正防止の目的以外で使用することはありません。Appleは、この情報をサードパーティの本人確認サービスプロバイダと安全に共有することがありますが、そうしたプロバイダがこの情報を本人確認および不正防止以外の目的で使用することは禁止されています。Appleはサードパーティサービスプロバイダに対し、この情報が不要になり次第、かつ法律でその保存が義務付けられていない限り、この情報およびこの情報から得られたすべての情報を削除することを義務付けます。写真付き本人確認書類の画像が提出された後、Appleは、その真正性を確認し、画像から名前と住所のみを抜き出して、画像を破棄します。政府発行の本人確認書類の画像を提出したくない場合で、かつ提出が法律によって義務付けられていない場合は、別の本人確認方法についてAppleまでお問い合わせください。デベロッパの情報が登録や本人確認に使用される方法について、詳しくは「Apple Developer Programとプライバシー」を参照してください。

3 Apple Developer Programメンバーシップのお支払い方法にストアクレジットを使用することはできません。

Apple Developer Appの使用について問題がある場合は、Appleまでお問い合わせください。