App Store for iMessage

App Store for iMessageが全世界のユーザーに向けてサービスを開始したため、デベロッパはiOS 10の「メッセージ」の中で直接ダウンロードできるiMessage Appを提出できるようになりました。
 Appの提出準備についてさらに詳しく

iMessage App。

ユーザーは「メッセージ」から離れることなく、Appを簡単に利用できるようになります。コンテンツの共有、写真の編集、ゲーム、送金、友達との協働作業などを、あなたがデザインした独自のインターフェイス上で便利に実行することができます。

ステッカー。

App Store for iMessageでステッカーを販売して、ユーザーが感情をより豊かな形で表現できるようにしましょう。ユーザーは画面をタップするだけで、スレッド内でステッカーを送信したり、ステッカーのサイズを調整できます。また、吹き出し、ほかのステッカー、写真の上にステッカーを貼り付けることも可能です。コードを書く必要はありません。画像をXcodeにドラッグするだけで、簡単にステッカーパックを作成できます。 
ステッカーについてさらに詳しく

ビデオ、ツール、ドキュメント

iMessage Appの開発

Messagesフレームワークでは、スタンドアロンのiMessage Appを作成することも、iOS AppのExtensionを作成することも可能です(Extensionを作成した場合は、ユーザーが「メッセージ」を離れることなくiOS Appを操作できます)。Appの開発計画を立てる際には、以下の開発方法の特徴をそれぞれよく考慮してください。

スタンドアロン

ステッカーパックのApp。これは、コードを書くことなく作成できる、静止画像やアニメーション画像で構成される基本的なステッカーパックです。作成したパックは、App Store for iMessageの「ステッカー」のカテゴリ、および関連するステッカーのサブカテゴリに掲載することができます。

iMessage App。作成するAppには、ステッカー、テキスト、ビデオ、オーディオを含めることができます。また、コードを書くことでApple PayやApp内課金などの機能を追加することもできます。作成したAppは「ステッカー」のカテゴリに掲載したり、App Store for iMessageの別の関連カテゴリに掲載することもできます。

iOS App Extension

ステッカーパックExtension。iOS Appにステッカーパックをバンドルできます。ステッカーパックはApp Store for iMessageに掲載され、その際App Storeで該当するiOS Appに適用されているのと同じカテゴリや説明文が使用されます。

iMessage Extension。 iMessage Extensionには、スタンドアロンのiMessage Appと同様の機能を組み込めます。また、ユーザーは「メッセージ」を離れることなくiOS Appの機能にアクセスできるようになります。作成したiMessage AppはApp Store for iMessageに掲載され、その際App Storeで該当するiOS Appに適用されているのと同じカテゴリや説明文が使用されます。

リファレンス

実装方法について詳しくは、『Messages Framework Reference』を参照してください。
ドキュメントを見る

サンプルコード

サンプルコード、
Ice Cream Builder: A simple Messages App Extension をお使いいただけます。
サンプルコードをダウンロード

アニメーションステッカー

アニメーションステッカーの作成方法については、「Motionでのステッカーの作成」を参照してください。
ドキュメントを見る

Developer Forums

質問を投稿して、AppleのエキスパートやほかのAppleデベロッパとディスカッションすることができます。
フォーラムを見る