フレームワーク

GroupActivities

ユーザーが共有して別のユーザーと一緒に体験できるApp固有のアクティビティを作成できます。

概要

Group Activitiesフレームワークを利用すると、AppのコンテンツをSharePlayで利用できるようになり、ユーザー全員がつながって一緒に時間を過ごすことができます。例えばビデオストリーミングAppなら、参加者がそれぞれの個人用デバイスから同時に視聴できる映画鑑賞会などの開催・参加機能を提供できます。再生はAppによって各デバイス上で処理されますが、Group Activitiesフレームワークがその再生を同期し、デバイス間の通信を容易にします。

このフレームワークでは、FaceTimeのインフラストラクチャを利用してAppのアクティビティを同期し、他のユーザーをアクティビティに招待できます。AppのUIに共有可能なアクティビティが含まれている場合は、それらのアクティビティを表すオブジェクトでGroupActivity(英語)プロトコルに準拠します。グループアクティビティの開始時に、GroupSession(英語)オブジェクトを使って、参加している他のデバイスとAppの動作を同期します。

トピック

最初のステップ

アクティビティの作成

セッションの管理

システムステータス

プロトコル