記事

App名の同意語を指定する

ユーザーになじみのある、またはユーザーが言いやすい、Appの別名を登録します。

概要

ユーザーがSiriからAppのサービスを利用する際、App名を含めてSiriに頼む必要があります。リクエストしやすくするため、SiriにApp名の同意語のリストを提供することができます。

App名の同意語を定義するには、INAlternativeAppNamesキーをiOS AppまたはWathKit ExtensionのInfo.plistファイルに含めます。(watchOS AppはiOS Appの同意語を継承しないので、両方の場所で明示的に宣言する必要があります)。プロパティリストの一番上のレベルにこのキーを配置し、辞書の配列として設定し、各辞書に以下の追加キーを追加します。

INAlternativeAppName

(必須)ユーザーがAppを指定するために使用できる代替名を含む文字列。別の方法として、AppのローカライズされたInfoPlist.stringsファイルにある変数名を指定します。

INAlternativeAppNamePronunciationHint

(オプション)代替名の発音のヒントを含む文字列。「sounds like」のフォーマットで記述されます。別の方法として、AppのローカライズされたInfoPlist.stringsファイルにある変数名を指定します。

App名と発音のヒントをローカライズするには、各エントリのINAlternativeAppNameキーおよびINAlternativeAppNamePronunciationHintキーに(実際の値ではなく)変数名を指定します。AppのInfoPlist.stringsファイルに、ローカリゼーションキーとして変数名を含め、それらの値を適切にローカライズされた文字列に設定します。例えば、INAlternativeAppNameキーの値をAPP_NAME_SYNONYM_1に設定し、InfoPlist.stringsファイルに次のようなエントリを含めることができます。

APP_NAME_SYNONYM_1 = "Localized Name 1"

キーに変数名を使用する場合は、少なくともAppのbase localizationでエントリを提供する必要があります。現在のローカライズでシステムがキーの特定の値を見つけられない場合、フォールバックとしてbase localizationが使用されます。

INAlternativeAppNamesキーに関連付けられた配列に指定できる辞書は、3つまでです。これはローカライズごとの制限なので、Info.plistファイルの各ローカライズに一連の代替名を含めることができます。

関連項目

関連トピック

グローバルボキャブラリーリファレンス

Appのグローバルボキャブラリーファイルに含まれるキーと値の説明です。