Create ML

Mac上で機械学習モデルをトレーニングするまったく新しい方法を体験しましょう。Create MLを使えば、モデルトレーニングの複雑さを省いて、パワフルなCore MLモデルを生み出すことができます。

Create MLに「Evaluation」サンプルが表示されているMacBook Pro

Create MLの機能

複数モデルのトレーニング

さまざまなデータセットを使って、複数モデルのトレーニングをすべて1つのプロジェクトの中で実施しましょう。

トレーニングのコントロール

トレーニングプロセスを一時停止、保存、再開、拡張しましょう。

eGPUトレーニングへの対応

Macで外付けGPUを使って、モデルトレーニングのパフォーマンスをさらに高めましょう。

オンデバイスでのトレーニング

CPUとGPUを活用しながら、Mac上で目を見張るほど速くモデルをトレーニングしましょう。

モデルのプレビュー

iPhoneのカメラとMacのマイクによるContinuity機能を使ったり、サンプルデータを適用したりして、モデルのパフォーマンスをプレビューしましょう。

視覚的な評価New

評価セットからのテストデータに対するモデルのパフォーマンスを、インタラクティブに確認できます。主要な指標および具体例との関連性を検証することにより、難しいユースケースやデータコレクションへの追加投資の必要性、およびモデルのクオリティ向上の機会を把握できます。

モデルタイプ

Create MLでは、さまざまなモデルタイプを選ぶことができます。App内でモデルタイプを選択し、データとパラメータを追加するだけでトレーニングを開始することができます。

画像

画像識別
オブジェクト検出
手の形の識別
スタイル変換

ビデオ

アクション識別
手の動きの識別
スタイル変換

モーション

アクティビティ識別

音声

音声識別

テキスト

テキスト識別
単語のタグ付け

表形式データ

表形式データの識別
表形式データの回帰分析
レコメンデーション

Create MLフレームワーク

iOS、iPadOS、tvOS、macOSでは、パワフルなCreate MLをSwiftフレームワークとして利用することも可能です。Swiftのスクリプトやプレイグラウンドでモデル作成をプログラムで試行して、自動化しましょう。Create ML APIを活用してユーザーの入力またはデバイス上の動作から直接モデルをトレーニングすることで、Appにダイナミックな機能を実装しましょう。これにより、ユーザーのプライバシーを保護しつつ、状況に応じパーソナライズされた体験を提供することができます。

Create ML に関するドキュメントを読む

Create ML ComponentsNew

Create MLのタスク固有APIの活用に加え、Create MLの豊富な基礎コンポーネントを使用してカスタム推定パイプラインを設計できるようになりました。

Create ML Components に関するドキュメントを読む

今すぐ始める

Create MLを開くには、Xcodeの「Developer Tools(デベロッパツール)」メニューを使います。

Xcodeをダウンロードする