Apple Developer Programメンバーシップ登録料の免除

対象となる組織は、Apple Developer Programメンバーシップに無料でご登録いただけるようになりました。対象国に所在し、App Storeで無料のAppのみを配信する非営利団体、認定を受けた教育機関、政府機関は、メンバーシップの年間登録料の免除を申請することができます。

対象

対象国に所在し、App Storeで無料のAppのみを配信する非営利団体、認定を受けた教育機関、政府機関は、Apple Developer Programメンバーシップの年間登録料の免除を申請することができます。申請された内容は、Appleによる審査を経て承認の可否が通知されます。

対象国と地域:オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国本土、フランス、ドイツ、イスラエル、イタリア、日本、メキシコ、韓国、英国、米国。

新規のメンバー

対象となる組織がApple Developer Programに無料で登録する場合、登録時に登録料の免除を申請するオプションを選択してください。登録料の免除が承認された場合は、登録手続きの際に(英語)メンバーシップ料金を支払う必要はありません。

既存のメンバー

対象となる組織のAccount Holder(アカウントホルダー)は、メンバーシップの有効期限前であればいつでも、登録料の免除を申請することができます。この免除申請には、各政府機関が各国または地域内の市場の事業所を識別するために発行する納税者番号または国民識別番号が必要です。これには、ヨーロッパにおけるVAT番号、フランスにおけるSIRET番号、オーストラリアにおける企業番号、ブラジルの州政府が発行する法人登録番号などが該当します。登録料の免除が承認されると、メンバーシップの次回更新時から、年間登録料の支払いが免除されます。すでにお支払い済みのメンバーシップ登録料は、全額か一部かにかかわらず返金はできません。

その他の詳細

メンバーシップ登録料の免除申請は、すべてAppleによる審査を受けます。登録料の免除が承認された後、App Storeで有料のAppやApp内課金のあるAppを配信した場合は、99米ドルの年間登録料の支払い義務が生じます。

以下に該当するお客様は、登録料の免除を申請することはできません。

  • App Storeで有料のAppやApp内課金のあるAppを配信している組織
  • Apple Developer Enterprise Programのメンバー
  • 個人および個人事業主または個人経営者

対象国と地域は今後さらに追加される予定です。ご質問があればAppleまでお問い合わせください