iMessage Appとステッカー

コミュニケーションを豊かにし、ユーザーが会話を中断することなくコンテンツを作成、共有したり、ゲームをプレイしたり、支払いなどを行えるようにしましょう。Appを準備して開発し、App Store for iMessageに提出する方法を確認しましょう。さらに、企業がユーザーとメッセージAppの中で直接やり取りして、カスタマーサポートや商品やサービスなどの提供を行うこともできます。開発したiMessage Appは、App Store for iPhone、iPad、iMessageに掲載されます。

ステッカーパック

ユーザーはApp Store for iMessageでステッカーをダウンロードし、感情をより豊かな形で表現できるようになります。

ステッカーパックApp

ユーザーは画面をタップするだけで、スレッド内でステッカーを送信したり、ステッカーのサイズを調整したりすることができます。また、吹き出し、ほかのステッカー、写真の上にステッカーを貼り付けることも可能です。コードを書く必要はありません。Xcodeに画像をドラッグするだけでステッカーパックを作成できます。作成したパックは、App Store for iMessageの「ステッカー」のカテゴリ、および関連するステッカーのサブカテゴリに掲載されます。

ステッカーパックのExtension

iOS Appを既に配信している場合は、ステッカーパックやiMessage Extensionとバンドルで提供することができます。ステッカーパックはApp Store for iMessageに掲載され、App StoreのiOS Appと同じカテゴリや説明文が適用されます。ステッカーパックがバンドルされているiOS Appの場合、そのAppをダウンロードすると、iMessageにステッカーパックが自動的に表示されるようになります。

iMessage App

ユーザーは、コンテンツの共有、写真の編集、ゲーム、友達との共同作業などを、デベロッパがデザインしたカスタムインターフェイスの中で行えます。

スタンドアロンのiMessage App

Appには、ステッカー、テキスト、ビデオ、オーディオを含めることができます。コードを使って、Apple PayやApp内課金といった機能を追加することもできます。Appを「ステッカー」のカテゴリに掲載するか、App Store for iMessageの別の関連カテゴリに掲載するかを選ぶことができます。

iMessage Extension

iMessage Extensionには、スタンドアロンのiMessage Appと同様の機能を組み込めます。また、ユーザーはメッセージAppの中でiOS Appの機能にアクセスできるようになります。iMessage AppはApp Store for iMessageに掲載され、App StoreのiOS Appと同じカテゴリや説明文が適用されます。

Messages for Business

Messages for Businessは、お客様がメッセージAppの中で企業とやり取りできるようにするサービスです。Messages for Businessの始め方を確認して、お客様が問題を解決したり、予約を取ったり、買い物をしたり、Apple Payで支払いをしたりできるようにしましょう。

さらに詳しく(英語)

iMessage Appの構築

Xcodeのダウンロード:最新バージョンのXcodeを入手しましょう。Xcodeには、iOS SDKと、Appの開発、テスト、App Store for iMessageへの提出に必要なツールが含まれています。

Messagesフレームワークについてさらに詳しく:ステッカーパックやiMessage Appの作成に使用するMessagesフレームワーク (英語)についての技術情報を確認できます。

ガイドラインの確認:App Store Reviewガイドライン」で、Extensionやステッカーに関して考慮が必要な事項を確認できます。提出されたAppはすべて、本ガイドラインの技術的要素、コンテンツ、デザインに関する基準に従って審査されます。

提出の準備

準備ができたら、App Store ConnectでAppをテストし、プロダクトページを作成し、提出しましょう。App Store ConnectTestFlightを使うと、Appのベータ版を配信して有益なフィードバックを受けることができます。テスターのメールアドレスまたはパブリックリンクを使うことで、最大10,000人のテスターを招待できます。

Appアイコン:2種類のサイズのアイコンを作成してアップロードします。1つはApp Store for iMessage用、もう1つはApp Store for iPhone、iPad用です。「Human Interface Guidelines:リソース(英語)」から、規定サイズのアイコン作成に役立つデザインテンプレートをダウンロードしてください。

App名、サブタイトル、説明文:App名、サブタイトル、説明文に、iMessageおよびステッカーという語句を含めてもかまいません。ただし、App名、サブタイトル、説明文でこれらの語句を使う場合、キーワードにはその語句を入れないでください。キーワードにこれらの語句を入れる場合は、App名、サブタイトル、説明文にその語句を含めないでください。

キーワード:キーワードを慎重に選び、AppがApp Storeの検索で見つかりやすくなるようにしましょう。キーワードの上限は合計100文字(半角英数字の場合)で、スペースを入れずにコンマで区切ります。

スクリーンショット:マイApp」のAppのバージョンページで、ローカリゼーションごとに最大5枚のスクリーンショットをアップロードし、iMessageでの利用体験をユーザーに紹介しましょう。メッセージAppでの会話を示すスクリーンショットでは、現実の情報や実在するアカウントを表示しないようにしてください。また、電話番号は表示しないでください。

Appプレビュー:Appプレビューの映像では、Appの特長、機能、UIをデモンストレーションすることができます。iOS AppにiMessageまたはステッカーのExtensionを実装している場合は、iOS AppとiMessage Appの両方の利用体験を紹介することができます。ホーム画面や、AppからExtensionへと画面が切り替わる様子は映像に含めないでください。AppプレビューはApp Store for iPhone、iPadに掲載され、App Store for iMessageには掲載されません。

カテゴリ:App Store for iMessageでは、Appがプライマリカテゴリごとに表示されます。「ステッカー」カテゴリはカテゴリリストの一番上に表示され、サブカテゴリも含まれます。「ステッカー」カテゴリは、スタンドアロンのステッカーパックAppとiMessage App専用です。プライマリカテゴリとして「ステッカー」を選び、さらにステッカーのサブカテゴリを1つ選ぶことができます。

iOS AppにiMessageまたはステッカーパックのExtensionを実装している場合、対応するiOS AppのカテゴリがApp Store for iPhone、iPadおよびApp Store for iMessageで使用されます。iMessageまたはステッカーパックのExtensionを実装したiOS Appのカテゴリを「ステッカー」にすることはできません。

プロダクトページのメタデータについて、詳しくは「プロダクトページの作成」を参照してください。提出のプロセスについて、詳しくは「App Store Connectヘルプ」を参照してください。

プロダクトページへのリンクの作成

承認を受けたAppは、世界中の数多くのユーザーに向けて公開されます。マーケティングの効果を最大限に高めるには、ユーザーがその場ですぐにAppをダウンロードできるようにすることが大切です。自分のApp StoreのURLの末尾に「?app=messages」を追加して、App Store for iMessageのプロダクトページに直接アクセスできるようにしましょう。すでにAppアナリティクスのキャンペーンリンクやその他のクエリパラメータが追加されているURLの場合は、App StoreのURLの末尾に「&app=messages」を追加してください。

このパラメータをApp StoreのURLに追加していない場合や、ユーザーがiOS 10より前のオペレーティングシステムを使用している場合は、App Store for iPhone、iPadのプロダクトページが開き、ユーザーはそこからAppをダウンロードすることができます。

利用要件

iMessage AppはiOS 10以降を搭載しているデバイスで利用できます。一方、Appで生成されるコンテンツはmacOSおよびwatchOSのデバイスにも送られ、それらのデバイスでも表示することができます。

ステッカーパックを販売する場合は、App Store Connectで税金と口座情報を設定する必要があります。これを行うには、Apple Developerプログラムへの登録に使用したApple IDApp Store Connectにサインインしてください。また、iOS有料契約書をリクエストし、これに同意する必要もあります。無料のステッカーパックの場合は不要です。

詳しくは、「App Store Connectヘルプ」を参照してください。