プロダクトページを最大限に活用する

App Storeのプロダクトページでは、あらゆる要素がお客様にAppをダウンロードしてもらうきっかけになります。お客様がAppを見つけやすいようにし、緻密に作成したメタデータを通して、プロダクトページや検索結果でお客様に関心を持ってもらえるようにしましょう。

デベロッパインサイトビデオ「App Storeのプロダクトページ」を見る(日本語字幕)

Appの名前

Appの名前は、App Storeでお客様にAppを見つけてもらう上で非常に重要です。表記が簡単で、Appの機能が分かるようなシンプルで覚えやすい、特徴的な名前にしましょう。総称的な名前や、既存のAppと似すぎている名前は避けてください。Appの名前の文字数上限は30文字です。

Appの名前
Appの名前

アイコン

Appのアイコンは通常、ユーザーが最初に目にするものです。そのため、Appの質や目的を強い第一印象で伝えることが重要です。グラフィックデザイナーと協力し、シンプルで分かりやすいアイコンを作成しましょう。さまざまなアイコンを試して、ターゲットユーザーにとって最も分かりやすく効果のあるものがどれかを検証するようにしましょう。

あらゆるサイズでアイコンの内容が明瞭になるよう、必要のない細かな要素を加えることは避けてください。美しく記憶に残るアイコンを作成する方法について詳しくは、「Human Interface Guidelines(英語)」をご確認ください。

アイコン
アイコン

サブタイトル

サブタイトルの目的は、Appの概要を簡潔な言葉でまとめることです。Appの魅力を詳しく説明するには、Appの名前ではなく、サブタイトルを使用するようにしてください。「世界最高のApp」といった、具体性に欠ける説明は避けてください。Appの機能や通常の用途について、ユーザーに伝わりやすい説明を記載するようにします。サブタイトルは、新しいバージョンを提出する際に更新することができます。これにより、ユーザーの関心を引く上で最も効果的なサブタイトルを見極めることができます。サブタイトルの文字数の上限は30文字で、App Storeのあらゆる場所でAppの名前の下に表示されます。

サブタイトル
サブタイトル

Appプレビュー

Appプレビューとは、お客様がApp Storeで直接視聴できる短いビデオのことで、Appの特徴、機能、UIを紹介するものです。デバイス上で撮影した映像を用いて、Appの使用について、最長30秒までの動画で示すことができます。App StoreMac App Storeのプロダクトページでは、最大3つのAppプレビューを掲載できます。また、プレビューはApp Storeで利用可能なすべての言語にローカライズすることができます。

お客様がプロダクトページを開くと、Appプレビューが消音状態で自動的に再生されます。そのため、ビデオの最初の数秒間で視覚的にアピールすることが重要です。ビデオが自動再生されないときは、Appプレビューのポスターフレームが表示されます。

質の高いAppプレビューを作成する方法について詳しくは、Appプレビューを使った紹介」をご確認ください。

Appプレビュー
Appプレビュー

スクリーンショット

UIをキャプチャした画像を使用して、Appの使用感について視覚的に伝えることができます。App StoreMac App Storeのプロダクトページでは、スクリーンショットを最大10枚まで掲載できます。Appプレビューがない場合、検索結果にはスクリーンショットの最初の1〜3枚(画像の向きによって異なる)が表示されます。そのため、最初の1〜3枚にはAppの重要なポイントが表現されている画像を選ぶことが大切です。3枚目以降は、Appの主な利点や特徴にフォーカスし、Appの価値をアピールします。Appがダークモードをサポートしている場合には、エクスペリエンスがどのようなものかをユーザーに示すスクリーンショットを少なくとも1つ含めることを検討してください。

スクリーンショットの仕様については、「App Store Connectヘルプ」をご確認ください。

スクリーンショット
スクリーンショット

説明

Appの機能や特徴について、ユーザーを引きつける説明文で紹介します。簡潔で有益な情報を文章で提供し、その後に主な特徴を箇条書きで示すのが理想的です。潜在的なユーザーにAppのユニークな点や、気に入っていただける理由を伝えるようにします。文章のトーンはAppのイメージに沿ったものにし、対象ユーザーにとって適切で分かりやすい語句を使用します。説明の最初の1文は、ユーザーがタップして詳細を読む前にも表示されるため、最も重要と言えます。1文字1文字を注意深く扱い、そのAppならではの特徴を説明するようにしてください。

Appに対する称賛のコメントは、説明の最後か、プロモーション用テキストの一部として記載することをお勧めします。検索結果に表示されやすくするよう、説明に不必要なキーワードを加えることは避けてください。また、説明で具体的な価格を記載することは避けてください。価格はプロダクトページですでに表示されています。説明で価格に言及すると、国や地域によっては間違った情報となってしまう場合があります。

Appの説明は、Appの新しいバージョンを提出する際に更新できます。より高い頻度で情報を提供したい場合は、説明ではなくプロモーション用テキストを使用してください。

プロモーション用テキスト

Appのプロモーション用テキストは説明の上部に表示されます。文字数の上限は170文字です。プロモーション用テキストは、Appの新しいバージョンを提出しなくても、いつでも更新することができます。期間限定セールや近日公開する機能など、Appに関する最新ニュースを紹介するには、プロモーション用テキストの使用をお勧めします。

説明
説明

キーワード

キーワードによって、検索結果のどの位置にAppが表示されるかが決まります。Appを見つけてもらいやすくするよう、キーワードは慎重に選択してください。同じ種類のAppを探しているユーザーが入力しそうな語句を考えてキーワードを指定しましょう。Appの特長や機能を具体的に説明すると、検索アルゴリズムによって、関連性の高い検索でAppがヒットしやすくなります。それほど一般的ではない語句を設定して検索上位を狙うか、または順位はそれほど高くはならないものの一般的な語句を設定するかについてよく検討してください。「仕事」「テキスト」「ソーシャル」といった一般的でよく検索される語句を指定するとトラフィックが増えるかもしれませんが、競争相手も非常に多くなります。一方、それほど一般的ではない語句の場合、トラフィックは減りますが、競争相手は少なくなります。

キーワードの文字数上限は、スペースなしのコンマ区切りで合計100文字です(キーワードのフレーズ内で単語を区切るためにスペースを使用することはできます。例:Property,House,Real Estate)。文字制限内で可能な限り多くの語句を登録するため、次のことは避けてください。

  • (英語の場合)すでに単数形で入力した語句の複数形
  • カテゴリ名や「App」という語句
  • 重複した語句
  • 「#」や「@」などの特殊文字は、Appの検索の際に意味を成さないため、使用は避けてください(ブランドアイデンティティの一部である場合を除く)。

キーワードの不適切な使用は、App StoreでAppが却下される一般的な理由です。キーワードでは以下を使用しないでください。

  • 商標登録されている語句、著名人の名前、その他権利が保護されている語句の無断使用
  • Appと関連しない語句
  • 競合するAppの名前
  • 無関係、不適切、攻撃的、不快な語句

また、プロモーション用テキストはAppの検索順位に影響しません。そのため、キーワードを表示する目的でプロモーション用テキストを使用することは避けてください。

App内課金

iOS 11以降では、プロダクトページで直接App内課金アイテムを確認して購入することができます。App内課金とサブスクリプションは、プロダクトページで2つの異なるセクションに表示され、両方合わせて最大20個の項目を掲載できます。App内課金とサブスクリプションを掲載する順番を自分で選択して、特定のコンテンツを目立たせることができます。項目にはそれぞれ、表示名、プロモーション用イメージ、説明を付けることができます。App内課金の名前の上限は30文字、説明の上限は45文字であるため、メリットを分かりやすく、正確かつ簡潔に説明してください。

App内課金は検索結果にも表示され、「Today」タブ、「ゲーム」タブ、「App」タブに表示される可能性があります。ユーザーがこれらの場所でApp内課金アイテムをタップすると、プロダクトページに移動し、Appの説明、スクリーンショット、Appのプレビューを見たり、そのApp内課金を購入したりすることができます。App本体をデバイスにインストールしていないユーザーがApp内課金コンテンツを購入すると、トランザクションを完了する前にAppをダウンロードまたは購入するよう案内されます。

App StoreでApp内課金を利用できるようにするには、Appが新しいSKPaymentTransactionObserverメソッドに対応している必要があります。

詳しくは、「App内課金のプロモーション」をご確認ください。

App内課金
App内課金

新機能

Appをアップデートしたときは、「新機能」セクションでお客様に変更点を伝えることができます。新機能に入力したテキストはプロダクトページと「アップデート」タブに表示されます。

機能を追加した際やフィードバックに基づいてバグを修正した場合は、お客様の声に応じたことを「新機能」のセクションで伝えましょう。新しい特徴、コンテンツ、機能を重要な順にリストして、アップデートを促すメッセージを記載すると効果的です。

新機能
新機能

評価とレビュー

評価とレビューは、検索結果にAppが表示される順位を左右します。検索結果によって、Appをダウンロードしようというユーザーの気持ちを高めることができます。ユーザーに好意的にレビューしてもらえるよう、素晴らしいApp体験を提供することに注力してください。

App StoreでのAppの評価をユーザーに求めるタイミングは、早すぎず、ユーザーがある程度セッションを完了した後に評価を求めるようにしてください。評価を求める前には、Appが安定して動作していることを確認しておき、セッション中に評価を求める適切なタイミングを選びます。アクション、レベル、タスクの完了時など、ユーザーがAppを使用して最も満足しているタイミングを見極めてください。

SKStoreReviewController API(英語)を使用すると、ユーザーがフィードバックを簡単に送信できるようになります。評価を求める画面は、1年間(365日)に3回まで表示できます。ユーザーは、標準化されたプロンプト上で評価を送信できるほか、使用中のApp内からレビューを書いて送信することができます。App内やApp Storeのプロダクトページの見つけやすい場所にサポートの窓口や連絡先を掲載して、ユーザーに問題が発生した際にデベロッパに直接連絡できる方法を提供するようにしてください。こうすることで、ユーザーのネガティブな体験をデベロッパが解決し、好意的でないレビューを未然に防ぐことができます。

App StoreのテリトリごとのAppの評価のサマリが1つ表示されます。Appの新しいバージョンをリリースする際、評価をリセットすることができます。評価のリセットは慎重に行ってください。評価をリセットすると、総合評価はAppの最新バージョンに対する評価のみが含まれるものになるため、以前発生していたさまざまな問題点をすべて解消したメジャーアップデートをリリースする際には便利なこともあります。ただし、評価数が少なくなるとAppをダウンロードするお客様が減少してしまう可能性もあります。

App Store Connectを使用してAppのカスタマーレビューに返信し、お客様のフィードバック、質問、懸念に直接対応することができます。レビューに返答すると、レビューの投稿者に通知が届き、投稿者はレビューを更新できるようになります。レビューや返信はいつでも更新できます。ただしプロダクトページには最新のレビューと返信のみが表示されます。

詳しくは、「評価、レビュー、返答」をご確認ください。

カテゴリ

App Storeのカテゴリは、ユーザーが自分のニーズに合ったAppを見つける上で役立ちます。デベロッパは、プライマリカテゴリとセカンダリカテゴリをAppに設定できます。Appを見つけてもらいやすくするには、プライマリカテゴリが特に重要です。ユーザーが閲覧したり検索結果を絞り込んだりする際、App StoreのどのタブにAppが表示されるのかがプライマリカテゴリによって決まるからです。そのため、最も関連性の高いプライマリカテゴリを選択してください。Appに関連のないカテゴリを選択すると、審査への提出時にAppが却下される原因になることがあります。

詳しくは、「カテゴリの選択」をご確認ください。

その他のAppleプラットフォーム向けのメタデータ

App Store for Apple WatchApp Store for Apple TVApp Store for iMessage(英語)向けのプロダクトページのメタデータを用意する方法をご確認ください。