Developer IDとGatekeeper

macOSのGatekeeperはDeveloper ID証明書を確認することにより、悪意のあるソフトウェアのダウンロードやインストールからユーザーを守ります。Mac App Store以外の場所でApp、プラグイン、インストーラパッケージを配信する場合は、インストールが安全であることをGatekeeperが確認できるよう、必ず署名を付けるようにしてください。また、AppをAppleに提出して認証を受けることで、macOS Mojaveで実行するAppに対するユーザーの信頼をさらに高めることができます。

Developer ID証明書

Mac App Store以外の場所でMac App、プラグイン、インストーラパッケージを配信する場合は、Appleから一意なDeveloper IDを取得し、デジタル署名をすることができます。Developer ID証明書によって、あなたが信頼できるデベロッパであることがGatekeeperで確認されます。また、Developer IDで署名したソフトウェアでは、CloudKitやプッシュ通知といった高度な機能を活用することもできます。

Developer IDの使用についてさらに詳しく(英語)

証明書を生成する

Xcode(英語)またはアカウント(英語)の「Certificates, Identifiers & Profiles」(証明書、ID、プロファイル)セクションで生成したDeveloper ID証明書でAppに署名しましょう。

Kextのための証明書をリクエストする

Kernel ExtensionにDeveloper ID証明書で署名する必要がある場合は、お知らせください(英語)


macOS Mojaveで利用可能

Appの認証を受ける

配信前にAppleによる認証を受けるため、Appを提出することができます。macOS Mojaveのユーザーが、認証済みのAppを初めて起動すると、よりシンプルになったGatekeeperダイアログが表示され、そのAppが既知のマルウェアではないことを確認できます。認証済みAppは、Developer ID証明書で署名されるのに加え、Appleが発行したチケットを含みます。

Appの認証を受ける方法についてさらに詳しく(英語)
XcodeからAppをエクスポートする方法について確認する(英語)

ベータ版ソフトウェアをダウンロードする

macOS Mojave向けにAppを開発し、Appleに提出して認証を受けるには、Xcode 10ベータ版およびmacOS Mojaveベータ版をお使いください。

ダウンロードを表示する(英語)