サポートセンター

本人確認

Apple が身元確認を実施するのはなぜですか?

Apple が身元確認を実施するのは、申請者や申請者の所属する企業の身元が正しいことと、Apple Developer Program の登録資格があることを確認するためです。

Apple は、登録する企業/組織の身元をどのようにして確認するのですか?

企業の身元を確認するプロセスは、いくつかの要素で構成されており、例としては D‑U‑N‑S® Number や署名権限の確認があります。各企業/組織は、その法人に関連付けられている D-U-N-S Number の提示が求められます。さらに、登録時に提示された情報をもとに、申請者がその企業を Apple Developer Program に登録する法的権限をお持ちかどうかを確認します。さらに詳しく

公証書類の提出を求める通知を受け取りました。公的証明を受けるには、どうすればよいですか?

お住まいの国によっては、申請者が Apple に提出しようとしている書類が原本の真正な謄本であることを公的に証明するための署名と押印を行う機関が存在します。書類の公的証明は、公証役場、銀行、郵便局など、公証人が執務する機関において受けることができます。要件と手数料は、場所によって異なります。

政府発行の写真付き身分証明書のうち、Apple が受け付けるのはどのような種類のものですか?

受け付けられる身分証明書の例としては、運転免許証やパスポートなどの ID カードがあります。

iOS Developer Program または Mac Developer Program に登録済みでも、別のプログラムに参加するにはもう一度身元確認の手続きが必要ですか?

個人として、または所属する企業のチームエージェントとして iOS Developer Program または Mac Developer Program に登録済みの場合は、別のプログラムに参加するときに追加の審査は必要ありません。Mac Developer Program、iOS Developer Program、または Safari Developer Program のメンバーとなるには、現在のプログラムにお使いの Apple ID で Member Center にサインインしてください。

iOS Developer Enterprise Program に参加するには、新しい Apple ID で登録して標準の審査を受ける必要があります。

iOS Developer Enterprise Program に登録済みの場合に、別のプログラムに参加するにはもう一度身元確認の手続きが必要ですか?

はい。Mac Developer Program、iOS Developer Program、または Safari Developer Program に参加するには、新しい Apple ID で登録し、標準の審査を受けていただく必要があります。

サポートが必要な場合は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ