記事

グローバルボキャブラリーリファレンス

Appのグローバルボキャブラリーファイルに含まれるキーと値の説明です。

概要

iOS AppのAppIntentVocabulary.plistファイルには、ユーザーがSiriからAppのIntentを利用する方法の例、およびAppのすべてのユーザーに適用されるカスタム用語が含まれます。AppIntentVocabulary.plistファイルを、iOS Appのバンドルに配置します。ボキャブラリープロパティリストファイルのローカライズ版は、Appの該当言語のプロジェクト(.lproj)ディレクトリに収容します。AppをApp Storeに提出すると、AppIntentVocabulary.plistファイルおよびそのローカライズ版がSiriに送信され、Siriが処理できるようになります。ファイルの内容はサーバに保存され、その特定のバージョンのAppに結びついたものになります。

AppIntentVocabulary.plistファイルのルートディレクトリには、以下のキーが含まれます。

ParameterVocabularies

(オプション)Appのすべてのユーザーに適用されるカスタム用語を定義する辞書の配列。カスタム用語の指定に関する情報は、ParameterVocabulariesを参照してください。

IntentPhrases

(オプション、推奨)ユーザー向けのサンプルフレーズを含む辞書の配列。Siriでこれらのフレーズが表示されるだけでなく、ユーザーがAppのIntentをどのように利用するかをSiriが理解するのをサポートします。サンプルフレーズの提供に関する情報は、IntentPhrasesを参照してください。

トピック

プロパティリストのキー

ParameterVocabularies

App固有の用語を記述するためにグローバルボキャブラリーファイルに含めるキーです。

IntentPhrases

ユーザーがSiriからどのようにAppを利用するかを示すためにグローバルボキャブラリーファイルに含めるキーです。

ローカライズ

中国語の方言向けにボキャブラリーをローカライズする

Siriが中国語の方言に対応できるように、発音のヒントとして抑揚マーカーを適用します。

関連項目

関連トピック

App名の同意語を指定する

ユーザーになじみのある、またはユーザーが言いやすい、Appの別名を登録します。